美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

兵庫県立美術館|兵庫県サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法

開催期間:

レイモン・サヴィニャック(1907-2002)はフランスを代表するポスター作家です。 《牛乳石鹸モンサヴォン》(1948/50年)に代表され...

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法

パリの街角を賑わせた巨大なポスター群
これから開催予定

高知県立美術館|高知県開館25周年記念 芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師

開催期間:

卓抜な画力と多彩な活動を誇る、幕末明治期に活躍した「最後の浮世絵師」月岡芳年(つきおかよしとし)。 浮世絵師として、本や雑誌の...

開館25周年記念 芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師

近代日本画壇に大きな影響を与えた芳年
これから開催予定

ひろしま美術館|広島県開館40周年 まるごと ひろしま美術館展2018

開催期間:

2018年11月3日をもって、ひろしま美術館は1978年の開館から丸40年を迎えます。 本展では、その節目の年にあたって、本館展示室で開館...

開館40周年 まるごと ひろしま美術館展2018

館蔵のコレクションを全館で一堂に展覧
これから開催予定

徳川美術館|愛知県秋季特別展 尾張藩邸物語

開催期間:

江戸時代、大名家は江戸と国許のそれぞれに複数の屋敷を持つことが多く、特に、御三家筆頭であった尾張徳川家では、江戸の屋敷は市谷上...

秋季特別展 尾張藩邸物語

尾張藩邸の姿や藩邸内での生活を探索
これから開催予定

徳川美術館|愛知県秋季特別展 もじえもじ―文字が絵になる、絵が文字になる―

開催期間:

日本では、文字と絵は互いに密接に関わり合い、時にその境が曖昧になるほどの親しい関係にありました。 絵画的要素の強い文字である葦...

秋季特別展 もじえもじ―文字が絵になる、絵が文字になる―

謎解きの面白さも。文字と絵の幸せな結晶
これから開催予定

東京都写真美術館|東京都マジック・ランタン 光と影の映像史

開催期間:

近年注目を集める、プロジェクション・マッピングやパブリック・ヴューイングなど、人々がひとつの映像を一緒に見るという行為は、いつ...

マジック・ランタン 光と影の映像史

映写機やプロジェクターの原型
ただいま開催中

静岡市東海道広重美術館|静岡県広重没後 160年記念 めいしょ広重

開催期間:

多くの名所を描いた浮世絵師、歌川広重。 広重没後160年を記念する本展では、広重が数多く残した名所絵の中から、「富士山」「東海道...

広重没後 160年記念 めいしょ広重

江戸の人々が親しんだ広重の「めいしょ」
ただいま開催中

千葉市美術館|千葉県1968年 激動の時代の芸術

開催期間:

世界中で近代的な価値がゆらぎはじめ、各地で騒乱が頻発した1968 年は、20世紀の転換点ともいうべき激動の年でした。 日本でも、全共...

1968年 激動の時代の芸術

熱い時代のエキセントリックな1968年芸術
これから開催予定

佐賀県立美術館|佐賀県三人展 Forward Stroke-明日への眼差し-

開催期間:

わずか1mmに満たないペン先から壮大な世界を描き出す画家 池田学氏、独自の世界観による細密描写とインスタレーションで魅了する陶芸家...

三人展 Forward Stroke-明日への眼差し-

気鋭のアーティスト三人の圧巻の新世界
これから開催予定

金沢21世紀美術館|石川県東アジア文化都市2018金沢 コア事業連携企画 チウ・ジージエ 書くことに生きる

開催期間:

チウ・ジージエは、幼少から学んだ「書」を表現の中心に置き、書くことを通じて、普遍的...

東アジア文化都市2018金沢 コア事業連携企画 チウ・ジージエ 書くことに生きる

普遍的で根源的な人間の存在を問う
これから開催予定

美術館「えき」KYOTO|京都府フランス国立図書館版画コレクション ピカソ 版画をめぐる冒険

開催期間:

20世紀最大の巨匠パブロ・ピカソ(1881-1973年)は、その並はずれた創造力で膨大な数の作...

フランス国立図書館版画コレクション ピカソ 版画をめぐる冒険

ピカソの様々な版画作品に光をあてて
これから開催予定

安曇野ちひろ美術館 |長野県みんないきてる 谷川俊太郎

開催期間:

詩人の谷川俊太郎は、16歳のときから詩を書き始め、対象の本質をするどく作品に取り入れるその力には圧倒的なものがあります。 今まで...

みんないきてる 谷川俊太郎

谷川の詩とちひろの絵とを組み合わせて
これから開催予定

安曇野ちひろ美術館 |長野県ちひろ美術館コレクション 人生

開催期間:

ちひろ美術館では、すぐれた子どもの本のイラストレーションを貴重な文化財のひとつと位置づけ、世界34の国と地域、207名の画家による2...

ちひろ美術館コレクション 人生

207名の画家による27,200点の収蔵作品から
これから開催予定

東京都美術館|東京都クリムト展 ウィーンと日本 1900

開催期間:

グスタフ・クリムト(1862~1918)は、19世紀末から20世紀初頭のウィーンで活躍した画家です。 代表作《接吻》はオーストリアの芸術を...

クリムト展 ウィーンと日本 1900

過去最大級、約20点のクリムトの油彩画
これから開催予定

渋谷区立松濤美術館|東京都涯テノ詩聲 詩人 吉増剛造展

開催期間:

吉増剛造(よしますごうぞう 1939~)は、1960年代から現在にいたるまで、日本の現代詩をリードし続けてきました。 その活動は、詩を...

涯テノ詩聲 詩人 吉増剛造展

日本の現代詩をリードし続ける吉増剛造
ただいま開催中

茅ヶ崎市美術館|神奈川県夏の展覧会「あそび」

開催期間:

子どもたちの夏休みの時期に合わせ、茅ヶ崎市美術館の所蔵する作品の中から、鮮やかな色使いの作品や、変わった素材で作られた作品、言...

夏の展覧会「あそび」

所蔵作品からあそび心あふれる作品を展示
ただいま開催中

富山県美術館|富山県第12回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2018

開催期間:

世界ポスタートリエンナーレトヤマ(IPT)は、世界から最新のポスターを公募し、審査・選抜する、日本で唯一の国際公募展です。 1985...

第12回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2018

世界最先端のポスターデザインを紹介
ただいま開催中

和泉市久保惣記念美術館|大阪府浮世絵の妖術とモノノケ―「奇術競」と「和漢百物語」―

開催期間:

美術館が所蔵する浮世絵版画の中から、現代においては漫画やアニメの登場人物として知られる、ヒーローやヒロインたちと敵役となるモノ...

浮世絵の妖術とモノノケ―「奇術競」と「和漢百物語」―

三代豊国「奇術競」と芳年「和漢百物語」
ただいま開催中
ページ:

PAGE TOPPAGE TOP

検索対象地域設定

最大12か所までお選びいただけます。
※地域設定を指定しない場合、全国(全都道府県)が対象に表示されます。

都道府県別のチェックをすべて外す

関東地方

近畿地方

東北地方

中部地方

中国地方

九州地方

北海道

四国地方

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE