美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

三菱一号館美術館|東京都フィリップス・コレクション展

開催期間:

裕福な実業家家庭に生まれ、高い見識を持ったダンカン・フィリップス(1886-1966)の蒐集品を核とし、米国有数の私立コレクションとし...

フィリップス・コレクション展

見識高いフィリップスの蒐集品から
ただいま開催中

宇都宮美術館|栃木県松本哲男 地球画譜

開催期間:

地表を割いてとどろきを上げる巨大瀑布。いにしえの手わざが残る古代遺跡。 松本哲男(まつもとてつお 1943年、栃木県佐野市生まれ)...

松本哲男 地球画譜

日本画家 松本哲男の創造の道程を辿る
これから開催予定

兵庫県立美術館|兵庫県サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法

開催期間:

こちらの展覧会はご招待チケットプレゼント中!
レイモン・サヴィニャック(1907-2002)はフランスを代...

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法

パリの街角を賑わせた巨大なポスター群
開催スタートまであと5日

山梨県立美術館|山梨県山梨県立美術館開館40周年記念 シャルル=フランソワ・ドービニー バルビゾン派から印象派…

開催期間:

こちらの展覧会はご招待チケットプレゼント中!
フランスの...

山梨県立美術館開館40周年記念 シャルル=フランソワ・ドービニー バルビゾン派から印象派への架け橋

ドービニーの知られざる画業に迫る
ただいま開催中

市原湖畔美術館|千葉県ジョゼ・デ・ギマランイス展 ~アフリカは魅了する~

開催期間:

ポルトガルを代表するアーティストであるジョゼ・デ・ギマランイスの個展を開催します。 ギマランイスは、アフリカを中心とした非西洋...

ジョゼ・デ・ギマランイス展 ~アフリカは魅了する~

ポルトガルの国民的作家の個展
ただいま開催中

MIHO MUSEUM|滋賀県百の手すさび 近代の茶杓と数寄者往来

開催期間:

茶杓とは、茶道具の一種で、茶器に入っている抹茶をすくい茶碗に入れるためのものです。一見とてもシンプルな一片の匙にも関わらず、「...

百の手すさび 近代の茶杓と数寄者往来

作り手の美意識や人柄が映し出される茶杓
ただいま開催中

根津美術館|東京都特別展 新・桃山の茶陶

開催期間:

信楽・備前・伊賀の大胆な篦目(へらめ)と歪み、志野の白釉に浮かぶ力強い鉄絵、織部の多彩な形と爽快な釉薬の掛け分け、そして唐津の...

特別展 新・桃山の茶陶

研究が進んだ最新の「桃山の茶陶」の世界
ただいま開催中

五島美術館|東京都特別展 東西数寄者の審美眼―阪急・小林一三と東急・五島慶太のコレクション―

開催期間:

阪急電鉄の創始者小林一三(いちぞう)(雅号「逸翁(いつおう)」 1873-1957)は、鉄道...

特別展 東西数寄者の審美眼―阪急・小林一三と東急・五島慶太のコレクション―

二人の心の安らぎとなった美術品の数々
ただいま開催中

富山県美術館|富山県三沢厚彦 ANIMALS IN TOYAMA

開催期間:

三沢厚彦(1961~)は、2000年からゾウやキリンなどの動物をモチーフとした彫刻「ANIMALS(アニマルズ)」シリーズを発表しています。 ...

三沢厚彦 ANIMALS IN TOYAMA

クスノキを使ったほぼ等身大の動物の木彫
ただいま開催中

鎌倉市鏑木清方記念美術館|神奈川県泉鏡花生誕145年記念 清方描く、鏡花の世界

開催期間:

明治20年代末、10代の鏑木清方は泉鏡花の文学に魅了され、鏡花の小説へ挿絵を描くことを目標に研鑽を積んでいました。 そんな清方と鏡...

泉鏡花生誕145年記念 清方描く、鏡花の世界

清方の創作の源であり続けた鏡花文学
ただいま開催中

岩手県立美術館|岩手県“うつわ”ドラマチック展 世界の陶芸家たちが極めた“うつわ”の美

開催期間:

世界各地でつくられ、暮らしの中で用いられている“うつわ”は、やきもののシンボルともい...

“うつわ”ドラマチック展 世界の陶芸家たちが極めた“うつわ”の美

国内外の陶芸家らの作品が魅せる美の競演
これから開催予定

世田谷美術館|東京都ブルーノ・ムナーリ――役に立たない機械をつくった男

開催期間:

イタリアの画家にして、デザイナー、さらには絵本を多数制作し、子どものための造形教育にも力を注いだ、ブルーノ・ムナーリ(1907-199...

ブルーノ・ムナーリ――役に立たない機械をつくった男

イタリア未来派に始まるムナーリの活動
これから開催予定

国立科学博物館|東京都特別展 明治150年記念 日本を変えた千の技術博

開催期間:

明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一...

特別展 明治150年記念 日本を変えた千の技術博

当時最先端技術の精華である機能美も必見
開催スタートまであと8日

石川県立美術館|石川県コレクション展 画家とやきもの 近現代工芸

開催期間:

画家にとってやきものは、制作意欲を刺激する素材です。陶芸作家の作品と比べて、一風変わったタッチの絵付けは、画家ならではといえる...

コレクション展 画家とやきもの 近現代工芸

洋画家・中村研一の陶芸作品12点ほか
ただいま開催中

京都国立近代美術館|京都府没後50年 藤田嗣治展

開催期間:

明治半ばの日本で生まれ、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得して欧州の土となった画家・藤田嗣...

没後50年 藤田嗣治展

「乳白色の裸婦」の代表作が一堂に介する
ただいま開催中

東京オペラシティ アートギャラリー|東京都田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future―Digging & Building

開催期間:

フランスを拠点に活動する気鋭の建築家・田根剛(たねつよし 1979- )の初個展。 20代の...

田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future―Digging & Building

田根の密度の高い設計活動の全貌を紹介
ただいま開催中

大原美術館|岡山県平成30年秋の有隣荘特別公開 三瀬夏之介 倣玉堂

開催期間:

三瀬夏之介(みせなつのすけ)は、芸術とは何か、日本とは何かという深く大きな問いかけをベースに、和紙に墨といった日本の伝統的な素...

平成30年秋の有隣荘特別公開 三瀬夏之介 倣玉堂

玉堂作品にインスピレーションを受けて
開催終了まであと13日

菊池寛実記念 智美術館|東京都川瀬忍 作陶50年の間

開催期間:

青磁は、呈色剤に鉄分を用いた釉薬を還元焼成により青く発色させたやきものであり、非常に古い歴史を持つ陶磁技法のひとつです。 原初...

川瀬忍 作陶50年の間

半世紀にわたる活動から創作の秘密に迫る
これから開催予定
ページ:

PAGE TOPPAGE TOP

検索対象地域設定

最大12か所までお選びいただけます。
※地域設定を指定しない場合、全国(全都道府県)が対象に表示されます。

都道府県別のチェックをすべて外す

関東地方

近畿地方

東北地方

中部地方

中国地方

九州地方

北海道

四国地方

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE