美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

山種美術館The Yamatane Museum of Art

山種美術館

Photo:山種美術館外観 © Koike Norio 2009

山種美術館についてABOUT The Yamatane Museum of Art

速水御舟《名樹散椿》、《炎舞》といった名画がまずは思い浮かばれる、珠玉の日本画を所蔵している山種美術館。

山種証券(現・SMBCフレンド証券)の創立者である山﨑種二氏(1893-1983)が個人で集めたコレクションをもとに、1966年7月、東京・日本橋兜町に日本初の日本画専門美術館として開館した。1998年に桜の名所である千鳥ヶ淵にほど近い千代田区三番町に仮移転、そして2009年10月1日、渋谷区広尾に移転して新美術館をオープンした。2016年で、開館50周年を迎える。

種二は「絵は人柄である」という信念のもと、横山大観(1868-1958)や上村松園(1875-1949)、川合玉堂(1873-1957)ら当時活躍していた画家と直接交流を深めながら作品を蒐集し、奥村土牛(1889-1990)のように、まださほど知名度は高くなくとも将来性があると信じた画家も支援した。そして、「世の中のためになることをやったらどうか」という横山大観の言葉をきっかけとして、美術館を創設するに至る。

その後も、二代目館長・山﨑富治(1925-2014)とともに、旧安宅コレクション*の速水御舟(1894-1935)作品を一括購入し、東山魁夷(1908-1999)らに作品制作を依頼するなど、さらなるコレクションの充実を図る。

一方で、若手日本画家を応援するために「山種美術館賞」を設け(1971年から1997年まで隔年で実施)、受賞作品を買い上げ新たな才能の発掘と育成にも努めてきた。こうして収蔵された作品は現在約1800点を数える。2007年より、山崎妙子が館長を務める。50周年を迎える2016年には、公募展「Seed 山種美術館 日本画アワード」を開催した。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36  TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
山種美術館

利用案内INFORMATION

山種美術館 公式サイトURL
http://www.yamatane-museum.jp/
所在地
〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
JR恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線恵比寿駅 2番出口より徒歩約10分

<バスでのアクセス>
◎恵比寿駅前より日赤医療センター前行都バス(学06番)に乗車、「広尾高校前」下車徒歩1分(降車停留所3、乗車停留所4)
◎渋谷駅東口ターミナルより日赤医療センター前行都バス(学03番)に乗車、「東4丁目」下車徒歩2分(降車停留所1、乗車停留所2)
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜祝日は開館、翌日火曜日は休館、展示替え期間、年末年始
入館料・観覧料
大人 1000円(800円)
大学生・高校生 800円(700円)
中学生以下 無料(保護者の同伴が必要です)
※( )内は団体20名以上
※団体のお客様は事前にお申し込みください。
※特別展は展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
http://www.yamatane-museum.jp/information/discount.html
美術館名 よみがな
やまたねびじゅつかん

山種美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)

感想・評価を投稿する

山種美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中【特別展】 桜 さくら SAKURA 2020 ―美術館でお花見!―

会期:

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催にともない、現在、国際的に日本への注目が高まっています。なかでも文化・芸術への関心が向けられるこ...

【特別展】 桜 さくら SAKURA 2020 ―美術館でお花見!―

これまでに山種美術館で開催された展覧会

会期終了【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】 上村松園と美人画の世界

会期:

生涯にわたり美人画を描き続けた日本画家・上村松園(1875-1949)。このたび、山種美術館が広尾に移転し開館してから10周年を迎えたことを記念して、山種...

【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】 上村松園と美人画の世界

会期終了東山魁夷の青・奥田元宋の赤 ―色で読み解く日本画―

会期:

東山魁夷(ひがしやまかいい)の青、奥田元宋(おくだげんそう)の赤―。ある特定の色が画家の名と結び付けられ、代名詞のように語られることがあります。 ...

東山魁夷の青・奥田元宋の赤 ―色で読み解く日本画―

会期終了大観・春草・玉堂・龍子 ―日本画のパイオニア―

会期:

このたび山種美術館では、広尾開館10周年を記念して、近代日本画を代表する4人の画家、横山大観(よこやまたいかん)(1868-1958)・菱田春草(ひしだしゅん...

大観・春草・玉堂・龍子 ―日本画のパイオニア―

会期終了Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―

会期:

山種美術館では、日本画の奨励・普及活動の一環として、1971(昭和46)年に「山種美術館賞」を創設し...

Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―

会期終了【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】生誕125年記念 速水御舟

会期:

本年は、日本画家・速水御舟(1894-1935)の生誕から125年、そして山種美術館が現在の渋谷区広尾の地に移転し開館してから10年目にあたります。この節目の...

【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】生誕125年記念 速水御舟

会期終了[山種美術館 広尾開館10周年記念特別展] 花 ・ Flower ・ 華 ―四季を彩る―

会期:

美しく咲き誇る花々は、古くから日本人の心を魅了してきました。春夏秋冬で多彩な表情をみせる花は...

[山種美術館 広尾開館10周年記念特別展] 花 ・ Flower ・ 華 ―四季を彩る―

会期終了【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】 生誕130年記念 奥村土牛

会期:

1966(昭和41)年、東京・日本橋兜町に開館した山種美術館は、2009(平成21)年10月、渋谷区広尾に移転...

【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】 生誕130年記念 奥村土牛

会期終了[特別展]皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―

会期:

山種美術館創立者の山﨑種二(やまざきたねじ)は、1968(昭和43)年に完成された皇居宮殿を飾った美術品に感銘を受け、より多くの人々にこの優れた作品を...

[特別展]皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―

会期終了[企画展]日本美術院創立120年記念 日本画の挑戦者たち ―大観・春草・古径・御舟―

会期:

近代以降の日本画壇において、常に先導的な役割を担ってきた日本美術院。今年、創立から120年を迎え...

[企画展]日本美術院創立120年記念 日本画の挑戦者たち ―大観・春草・古径・御舟―

会期終了[企画展] 水を描く ―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお―

会期:

2018年9月、世界各国の水の専門家が参加する「国際水協会(IWA)世界会議」が東京で行われます。水をテーマにした国際会議が催され、世界の水環境への関...

[企画展] 水を描く ―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお―

会期終了【特別展】琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―

会期:

2018(平成30)年は、江戸へ琳派を根付かせた酒井抱一(さかい ほういつ・1761-1828)の没後190年、およびその弟子である鈴木其一(すずき きいつ・1796-185...

【特別展】琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―

会期終了[企画展] 桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!―

会期:

爛漫と咲き誇り、やがて散りゆく桜の美しさは、古くから詩歌に詠まれ、調度や衣装などの文様に表されるとともに、絵画にも盛んに描かれてきました。 ...

[企画展] 桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!―

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE