美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

静岡県立美術館 Shizuoka Prefectural Museum of Art

静岡県立美術館

静岡県立美術館についてABOUT Shizuoka Prefectural Museum of Art

静岡県立美術館は、静岡市南部、日本平付近の小高い丘の上にあり、丘を登るプロムナードにはケヤキと桜の並木がつづき、現代彫刻が点在する。

17世紀以降の日本と西洋の風景画、静岡県にゆかりのある作家の作品、ロダンと近代彫刻などを中心に、「風景とロダンの静岡県立美術館」として幅広く東西の作品収集を進め、企画展を開催している。

時代と国とジャンルを超えた作品群は、狩野派を中心とした江戸絵画や富士山や東海道などの静岡県地域を題材にした日本画や浮世絵、評価が急上昇する伊藤若冲や草間彌生の大作、また、曾宮一念、秋野不矩など数々の地元作家にまでおよび、全国から美術ファンが訪ねる国内有数のコレクションである。

1994年3月に開館したロダン館は、自然光を生かした長円形のドーム状の構造で、それぞれの作品を正面から観賞できるように館内が階段状のスキップフロアーの構造をとるユニークな展示空間となっており、ロダンの作品「地獄の門」、「考える人」、「カレーの市民」等32体の彫刻がならぶ。

日本画、西洋画、彫刻、現代美術等多彩なジャンルの展覧会を企画しており、常設展の他、特別展示では芸術作品のみならず博物館的な古代文明展の開催など、芸術に留まらない幅の広い展示を行う。また「実技室」ではワークショップの開催や美術製作の体験が出来るなど、芸術を身近に体験できる施設が整っている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒422-8002 静岡県静岡市駿河区谷田53-2  TEL 054-263-5755
静岡県立美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

静岡県立美術館 公式サイトURL
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/
所在地
〒422-8002 静岡県静岡市駿河区谷田53-2
TEL 054-263-5755
最寄駅
JR静岡駅→JR草薙駅(約7分 運賃 大人180円)→県立美術館(徒歩約25分、バス約6分・100円バス運賃:大人100円/開館時間中は20~30分間隔で運行、タクシー約5分)

静鉄 新静岡駅→静鉄「県立美術館前駅」(約10分・運賃:大人180円)→県立美術館(徒歩約15分、バス約3分)

静鉄バス JR静岡駅前→県立美術館(約30分・運賃:大人360円)のりば11番 県立美術館線
開館時間
開館時間 10:00〜17:30(最終入館時間 17:00)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌日休館
・年末年始、その他展示替等のための休館日
・詳しくは、美術館休館日をご覧ください。
入館料・観覧料
<収蔵品展観覧料> ※ロダン館もご覧いただけます。
一般 300円(200円)
大学生以下・70歳以上 無料
※( )内は20名様以上の団体料金

<企画展観覧料>
企画展によって異なります。
開催中の展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその付添者1名は、企画展・収蔵品展とも無料でご覧いただけます。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
しずおかけんりつびじゅつかん

静岡県立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

静岡県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中やなぎみわ展 神話機械

会期:

1990年代から現在に至るまで、現代美術のみならず演劇界でも忘れられないアートシーンを創出してきた美術家やなぎみわ(1967~ )。 《エレベーター・ガール》で最初に注目を浴び、《マイ・グランドマザ...

やなぎみわ展 神話機械

静岡県立美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに静岡県立美術館で開催された展覧会

会期終了古代への情熱 ー18世紀イタリア・考古学と芸術の出会い

会期:

今日の西欧世界の礎(いしずえ)となった古代ローマ帝国。今も私たちを魅了するその文化遺産は、芸術家たちの手本やインスピレーションの源となってき...

古代への情熱 ー18世紀イタリア・考古学と芸術の出会い

会期終了熊谷守一 いのちを見つめて

会期:

熊谷守一(くまがいもりかず 1880-1977)の人と画業を紹介する展覧会は、静岡県立美術館では初めての開催となります。 熊谷守一は、岐阜県恵那郡付知村(現在の中津川市付知町)に生まれ、子どもの頃か...

熊谷守一 いのちを見つめて

会期終了古代アンデス文明展 ナスカ、ティワナク、そしてインカ帝国へ

会期:

南米大陸、現在のペルーとボリビアを中心とした地域で、16世紀まで展開した、多種多様な文化を総称して、古代アンデス文明と呼びます。 巨大な地上絵...

古代アンデス文明展 ナスカ、ティワナク、そしてインカ帝国へ

会期終了屏風爛漫 ひらく、ひろがる、つつみこむ

会期:

現代の暮らしの中では、ほぼなじみのない屏風。 その歴史をひもとけば、絵画である前にまず調度品であり、間仕切りや風よけとして人々のかたわらにあ...

屏風爛漫 ひらく、ひろがる、つつみこむ

会期終了日本の自然 ―富士山、日本の山、川、海―

会期:

日本は、山と海とに囲まれた豊かな自然を有しています。 それゆえ、私たち日本人は、子どもの頃から、近くの山に登り、海や川で泳ぎ、自然と触れ合う...

日本の自然 ―富士山、日本の山、川、海―

会期終了1968年 激動の時代の芸術

会期:

世界中で近代的な価値がゆらぎはじめ、各地で騒乱が頻発した1968年は、20世紀の転換点ともいうべき激動の年でした。 日本でも、全共闘運動やベトナム反戦運動などで社会が騒然とするなか、カウンターカ...

1968年 激動の時代の芸術

会期終了めがねと旅する美術展 ―視覚文化の探究―

会期:

本展は「めがね」をキーワードとし、「みる」ことの意味を問い直す展覧会です。 現代社会は、膨大な量の画像や動画、文字やサインといった視覚情報に...

めがねと旅する美術展 ―視覚文化の探究―

会期終了明治維新150年記念企画 幕末狩野派展

会期:

2018年は、明治維新によって日本が新しい時代を迎えた1868年から150年という節目の年に当たります。 本展では、明治150年を記念して、明治維新を境に...

明治維新150年記念企画 幕末狩野派展

会期終了安野光雅のふしぎな絵本展

会期:

画家、絵本作家、装丁家など、半世紀以上にわたり多彩な活動を続ける安野光雅(あんの みつまさ)。 「ふしぎ」をテーマとする本展では、想像力にみち、幅広い学識と豊かなユーモアをたたえた絵本原画10...

安野光雅のふしぎな絵本展

会期終了アートのなぞなぞー高橋コレクション展

会期:

精神科医で、コレクターの高橋龍太郎氏が、これまでに収集した作品の点数は、約2500点に上ります。 この展覧会では、高橋龍太郎氏の目を通して選ばれ...

アートのなぞなぞー高橋コレクション展

会期終了美しき庭園画の世界 江戸絵画にみる現実の理想

会期:

江戸時代の日本では、千を超える大名庭園がひしめく、世界でも類稀なる"庭園都市"江戸が誕生しました。 大名や文人をはじめとする江戸時代の人々にと...

美しき庭園画の世界 江戸絵画にみる現実の理想

会期終了2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」特別展 戦国!井伊直虎から直政へ 展

会期:

直虎が守ったもの。それは、井伊家の未来。 戦国、動乱の時代。遠江・井伊谷を領地としていた井伊...

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」特別展 戦国!井伊直虎から直政へ 展

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE