永青文庫EISEI BUNKO MUSEUM

永青文庫

永青文庫についてABOUT EISEI BUNKO MUSEUM

永青文庫は、江戸時代から戦後にかけて現在の東京都文京区目白台に所在した広大な細川家の屋敷跡に開設された、日本・東洋の古美術を中心とした美術館である。

細川家は、室町幕府三管領の一つとして武門の誉高い家柄で、現在の細川家は、藤孝(幽斎)を初代として戦国時代に始まる。武人 藤孝は優れた歌人・国文学者として、また、信長の雑賀征伐に弱冠15歳で初陣し先駆けの功に輝いた忠興(三斎)は千利休の高弟の一人としても名高く、その室・明智光秀の娘玉は波乱の戦国時代を清冽に生きた武将の妻として、キリスト者としてガラシャの洗礼名で知られている。

代々文武両道にすぐれた細川家は、多くの戦功を挙げて、3代忠利のとき肥後熊本五十四万石を与えられ、強力な外様大名として幕末に至っている。

七百年余続く細川家に伝来する歴史資料や美術品等の文化財を管理保存・研究し、一般に公開しているのが永青文庫である。昭和25年、侯爵16代 細川護立(ほそかわ もりたつ)によって、細川家に伝来する文化財の散逸を防ぐ目的で財団法人として設立された。

永青文庫の名称は藤孝の養家の始祖 細川頼有以後8代の菩提寺である京都建仁寺塔頭永源庵の「永」と藤孝の居城青龍寺城の「青」の二字をとって細川護立が名付けたものである。

昭和47年から一般公開を始め、翌48年に博物館法による登録博物館となり現在に至る。現在の建物は旧細川侯爵家の家政所(事務所)として昭和初期に建設されたものである。

所蔵品は細川家に伝来するものと、護立公・17代護貞氏から寄付を受けたものとがあり、年4回様々なテーマで展覧会を開催し、所蔵品を公開展示している。

主な収蔵品に、金銀錯狩猟文鏡、太刀 銘 豊後国行平作、時雨螺鈿鞍 含む国宝8点、織田信長自筆感状など重要文化財32点、ほか美術工芸品約6000点、歴史文書約88000点。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

永青文庫
〒112-0015東京都文京区目白台1-1-1 TEL 03-3941-0850

利用案内INFORMATION

永青文庫 公式サイトURL
https://www.eiseibunko.com/
所在地
〒112-0015 東京都文京区目白台1-1-1
TEL 03-3941-0850
最寄駅
JR目白駅(5番のりば)・副都心線雑司が谷駅(「鬼子母神前」バス停)より都営バス「白61 新宿駅西口」行きにて「目白台三丁目」下車徒歩5分

都電荒川線早稲田駅より徒歩10分
東西線早稲田駅(出口3a)より徒歩15分
有楽町線江戸川橋駅(出口1a)より徒歩15分
開館時間
開館時間 10:00〜16:30(最終入館時間 16:00)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日の場合は開館、翌平日が休館
※展示替期間、年末年始
入館料・観覧料
一般 1,000円(団体10名以上は900円)
シニア(70歳以上) 800円(団体10名以上は700円)
大学・高校生 500円(団体10名以上は400円)
中学生以下 無料
入館料・観覧料についての追記事項
※障害者手帳をご提示の方およびその介護者(1名)は無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
えいせいぶんこ

永青文庫についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

永青文庫 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

令和3年度初夏展 心のふるさと良寛 Ⅱ

令和3年度初夏展 心のふるさと良寛 Ⅱ

開催中

会期:

良寛(1758~1831)は、江戸時代後期の詩歌・書に優れた托鉢僧で、「良寛さん」と呼ばれ親しまれています。 越後出雲崎の...

令和3年度夏季展 美しき備え―大名細川家の武具・戦着―

令和3年度夏季展 美しき備え―大名細川家の武具・戦着―

開催予定

会期:

戦国時代、武将は数多くの武具・戦着(いくさぎ)を誂えました。それらは優れた機能性だけでなく、見た目や意匠にも工夫を...

令和3年度秋季展 柿衞文庫名品にみる 芭蕉―不易と流行と―

令和3年度秋季展 柿衞文庫名品にみる 芭蕉―不易と流行と―

開催予定

会期:

柿衞文庫(かきもりぶんこ 兵庫県伊丹市)は、岡田家22代当主・岡田利兵衞(1892~1982)が蒐集した俳諧資料をもとに昭和5...

これまでに永青文庫で開催された展覧会

令和2年度早春展 財団設立70周年記念 細川家四代展―護立・護貞・護熙・護光―

令和2年度早春展 財団設立70周年記念 細川家四代展―護立・護貞・護熙・護光―

会期終了

会期:

細川家の歴代当主たちは、戦国時代を生きた初代・藤孝(ふじたか)や2代・忠興(...

新・明智光秀論―細川と明智 信長を支えた武将たち―

新・明智光秀論―細川と明智 信長を支えた武将たち―

会期終了

会期:

歴史好き必見!豊富な史料から光秀の実像に迫ります。 足利義昭に仕え、のちに織田信長に重用された明智光秀は、主君を同...

永青文庫名品展 ー没後50年“美術の殿様”細川護立コレクション ー

永青文庫名品展 ー没後50年“美術の殿様”細川護立コレクション ー

会期終了

会期:

2020年は、永青文庫の設立者である細川護立(もりたつ)(細川家16代当主・1883...

財団設立70周年記念「翁 -大名細川家の能の世界-」

財団設立70周年記念「翁 -大名細川家の能の世界-」

会期終了

会期:

室町時代に観阿弥・世阿弥父子が大成した能は、日本の代表的な古典芸能として海外でも高い評価をうけています。 細川家で...

令和元年度早春展 財団設立70周年記念 古代中国・オリエントの美術―国宝“細川ミラー”期間限定公開―

令和元年度早春展 財団設立70周年記念 古代中国・オリエントの美術―国宝“細川ミラー”期間限定公開―

会期終了

会期:

永青文庫の設立者・細川護立(もりたつ)(細川家16代・1883~1970)は、幼い頃から...

細川家伝来・江戸の唐絵 特別展示・修理完成披露 黄庭堅「伏波神祠詩巻」(重要文化財)

細川家伝来・江戸の唐絵 特別展示・修理完成披露 黄庭堅「伏波神祠詩巻」(重要文化財)

会期終了

会期:

日本では古来、中国美術より多くの刺激を受けてきました。江戸時代にも、隠元が...

夏季展「大名調度を彩るデザインの世界」

夏季展「大名調度を彩るデザインの世界」

会期終了

会期:

大名美術入門PartⅡとして大名調度や装束をデザインから読み解きます。 肥後細川家に伝わる美術工芸品は、四季折々の風物...

生誕130年 漆芸作家 高野松山 今よみがえる究極の技

生誕130年 漆芸作家 高野松山 今よみがえる究極の技

会期終了

会期:

熊本に生まれた高野松山(たかの しょうざん 1889~1976)は、幼少時より細工物を好んで熊本の工業徒弟学校で漆芸を学び、つ...

石からうまれた仏たち ―永青文庫の東洋彫刻コレクション―

石からうまれた仏たち ―永青文庫の東洋彫刻コレクション―

会期終了

会期:

永青文庫がアジアのさまざまな仏像を所蔵していることは、あまり知られていないかもしれません。 永青文庫の設立者である...

江戸絵画の美 ―白隠、仙厓から狩野派まで―

江戸絵画の美 ―白隠、仙厓から狩野派まで―

会期終了

会期:

細川家には多彩な江戸時代絵画が伝わります。江戸時代に幕府や諸大名の御用絵師の座をほぼ独占した江戸狩野派の優品をはじ...

大名美術入門―殿と姫の美のくらし―

大名美術入門―殿と姫の美のくらし―

会期終了

会期:

「大名家の美術」と聞いて皆さんは何を想像されるでしょうか?お殿さまの勇壮な甲冑?それともお姫さまのきらびやかな調度...

生誕260年記念 心のふるさと良寛

生誕260年記念 心のふるさと良寛

会期終了

会期:

良寛生誕260年を記念し、生涯にわたる遺墨から良寛の人間性・人生観に迫ります。 良寛(1758~1831)は、江戸時代後期の詩歌・書に優れた托鉢僧です。越後出雲崎...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE