美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

水戸芸術館 現代美術ギャラリーContemporary Art Gallery, Art Tower Mito

水戸芸術館 現代美術ギャラリー

Photo:左から 広場 撮影:田澤 純 写真提供:水戸芸術館/カスケード夜景 新建築© 撮影:上田 宏 写真提供:水戸芸術館/全景 写真提供:水戸芸術館

水戸芸術館 現代美術ギャラリーについてABOUT Contemporary Art Gallery, Art Tower Mito

水戸芸術館は、高さ100mの塔をシンボルとした、コンサートホール、劇場、現代美術ギャラリーの施設で構成された複合文化施設で、1990年(平成2年)3月22日に開館した。

音楽、演劇、美術の各分野がそれぞれの施設で独立した活動を行う専用空間を持つと同時に、お互いにクロスオーバーしあうこの施設は、水戸の芸術活動の本拠地として、建築家 磯崎新の設計により建設された。

初代館長は音楽評論家の吉田秀和。吉田の後任として2013年4月1日に同館専属の水戸室内管弦楽団の音楽顧問である、指揮者の小澤征爾が二代目館長に就任している。

複合施設内にある「現代美術ギャラリー」は、合計9室の展示室を持ち、回廊状の細長い形状の空間で、天井は高く、外光も取り入れた明るいギャラリーとなっている。

開館以来、現代美術の自主企画展にこだわり、ジェニー・ホルツァー、ジェームズ・タレル、イリア・カバコフといった世界的アーティストの個展、日本を代表する作家の個展、時代と呼応したテーマのグループ展などを開催している。

また展示室9では、「クリテリオム」という、ラテン語で「基準」を意味する、若手作家の新作を中心に紹介する企画展を水戸市民のサポートのもと、1992年から開催している。

こうしたプログラムを通じて、(1)新しい芸術創造の世界的な拠点となる、(2)市民が現代美術の鑑賞・創造を通じて現代美術に親しみ、市民と現代美術の交流の輪を作り出す、といった活動を続けている。

このように旧来の美術館とは違う在り方を目指しているため、美術部門では1993年より「現代美術センター」という名称を用い、施設としての展示空間「現代美術ギャラリー」と活動体としての「現代美術センター」とを呼び分けている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1-6-8  TEL 029-227-8111
水戸芸術館 現代美術ギャラリー [MAP]

利用案内INFORMATION

水戸芸術館 現代美術ギャラリー 公式サイトURL
https://www.arttowermito.or.jp/gallery/
所在地
〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1-6-8
TEL 029-227-8111
最寄駅
上野駅(※品川駅発着の便もあり)から水戸駅まで、常磐線特急『ひたち』『ときわ』及び各駅停車が約30分毎に運行。乗車時間は特急で約65~80分。

水戸駅からは、バスが便利。「北口バスターミナル4~7番のりば」から乗車し、「泉町1丁目」下車。乗車時間は約10分です。降車後バスの進行方向に進み、すぐの交差点で大通り(国道50号)を渡り、そのまま路地を直進。徒歩2分ほど。
開館時間
開館時間 09:30〜18:00
開館時間についての追記事項
(最終入場時間 17:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が祝日の場合は火曜日
・年末年始
入館料・観覧料
一般 800円(団体20名様以上 600円)
中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名 無料。
入館料・観覧料についての追記事項
※前売りについて:展覧会の始まる1カ月前より前日までお得な前売り券を発売します。
※一年間有効フリーパス:「ハイティーンパス H.T.P.」1,000円(対象15歳以上20歳未満)、「おとなのパス」2,500円(対象20歳以上)詳しくはこちら
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
みとげいじゅつかん げんだいびじゅつぎゃらりー

水戸芸術館 現代美術ギャラリーについての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

水戸芸術館 現代美術ギャラリー 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中大竹伸朗 ビル景 1978-2019

会期:

大竹伸朗(1955-)は、1980年代初めにデビュー以降、絵画を中心に、印刷、音、写真や映像などの多彩な表現を展開し、その活動は、現代美術の世界だけでなく、文字やデザインなど、幅広いジャンルに影響を...

大竹伸朗 ビル景 1978-2019

水戸芸術館 現代美術ギャラリーにて、今後開催予定の展覧会

これまでに水戸芸術館 現代美術ギャラリーで開催された展覧会

会期終了創作と対話のプログラム アートセンターをひらく 第Ⅰ期

会期:

「創作と対話」をテーマとする本企画は、展覧会に代わって、次の3つの要素で構成されます。一部プログラムを除き、無料で入場可能な特別企画です。 ①...

創作と対話のプログラム アートセンターをひらく 第Ⅰ期

会期終了霧の抵抗 中谷芙二子

会期:

いま、切実に問われているのは、人間と自然との間の信頼関係ではないかと思う。私たち都会人は、ペットボトルの水しか信用しなくなってしまった。水道の水は臭くて飲めない。川や海は汚染されているから...

霧の抵抗 中谷芙二子

会期終了内藤 礼―明るい地上には あなたの姿が見える

会期:

「地上に存在することは、それ自体、祝福であるのか」をテーマに制作する現代美術家・内藤礼は、光、空気、風、水、重力といった無尽蔵な自然と、それ...

内藤 礼―明るい地上には あなたの姿が見える

会期終了第50回記念水戸市芸術祭 特別展 水戸の風 2018

会期:

平成30年度に第50回という節目を迎える水戸市芸術祭の記念事業として、水戸美術家連盟に所属する29作家による作品を集めた「水戸の風 2018」を開催しま...

第50回記念水戸市芸術祭 特別展 水戸の風 2018

会期終了ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて

会期:

芸術は、いわば「危険早期発見装置」である。そのおかげでわれわれは、社会的、精神的危険の兆候をいち早く発見でき、余裕をもってそれに対処する準備...

ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて

会期終了デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド-ようこそダークなせかいへ」

会期:

ブラックユーモアが特徴の作品で知られるイギリス人現代美術家、デイヴィッド・シュリグリーによる...

デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド-ようこそダークなせかいへ」

会期終了藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察

会期:

1946年生まれの藤森照信は、高校卒業まで長野県茅野市で過ごし、東北大学、東京大学大学院に進学。近代建築史・都市史研究の第一人者として多くの業績...

藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察

会期終了石川直樹 この星の光の地図を写す

会期:

世界をフィールドに活躍する写真家、石川直樹による初の大規模個展です。 石川は、22歳で北極点から南極点までを人力で踏破、23歳で七大陸最高峰の登...

石川直樹 この星の光の地図を写す

会期終了クリストとジャンヌ=クロード アンブレラ 日本=アメリカ合衆国 1984-91

会期:

景観を変貌させる大規模なプロジェクトで世界的に有名なニューヨーク在住のアーティスト、クリスト...

クリストとジャンヌ=クロード アンブレラ 日本=アメリカ合衆国 1984-91

会期終了記憶の円環|榮榮&映里と袁廣鳴の映像表現

会期:

東アジアの進展に伴うかのように、今までにはなかった新しい写真・映像表現がこの地域に増えています。 本展ではその中から、日常や伝統を新しいメデ...

記憶の円環|榮榮&映里と袁廣鳴の映像表現

会期終了田中功起 共にいることの可能性、その試み

会期:

田中功起による国内初の大規模な個展です。田中は、映像記録、インスタレーション、執筆、パフォーマンスおよびイベント企画といったさまざまな方法を...

田中功起 共にいることの可能性、その試み

会期終了3.11以後の建築

会期:

2011年3月11日に起きた東日本大震災は、建築家と建築界に大きな意識の変化をもたらしました。津波の圧倒的な破壊力に、建築物を強化するだけでは解決できない問題を突きつけられると同時に、人と人との繋...

3.11以後の建築

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE