アーティゾン美術館ARTIZON MUSEUM

アーティゾン美術館

アーティゾン美術館についてABOUT ARTIZON MUSEUM

公益財団法人石橋財団ブリヂストン美術館は、2015年5月からの休館を経て、アーティゾン美術館という新館名にて2020年1月18日に新しくオープンした。

館名は「ARTIZON」(アーティゾン)は、「ART」(アート)と「HORIZON」(ホライゾン:地平)を組み合わせた造語である。

アーティゾン美術館は、23階建て高層ビル「ミュージアムタワー京橋」の低層部に位置し、展示室は4階から6階までの3フロア、旧美術館の約2倍の面積(約2,100㎡)に拡張された。

これによりこれまで実現できなかった大きな企画展(特別展)とコレクション展を同時に開催することが可能となる。また、作品の魅力が最大限にひきだされるよう、最新の照明設備や空調設備、古美術室などが新たに設置される。

石橋正二郎は「世の人々の楽しみと幸福(しあわせ)の為に」を信念とし、その実現に取り組んだ。新美術館では、それを基本理念として、新たな活動に合わせてコンセプトを「創造の体感」と定めている。

休館中も収集活動を継続し、印象派のみならず古美術、日本近代洋画、20世紀美術そして現代美術までその裾野を広げている。

所蔵作品は現在約2800点を数え、黒田清輝、藤田嗣治、藤島武二、坂本繁二郎、青木繁といった日本近代美術の作品をはじめとし、印象派の主要画家として、ルノワール、モネ、セザンヌ、ゴーガン、20世紀美術の巨匠ピカソ、マティス、彫刻家のロダンまで、驚くべきコレクションの数々が収蔵されている。

また、カンディンスキー、パウル・クレー、ジャクソン・ポロックといった抽象画から堂本尚郎、川端実、菅井汲、白髪一雄といった近代日本の抽象画家、さらには、古代ギリシア、ローマ、エジプトの彫刻・工芸品といった、数々の作品を収蔵している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

アーティゾン美術館
〒104-0031東京都中央区京橋1-7-2 TEL 050-5541-8600 (ハローダイヤル)

利用案内INFORMATION

アーティゾン美術館 公式サイトURL
https://www.artizon.museum/
所在地
〒104-0031 東京都中央区京橋1-7-2
TEL 050-5541-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
JR東京駅
東京メトロ銀座線 京橋駅
東京メトロ銀座線/東西線/都営浅草線 日本橋駅
からそれぞれ徒歩5分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※祝日を除く毎週金曜日は20:00まで
※入館は閉館の30分前まで
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
祝日の場合は開館し翌平日は振替休日、展示替え期間、年末年始
※展示により異なる場合があります。
※諸般の事情により、事前の告知なく、イベントなどの中止、開館時間の短縮や臨時休館となる場合があります。ご了承ください。
入館料・観覧料
◎日時指定予約制
ウェブ予約チケット・当日チケット(窓口販売)
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※ウェブ予約チケット:各入館時間枠の終了10分前まで販売
※当日チケット:ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ販売

【予約について】
※大学生・専門学校生・高校生は無料ですが、入館時間枠の予約が必要です。入館時に学生証または生徒手帳を要提示
※中学生以下の方は無料。なお、入館時間枠の予約は必要ありません。
※障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料ですが、入館時間枠の予約が必要です。入館時に障がい者手帳を要提示

【注意事項】
※団体割引、シニア割引はありません
※指定日時以外の入館はできません
※営利目的でのチケット転売はお断りします
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
あーてぃぞんびじゅつかん

アーティゾン美術館についての感想・評価REVIEWS

4.0

明るくか開放感にあふれ、ゆったり鑑賞できる環境。より鑑賞しやすく最新技術もいたるところに。

やっと行かれました。旧ブリヂストンから新しくアーティゾン美術館として生まれ変わり、第二弾の企画展。第一弾ではチケット入手もコロナ禍その他で結局行かれず、今回相変わらずのコロナ禍ながら、なんとか訪ねることが出来ました。
まず、街並みに合ったちょっとかっこいいスッキリした建物でした。前面道路との間の適度な広場もいい感じです。ブリヂストン時代はビルのワンフロアですが、エレベーターを出れば、オフホワイト基調のスッキリした回廊に彫刻が並ぶ、これから出会うアートへの期待感も高まる、オシャレな都市型の美術館でした。新美術館は、タワービルの一部、低層部分が全て美術館スペースで、床面積も約2倍と大幅に拡張され、ショップやカフェスペースも充実。大きな8ⅿガラスと吹き抜けなど明るく開放感たっぷりで、オフホワイト基調にゴールドのアクセントと間接照明と、更に大都市ならではの洗練された雰囲気の美術館となっていました。入り口やロビー、展示室間の導線などが今一だった前美術館とは、比べ物にならない分かりやすくおしゃれなエントランスとロビー空間、階をまたぐ形ではありますが、展示室間の導線もとてもスッキリしていました。矢印に沿って歩くばかりでなく、何度も自由に行き来して見直せる、ゆったり空間もいいです。また、前美術館では評価があまり良くなかったスタッフさんたちも、まだ新しいせいか、皆さん笑顔でとても親切で良かったです。(そういえば、同じタワービル内の三井記念美術館の、ガラス張り吹き抜けから美術館入り口から重厚な重々しい、言えばまるで胎内に入るかのような暗い雰囲気とは真逆の、明るく都市らしいデザイン。それは三井のコレクションと石橋財団のコレクションの傾向の違いもあるかもしれないし、どちらが良いとか云うものでもないのですが、同じくタワービルのワンフロア―から美術館棟にリニューアルオープンのSOMPOと比べれば、こちらに高評価したいです)。また、耐震設備や、床材の工夫や、最新の照明やショーケースの継ぎ目なしのウインドーや、チームラボのタッチパネルサイネージなどなど、新しい美術館は流石に最新技術を結集した様々な工夫があり、なるほどでした。ちなみによく500円とかの音声ガイドは、無料アプリがDLでき、聴くことが出来ます。自分のイヤホンを使うので持って行くのを忘れずに!と言ってもし忘… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
Sunriseさん、tonoさん

5.0

広く、高く、鑑賞し易い。訪れるべき心開放空間

新しい、という価値は間違いなく感じます。
順次鑑賞するための適切なスペース、天井が高く開放感ある造作。周囲の景色も美術館の一部に組み込まれるレイアウト。
心地良い空間が時間を忘れさせてくれます。

都心部のビルの美術館ゆえ、縦同線が多いですが、1. 次に広がる展示空間に心躍らせる効果 2. エスカレーターから見える階下の展示の上空写真を見ているように広がりを感じさせる効果
  に魅了させられます。

展示数があまりに多いことが理由だと思いますが、フロアーの動線が分かりにくいと感じましたが、これもアートの森に迷い込んだかのような発見の楽しみを与えてくれている演出でしょう

THANKS!をクリックしたユーザー
tonoさん、lotus8さん、Audreyさん、april20さん、ずんださん

5.0

広くてきれい

新しいためきれいなのは当然なのですが
日時指定予約を採用しているのはとてもよいと思いました。
オープン日でも館内の混雑はさほどでもなく作品が見やすかったです。
また作品間隔や通路も十分です。
写真撮影については論議がある方がいると思いますが迷惑にならなきゃOK
なのでよいことと思います。
音声ガイドはスマホ用の美術館アプリを利用で位置情報で目の前の作品が選択されるので
使いやすかったです。イヤホン使わずに音声ガイドを聞くお年寄りが多かったので
飛行機で配るような安いやつでも置いてもらえるといいと思う。写真撮影よりそっちが
迷惑でしたね。あとは有料で貸し出しするとか。
空調、照明、バリアフリーも問題なし、トイレも清潔です。
ただサインがいまいちかな。

THANKS!をクリックしたユーザー
CielClairさん、tonoさん、lotus8さん、katayamaken19さん、kage0512さん、他2人

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

アーティゾン美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

STEPS AHEAD: Recent Acquisitions 新収蔵作品展示

STEPS AHEAD: Recent Acquisitions 新収蔵作品展示

開催中

会期:

近年、石橋財団は印象派や日本近代洋画など、従来の核となるコレクションを充実させる一方で、抽象表現を中心とする20世紀...

特集コーナー展示 マリノ・マリーニの彫刻と版画

特集コーナー展示 マリノ・マリーニの彫刻と版画

開催中

会期:

公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館(館長 石橋 寬)は、4階展示室の特集コーナーにて「マリノ・マリーニの彫刻と版...

石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 挿絵本にみる20世紀フランスとワイン

石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 挿絵本にみる20世紀フランスとワイン

開催予定

会期:

石橋財団コレクションの中には、ユトリロやデュフィなどフランスの画家たちが挿...

石橋財団コレクション選  印象派ー画家たちの友情物語

石橋財団コレクション選  印象派ー画家たちの友情物語

開催予定

会期:

印象派といえば、モネやルノワールといった名前が浮かぶでしょう。画塾などで知り合った仲間たちが、自分たちの作品を展示...

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×森村泰昌 M式「海の幸」―森村泰昌 ワタシガタリの神話

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×森村泰昌 M式「海の幸」―森村泰昌 ワタシガタリの神話

開催予定

会期:

「ジャム・セッション」は石橋財団コレクションと現代美術家の共演です。 その...

「教育普及活動」ってなに?―生きている美術館

「教育普及活動」ってなに?―生きている美術館

開催予定

会期:

美術館の「教育普及活動」という言葉を、聞いたことがありますか。美術館は、人とモノ、人と人、人と思い出を結びつけ、新...

クロード・モネ -風景への問いかけ オルセー美術館・オランジュリー美術館特別企画

クロード・モネ -風景への問いかけ オルセー美術館・オランジュリー美術館特別企画

会期: 2021年10月2日(土)〜2022年1月10日(月・祝) ⇒ 開催延期(会期未定)

印象派の画家クロード・モネ(1840-1926)は、自然の中の外光の美しさに魅了され...

これまでにアーティゾン美術館で開催された展覧会

琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術

琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術

会期終了

会期:

琳派は、17世紀初めの俵屋宗達、18世紀初めの尾形光琳らによって、日本の都であった京都の町人文化として生まれ、19世紀初...

石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」

石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」

会期終了

会期:

石橋財団の近代洋画コレクションの中心である、青木繁と坂本繁二郎は、アーティ...

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり

会期終了

会期:

アーティゾン美術館では、石橋財団コレクションと現代美術家の共演「ジャム・セ...

第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 Cosmo-Eggs| 宇宙の卵

第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 Cosmo-Eggs| 宇宙の卵

会期終了

会期:

ヴェネチア・ビエンナーレは、イタリアのヴェネチアの各所を会場とし、2年に一度...

石橋財団コレクション選 特集コーナー展示「印象派の女性画家たち」

石橋財団コレクション選 特集コーナー展示「印象派の女性画家たち」

会期終了

会期:

アーティゾン美術館は、その前身であるブリヂストン美術館の1952年(昭和27年)...

新収蔵作品特別展示:パウル・クレー

新収蔵作品特別展示:パウル・クレー

会期終了

会期:

アーティゾン美術館は2019年に、20世紀前半を代表するスイス出身画家パウル・クレー(1879~1940)の24点の作品をまとめて...

開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」

開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」

会期終了

会期:

美術館とは、「人間とはなにか」を、造形をとおして分かりやすく伝える装置です。 人間は過去、数万年にわたって形をつく...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE