美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

根津美術館the Nezu Museum

根津美術館

Photo:左から 正門からのアプローチ ©藤塚光政/外観 ©藤塚光政/内観 NEZUCAFÉ(上段)/エントランスホール ©藤塚光政(下段)

根津美術館についてABOUT the Nezu Museum

根津美術館は、東武鉄道の社長などを務めた実業家で、茶人でもあった初代・根津嘉一郎(ねづ かいちろう 1860~1940年)によって蒐集された日本・東洋の古美術品コレクションの保存・展示のために設立された美術館で、1941年(昭和16年)に開館した。

藤井斉成会有鄰館、大倉集古館、白鶴美術館、大原美術館などとともに、第二次世界大戦以前からの歴史をもつ、日本では数少ない美術館のひとつである。

山梨県に生まれた初代嘉一郎は、若い頃から古美術品に関心を寄せ、明治29年(1896年)東京に本拠を移すと、実業家、政治家として腕を振るった。また教育界にもその活躍の場を広げるかたわら、古美術品が顧みられることなく欧米に売られていく状況を憂い、美術品の蒐集にはさらに拍車がかかるようになる。それらのコレクションを単に秘蔵するのではなく、「衆と共に楽しむ」ことが初代嘉一郎の願いであった。

その遺志を継いだ二代目根津嘉一郎が、昭和15年(1940年)に財団を創立、翌年根津美術館が開館。現館長、根津公一のもと、2006年(平成18年)5月より3年半をかけ、建築家・隈研吾の設計によって、大規模な新・改築工事が行われ、2009年(平成21年)10月7日に新創開館。新しいロゴデザインは、ドイツのペーター・シュミット・グループによって制作された。

4,643点でスタートした同館の所蔵品の数は、現在約7400件を数えるにいたる。これらのうちには、国宝7件、重要文化財87件、重要美術品94件が含まれる。

2万m²をこえる美術館の敷地は、1906年(明治39年)に根津嘉一郎が取得して数年がかりで整備・造園した私邸跡である。現在も広大な日本庭園があり、庭内には4棟茶室が点在している。

初代・根津嘉一郎は晩年、自ら青山(せいざん)と号して茶の湯をたのしむなかで茶道具の数々も集め、コレクションの重要な柱となっている。しかし、茶道具もさることながら、仏教絵画、写経、水墨画、近世絵画、中国絵画、漆工、陶磁、刀剣、中国古代青銅器など、日本・東洋美術の幅広い分野の一級品が揃っているのが、根津コレクションの特徴である。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1  TEL 03-3400-2536
根津美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

根津美術館 公式サイトURL
http://www.nezu-muse.or.jp/
所在地
〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1
TEL 03-3400-2536
最寄駅
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道 駅下車
A5出口(階段)より徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行
〈南青山6丁目〉駅下車 徒歩5分
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が祝日の場合、翌火曜日休館
・展示替期間
・年末年始
入館料・観覧料
<特別展>
一般 1300円(1100円)
学生(高校生以上) 1000円(800円)

<コレクション展>
一般 1100円(900円)
学生(高校生以上) 800円(600円)
※( )は20名以上の団体
入館料・観覧料についての追記事項
※小・中学生以下は無料。
※受付にて障害者手帳をご呈示いただきますと、ご本人様と同伴者1名様まで、団体料金にてご入館いただけます。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ねづびじゅつかん

根津美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

根津美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中新創開館10周年記念 企画展 美しきいのち ―日本・東洋の花鳥表現―

会期:

色も形もとりどりの花や、艶やかな羽を持つ鳥は、それ自体、洋の東西を問わず、古くから賞玩の対象...

新創開館10周年記念 企画展  美しきいのち  ―日本・東洋の花鳥表現―

根津美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに根津美術館で開催された展覧会

会期終了優しいほとけ・怖いほとけ

会期:

「優しいほとけ・怖いほとけ」は、飛鳥時代から江戸時代に至る仏教絵画・彫刻の優品約35件を展示し、ほとけの表情とその意味を考える展覧会です。 ほとけは、その姿と役割からほぼ三種類に分類すること...

優しいほとけ・怖いほとけ

会期終了はじめての古美術鑑賞

会期:

日本の古美術は、西洋美術と比べて敷居が高い、地味で分かりにくい、と思われている方も多いのではないでしょうか。 これらの声に応えて、根津美術館では企画展「はじめての古美術鑑賞」の4回目として、...

はじめての古美術鑑賞

会期終了特別展 尾形光琳の燕子花図 寿ぎの江戸絵画

会期:

尾形光琳(1658~1716)による国宝「燕子花図屏風」は、草花図であると同時に『伊勢物語』の一節、八橋の場面に基づくともいわれます。 さらに八橋は...

特別展 尾形光琳の燕子花図 寿ぎの江戸絵画

会期終了企画展 ほとけをめぐる花の美術

会期:

泥の中から伸び、水に触れることなく清らかな花を咲かせるハスは、“蓮華(れんげ)”と呼ばれ、仏教を象徴する花として知られています。 「ほとけをめぐる花の美術」展は、この蓮華をはじめ、釈迦の生涯を...

企画展 ほとけをめぐる花の美術

会期終了酒呑童子絵巻 鬼退治のものがたり

会期:

都の貴族の娘たちを次々に略奪する酒呑童子(しゅてんどうじ)という鬼を、源頼光・藤原保昌および、渡辺綱や坂田金時ら四天王が退治する物語は14世紀には成立しており、多くの絵巻物や奈良絵本に描かれ...

酒呑童子絵巻 鬼退治のものがたり

会期終了特別展 新・桃山の茶陶

会期:

信楽・備前・伊賀の大胆な篦目(へらめ)と歪み、志野の白釉に浮かぶ力強い鉄絵、織部の多彩な形と爽快な釉薬の掛け分け、そして唐津の自由な文様表現。 16~17世紀初頭に作られたこれら「桃山の茶陶」...

特別展 新・桃山の茶陶

会期終了禅僧の交流 墨蹟と水墨画を楽しむ

会期:

中世、日本と中国の僧たちは商人の船で渡海し、親しく交流をもっていました。その様子は、師から弟子へ与えられたものをはじめ、禅僧が書いた個性豊かな墨蹟からもわかります。 一方で日本の禅僧は、中...

禅僧の交流 墨蹟と水墨画を楽しむ

会期終了はじめての古美術鑑賞-漆の装飾と技法-

会期:

漆は古代より塗料として日本人の生活の道具に使われてきました。奈良時代になって中国から美しい装飾を加えた漆器が紹介されると、我が国でも金彩を施...

はじめての古美術鑑賞-漆の装飾と技法-

会期終了特別展 光琳と乾山 芸術家兄弟・響き合う美意識

会期:

尾形光琳(1658~1716)は、江戸時代のなかばに、日本美術における装飾の伝統を現代のデザインに伯仲する次元にまで高めた画家であり、意匠作家です。...

特別展 光琳と乾山 芸術家兄弟・響き合う美意識

会期終了企画展 香合百花繚乱

会期:

「香合」は、「香」を入れる蓋付きの容器のこと。茶の湯の道具のなかでも特に人気の高いものです。 初期の香合は唐物漆器(からものしっき)でしたが、茶の湯の流行に従い、黄瀬戸や志野など国内で作ら...

企画展 香合百花繚乱

会期終了墨と金 狩野派の絵画

会期:

狩野派は、室町時代に興った絵画の流派です。足利将軍の御用を勤め、織田信長と豊臣秀吉にも愛され、さらに徳川家康により幕府御用絵師に取り立てられました。 秩序を重んじる政権のもと、狩野派は江戸...

墨と金 狩野派の絵画

会期終了特別展 鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―

会期:

刀剣外装のための金具は、江戸時代以降に装飾性が増し、金属とは思えないほどのきらびやかで細密な作品が残されました。 光村利藻(みつむら としも...

特別展 鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE