美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

大分県立美術館(OPAM)Oita Prefectural Art Museum

大分県立美術館(OPAM)

Photo:左から 外観昼 ©Hiroyuki Hirai/≪天庭-工芸を超える現代三人衆≫「徳丸鏡子(陶)、礒﨑真理子(陶)、高橋禎彦(ガラス)」(上段左)/モバイルRead Moreカフェ ©Hiroyuki Hirai(上段右)/コレクション展示室(洋画)©Hiroyuki Hirai(下段左)/1階アトリウム ©Hiroyuki Hirai(下段右)Close

大分県立美術館(OPAM)についてABOUT Oita Prefectural Art Museum

温暖で風光明媚、豊かな自然に培われた、柔らかな県民性と、アジアや西洋から異文化を受け入れ吸収しながら、伝統や風習に融合してきた大分県。

2015年4月24日、大分県大分市寿町に大分のユニークな文化風土にちなんだ「出会いと五感のミュージアム」、大分県立美術館(おおいたけんりつびじゅつかん)が開館した。

設計は、建築界のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞した坂 茂(ばん しげる)によるもの。「街に開かれた美術館」として、透明度の高い、フレキシブルで可変性に富んだ爽快な空間となっている。1階はガラスで囲まれた開放的なアトリウムと可動壁を使ったフレキシビリティの高い展示空間を備える。3階は大分県産杉を利用した格子の天井があり、その中央に開いた穴から陽光が入る中庭には現代工芸作家の作品が花園空間を演出する。

展覧会場以外のスペースは誰もが無料で楽しめ、1階アトリウムには、ミュージアムショップ、カフェや気軽に触れることができる作品も展示する。

「出会いと五感のミュージアム」をコンセプトに、大分ゆかりの作家の作品や文化と世界、伝統とコンテンポラリー、美術とパフォーミングアーツなど、さまざまな芸術や文化が織りなす展覧会を行う。

<大分県立美術館のコレクションについて>

大分には、江戸期以降、数多くの美術家を輩出した、豊かな「浪漫派的」文化風土がある。「豊後南画」の礎を築いた田能村竹田、伝統的な日本画にモダンな切れ味を備えた福田平八郎や髙山辰雄、幾何学と色彩交響の抽象スタイルを確立した宇治山哲平、大正から昭和にかけて彫刻界をリードした朝倉文夫、竹工芸を芸術の域にまで高めた生野祥雲齋。いずれも、近代日本の美術を牽引した芸術家たちである。

大分県立美術館は、大分県立芸術会館(2015年3月31日に閉館)が37年間にわたって収集してきた約5,000点にのぼる作品や資料を引き継ぎ、至宝として保管しながら、コレクション展等を通じて紹介する。


アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒870-0036 大分県大分市寿町2番1号  TEL 097-533-4500
大分県立美術館(OPAM) [MAP]

利用案内INFORMATION

大分県立美術館(OPAM) 公式サイトURL
http://www.opam.jp
所在地
〒870-0036 大分県大分市寿町2番1号
TEL 097-533-4500
最寄駅
<JR大分駅から>
JR大分駅 府内中央口(北口)から徒歩15分

JR大分駅前 7番乗り場から大分交通バス 青葉台線(田室町経由)23番、24番
県立図書館線(田室町経由)3番
スカイタウン高崎線(西春日町経由)8番に乗車、「オアシスひろば前」下車徒歩すぐ

JR大分駅前7番乗り場、大分駅上野の森口から、中心市街地循環バス「大分きゃんばす」に乗車、「オアシス広場前(県立美術館入口)」下車徒歩1分

<空港から>
空港特急バスエアライナー乗車約1時間、大分駅前下車
開館時間
開館時間 10:00〜19:00(最終入館時間 18:30)
開館時間についての追記事項
※金・土曜日20:00まで(入館は19:30まで)
定休日
定休日についての追記事項
原則無休(館内点検等による臨時休館を除く)
入館料・観覧料
<コレクション展>
一般 300(250)円
大学生・高校生 200(150)円
※( )内は20名以上の団体料金

※中学生以下は無料
※高校生は土曜日に観覧する場合は無料
※県内の小学・中学・高校生(これらに準ずる者を含む)とその引率者が教育課程に基づく教育活動として観覧する場合は無料
※障がい者とその付添人(1名)は無料

<企画展>
企画展の観覧料は、開催展覧会情報をご確認下さい。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
おおいたけんりつびじゅつかん

大分県立美術館(OPAM) 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

コレクション展Ⅰ「くらべる美術」

開催期間:

美術作品には、さまざまな表現があります。 たとえ制作された時代や場所が異なる作品でも、色、形、技法、テーマなど、比較してみると...

コレクション展Ⅰ「くらべる美術」

宇治山哲平、福田平八郎、麻生珠渓など
開催終了まであと10日

コレクション展Ⅱ「内なるものを見つめて」

開催期間:

コレクション展Ⅱでは、人間の内面を様々に表した作品を通して、心に癒しをもたらす美術の魅力を紹介します。 なぜ、今、内省的な作品...

コレクション展Ⅱ「内なるものを見つめて」

なぜ、今、内省的な作品が必要か。
開催スタートまであと13日

アート&デザインの大茶会 マルセル・ワンダース、須藤玲子、ミヤケマイ

開催期間:

『おおいた大茶会』をテーマに開催される第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障...

アート&デザインの大茶会 マルセル・ワンダース、須藤玲子、ミヤケマイ

センセーショナルな現代版大茶会!
これから開催予定

これまでに大分県立美術館(OPAM)で開催された展覧会

コレクション展Ⅵ「和の心」

開催期間:

普段の生活の中では、つい見過ごされがちな“和風”の魅力。 2013年には、天然の食材や四季折々の季節感を大切にする“和食”が、世界無形...

コレクション展Ⅵ「和の心」

コレクションから厳選して紹介、“和の美”
会期終了

歌心と絵ごころの交わり 二豊路 漂泊の画人 佐藤 溪と俳人 種田山頭火

開催期間:

旅はこれまで多くのアーティストたちにインスピレーションを与えてきました。巡り会うひ...

歌心と絵ごころの交わり 二豊路 漂泊の画人 佐藤 溪と俳人 種田山頭火

作画と詩作による、旅にまつわる創作
会期終了

20世紀の総合芸術家 イサム・ノグチ ―彫刻から身体・庭へ―

開催期間:

彫刻をはじめ、舞台美術、家具、照明器具のデザイン、さらには、公園などのランドスケープ・デザインにまで、幅広い活動を展開した20世...

20世紀の総合芸術家 イサム・ノグチ ―彫刻から身体・庭へ―

芸術と社会のつながりを求めた先駆者
会期終了

2017 コレクション展Ⅳ「自然への憧憬」

開催期間:

春夏秋冬、四季を通じて様々な表情を見せる日本の自然。古来より人々は移ろい行く季節の変化を敏感に感じ取り、折々の美しさを愛で親し...

2017 コレクション展Ⅳ「自然への憧憬」

詩情豊かに自然を描き出した作品の数々
会期終了

2017 コレクション展Ⅲ「躍動するカタチ」

開催期間:

近世以降現代にいたるまで、大分県からは数多くの優れた美術家が出ています。中でも南画の田能村竹田、日本画の福田平八郎、髙山辰雄、...

2017 コレクション展Ⅲ「躍動するカタチ」

動的なイメージを表現した絵画や立体作品
会期終了

ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~

開催期間:

世界に冠たる日本のアニメーションをリードしてきたスタジオジブリ。 珠玉の作品群を世に送り出す豊かな創造性と、その伝播を世界規模...

ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~

ジブリの30年がぎっしり!
会期終了

素描の魅力 -作家のアトリエから-

開催期間:

素描は、人の目に触れることを前提に制作した「作品」ではありません。画家が日々の生活の中で目にする気になる対象や旅先の情景、頭に...

素描の魅力 -作家のアトリエから-

画家たちの創作の舞台裏に迫る
会期終了

何必館コレクション 北大路魯山人展 ー和の美を問うー

開催期間:

日本随一の内容を誇る何必館(かひつかん)・京都現代美術館所蔵の魯山人コレクションの中から厳選した作品を、「陶」「書」「茶」「花...

何必館コレクション 北大路魯山人展 ー和の美を問うー

魯山人の創作世界とその精神
会期終了

2016 コレクション展Ⅵ「春を言祝(ことほ)ぐ」

開催期間:

美しい四季の中でも、“春”は特別な季節です。雪がとけ、若草が萌え、さまざまな生命が誕生します。 私たちの生活においては、新しい物...

2016 コレクション展Ⅵ「春を言祝(ことほ)ぐ」

日田旧家所蔵の貴重なお雛様を初公開!
会期終了

東西風景版画の出会い ターナーから浮世絵、近代版画までの珠玉

開催期間:

中世ヨーロッパで誕生した銅版画は、革新的な印刷技術として普及する一方、その表現の可...

東西風景版画の出会い ターナーから浮世絵、近代版画までの珠玉

東西の出会いを通して花開いた版画芸術
会期終了

2016 コレクション展Ⅴ「コレクションに見る 生活の詩(うた)」

開催期間:

近世以降現代にいたるまで、大分県からは数多くの優れた美術家が出ています。中でも南画...

2016 コレクション展Ⅴ「コレクションに見る 生活の詩(うた)」

大分県関係作家らの絵画や工芸品約5千点
会期終了

オランダのモダン・デザイン リートフェルト/ブルーナ/ADO 遊ぶデザイン&暮らしのアート

開催期間:

ヘリット・リートフェルト(1888-1964)とディック・ブルーナ(1927-)はオランダの都市...

オランダのモダン・デザイン リートフェルト/ブルーナ/ADO 遊ぶデザイン&暮らしのアート

オランダが生んだ2人のデザインの巨人
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE