美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

大分県立美術館(OPAM)Oita Prefectural Art Museum

大分県立美術館(OPAM)

Photo:左から 外観昼 ©Hiroyuki Hirai/≪天庭-工芸を超える現代三人衆≫「徳丸鏡子(陶)、礒﨑真理子(陶)、高橋禎彦(ガラス)」(上段左)/モバイルRead Moreカフェ ©Hiroyuki Hirai(上段右)/コレクション展示室(洋画)©Hiroyuki Hirai(下段左)/1階アトリウム ©Hiroyuki Hirai(下段右)Close

大分県立美術館(OPAM)についてABOUT Oita Prefectural Art Museum

温暖で風光明媚、豊かな自然に培われた、柔らかな県民性と、アジアや西洋から異文化を受け入れ吸収しながら、伝統や風習に融合してきた大分県。

2015年4月24日、大分県大分市寿町に大分のユニークな文化風土にちなんだ「出会いと五感のミュージアム」、大分県立美術館(おおいたけんりつびじゅつかん)が開館した。

設計は、建築界のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞した坂 茂(ばん しげる)によるもの。「街に開かれた美術館」として、透明度の高い、フレキシブルで可変性に富んだ爽快な空間となっている。1階はガラスで囲まれた開放的なアトリウムと可動壁を使ったフレキシビリティの高い展示空間を備える。3階は大分県産杉を利用した格子の天井があり、その中央に開いた穴から陽光が入る中庭には現代工芸作家の作品が花園空間を演出する。

展覧会場以外のスペースは誰もが無料で楽しめ、1階アトリウムには、ミュージアムショップ、カフェや気軽に触れることができる作品も展示する。

「出会いと五感のミュージアム」をコンセプトに、大分ゆかりの作家の作品や文化と世界、伝統とコンテンポラリー、美術とパフォーミングアーツなど、さまざまな芸術や文化が織りなす展覧会を行う。

<大分県立美術館のコレクションについて>

大分には、江戸期以降、数多くの美術家を輩出した、豊かな「浪漫派的」文化風土がある。「豊後南画」の礎を築いた田能村竹田、伝統的な日本画にモダンな切れ味を備えた福田平八郎や髙山辰雄、幾何学と色彩交響の抽象スタイルを確立した宇治山哲平、大正から昭和にかけて彫刻界をリードした朝倉文夫、竹工芸を芸術の域にまで高めた生野祥雲齋。いずれも、近代日本の美術を牽引した芸術家たちである。

大分県立美術館は、大分県立芸術会館(2015年3月31日に閉館)が37年間にわたって収集してきた約5,000点にのぼる作品や資料を引き継ぎ、至宝として保管しながら、コレクション展等を通じて紹介する。


アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒870-0036 大分県大分市寿町2番1号  TEL 097-533-4500
大分県立美術館(OPAM) [MAP]

利用案内INFORMATION

大分県立美術館(OPAM) 公式サイトURL
http://www.opam.jp
所在地
〒870-0036 大分県大分市寿町2番1号
TEL 097-533-4500
最寄駅
<JR大分駅から>
JR大分駅 府内中央口(北口)から徒歩15分

JR大分駅前 7番乗り場から大分交通バス 青葉台線(田室町経由)23番、24番
県立図書館線(田室町経由)3番
スカイタウン高崎線(西春日町経由)8番に乗車、「オアシスひろば前」下車徒歩すぐ

JR大分駅前7番乗り場、大分駅上野の森口から、中心市街地循環バス「大分きゃんばす」に乗車、「オアシス広場前(県立美術館入口)」下車徒歩1分

<空港から>
空港特急バスエアライナー乗車約1時間、大分駅前下車
開館時間
開館時間 10:00〜19:00(最終入館時間 18:30)
開館時間についての追記事項
※金・土曜日20:00まで(最終入場時間19:30)
定休日
年中無休 
定休日についての追記事項
※原則無休(館内点検等による臨時休館を除く)
入館料・観覧料
<コレクション展>
一般 300円(250円)
大学生・高校生 200円(150円)
※( )内は20名以上の団体料金

※中学生以下は無料
※高校生は土曜日に観覧する場合は無料
※県内の小学・中学・高校生(これらに準ずる者を含む)とその引率者が教育課程に基づく教育活動として観覧する場合は無料
※障がい者とその付添人(1名)は無料

<企画展>
企画展の観覧料は、開催展覧会情報をご確認下さい。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
おおいたけんりつびじゅつかん

大分県立美術館(OPAM) 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション メトロポリタン美術館所蔵

開催期間:

世界屈指の美の殿堂、メトロポリタン美術館。 本展は、このメトロポリタン美術館で2017...

竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション メトロポリタン美術館所蔵

竹の造形の多様な表現と可能性
開催終了まであと12日

ムーミン展 THE ART AND THE STORY

開催期間:

愛らしい姿とユーモアあふれる言葉で世界中のファンを魅了するムーミンとそのなかまたち。 フィンランドを代表する芸術家、トーベ・ヤ...

ムーミン展 THE ART AND THE STORY

約500点のムーミンの展示品で魅力を体感
開催スタートまであと11日

大分県立美術館(OPAM)にて、今後開催予定の展覧会

これまでに大分県立美術館(OPAM)で開催された展覧会

古代アンデス文明展

開催期間:

南米大陸の太平洋岸に展開した、時間的にも空間的にもあまりに巨大で複雑な文明の全体像を、私たちはまだほとんど知りません。 時間的...

古代アンデス文明展

巨大で複雑なアンデス文明の全体像に迫る
会期終了

コレクション展Ⅴ「日常へのまなざし」

開催期間:

普段見過ごしがちな何気ない日常の光景に触発されて、創作に励んだ美術家たち。 江戸期の浮世絵には、市井の人々の暮らしぶりがいきい...

コレクション展Ⅴ「日常へのまなざし」

日々の生活の中に息づく美をとらえた作品
会期終了

国立科学博物館・コラボミュージアム in 大分「とりになったきょうりゅうのはなし」-OPAMに…

開催期間:

この冬OPAMでは、国立科学博物館とのコラボレーションにより、恐竜の展覧会を開催します...

国立科学博物館・コラボミュージアム in 大分「とりになったきょうりゅうのはなし」-OPAMに恐竜がやってきた!-

恐竜から鳥への進化をわかりやすく紹介
会期終了

現代アートの宝箱 OPAM利岡コレクション

開催期間:

関西を中心に現代美術の名コレクターとして知られた利岡誠夫さん(1926~2018)。 製薬会社に研究職として勤務しながら、全国各地のギ...

現代アートの宝箱 OPAM利岡コレクション

現代美術の名コレクターた利岡誠夫
会期終了

国宝、日本の美をめぐる 東京国立博物館名品展

開催期間:

東京国立博物館の所蔵品の中より、縄文時代から江戸時代まで、各時代の名品を一堂に会し、紹介します。 縄文土器や埴輪から、江戸時代...

国宝、日本の美をめぐる 東京国立博物館名品展

縄文土器から若冲、北斎の絵画まで一堂に
会期終了

日本モダンの精華 京都国立近代美術館コレクション

開催期間:

1200年以上にわたる歴史を通してわが国の文化の中心として発展してきた京都。この地では伝統と革新が溶け合いながら洗練された美術が育...

日本モダンの精華 京都国立近代美術館コレクション

京都ゆかりの作家たちの名品
会期終了

人間・髙山辰雄展 森羅万象への道

開催期間:

自然と人間とのつながりや、生命の尊厳について思考し、独自の画境を切り拓いた大分市出身の日本画家・髙山辰雄(たかやま たつお 1912...

人間・髙山辰雄展 森羅万象への道

戦後の日本画壇の最高峰として活躍
会期終了

コレクション展Ⅱ「内なるものを見つめて」

開催期間:

コレクション展Ⅱでは、人間の内面を様々に表した作品を通して、心に癒しをもたらす美術の魅力を紹介します。 なぜ、今、内省的な作品...

コレクション展Ⅱ「内なるものを見つめて」

なぜ、今、内省的な作品が必要か。
会期終了

アート&デザインの大茶会 マルセル・ワンダース、須藤玲子、ミヤケマイ

開催期間:

『おおいた大茶会』をテーマに開催される第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障...

アート&デザインの大茶会 マルセル・ワンダース、須藤玲子、ミヤケマイ

センセーショナルな現代版大茶会!
会期終了

コレクション展Ⅰ「くらべる美術」

開催期間:

美術作品には、さまざまな表現があります。 たとえ制作された時代や場所が異なる作品でも、色、形、技法、テーマなど、比較してみると...

コレクション展Ⅰ「くらべる美術」

宇治山哲平、福田平八郎、麻生珠渓など
会期終了

コレクション展Ⅵ「和の心」

開催期間:

普段の生活の中では、つい見過ごされがちな“和風”の魅力。 2013年には、天然の食材や四季折々の季節感を大切にする“和食”が、世界無形...

コレクション展Ⅵ「和の心」

コレクションから厳選して紹介、“和の美”
会期終了

歌心と絵ごころの交わり 二豊路 漂泊の画人 佐藤 溪と俳人 種田山頭火

開催期間:

旅はこれまで多くのアーティストたちにインスピレーションを与えてきました。巡り会うひ...

歌心と絵ごころの交わり 二豊路 漂泊の画人 佐藤 溪と俳人 種田山頭火

作画と詩作による、旅にまつわる創作
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE