世田谷美術館The Setagaya Art Museum

世田谷美術館

世田谷美術館についてABOUT The Setagaya Art Museum

世田谷区用賀駅から石畳の小道を歩いていくと、四季折々の変化が美しい、緑豊かな砧公園がある。その一角に、広大な公園の風景に馴染むように「世田谷美術館」が建つ。隣接のフレンチレストランをつなぐ光を取りこんだ回廊も感じが良い。

1986年3月30日に開館した世田谷美術館は、戦後日本を代表する建築家 内井昭蔵(1933~2002年)の代表作であり、この作品により毎日芸術賞や日本芸術院賞を受賞している。

世田谷美術館では、芸術を“心の健康を維持するもの”として位置づけると同時に、"芸術とは何か"といった根源的なテ-マのもと、分野に偏らない、幅広い視野で企画される展覧会や催し物、講座など様々な活動をとおして、“芸術”との出会いの場を提供している。

また、世田谷区という、他の地域に類を見ないほど芸術家が多く在住している特殊性をいかし、在住作家の作品調査,研究、収集活動を通じ、それらの作品を展覧会などで紹介している。

世田谷美術館は、近現代の作品を中心に、日本国内はもちろん、海外の作品など合わせてこれまで約16,000点の美術作品を収集する。なかでも、素朴派など国内外の近現代の作品や、世田谷区ゆかりの作家の作品はコレクションの大きな柱となっている。また、美食家で、書、器といった様な分野で才能を発揮した北大路魯山人の作品も充実したコレクションとなっている。

<国内外の近現代の作品>

世田谷美術館では、素朴派と呼ばれる作家たちの作品を多く収蔵している。素朴派を代表する画家 アンリ・ルソーは、税関吏とあだなされ、独学で絵の勉強をし、独特な画風で知られています。その他、イタリアの靴職人のオルネオーレ・メテルリなど、素朴派と呼ばれた人々は、画家とは別な職業をもっている人が多く、独学を基本とし、独自の表現世界をつくりあげている。その他、芸術の原点を問う作品を中心に、近代から現代までの優れた美術作品を収集する。

<北大路魯山人の作品>

北大路魯山人(1883-1959)
京都上賀茂に生まれる。書家として、豪商や、素封家の食客として放浪の旅をするうち、食に興味を持つようになる。1919年(大正8年)中村竹四郎と、美術骨董店「大雅堂芸術店」を開業。1921年(大正10年)に、会員制の食堂「美食倶楽部」を始め、料理とともにそれを盛る器も手がけるようになる。1925年(大正14年)には当時日本一の会員制料亭「星岡茶寮」がスタートする。1936年(昭和11年)竹四郎との間に溝が生じ、魯山人は茶寮を追放される。その後は、作陶に没頭し、『雅美生活』、『陶心雅報』、『独歩』などの小冊子を発行するなど多才な才能を発揮した。

世田谷美術館には、魯山人と交流のあった塩田岩治氏が所有されていた魯山人の書画から器まで157件の作品が寄贈されている。

<世田谷ゆかりの作家の作品>

関東大震災以降、世田谷区は鉄道の開通などによって様々な文化人が移り住むようになり、また、広いアトリエを求め、多くの美術作家も世田谷に拠点をおくようになる。彫刻家の菊地一雄、佐藤忠良、舟越保武、本郷新、柳原義達、画家の牛島憲之、須田寿、難波田龍起、向井潤吉らがメンバーの「白と黒の会」など作家同士の交流もさかんであった。二紀会の中心的存在の一人であった画家、宮本三郎も世田谷にアトリエがあり(現在は世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館として開館)、絶筆「假眠」を含む約4000点にのぼる宮本三郎の作品を収蔵している。現在も、絵画、彫刻、工芸、版画、写真といった様々な分野で活躍中の美術家が世田谷に居を構えており、世田谷美術館ではこうした幅広い分野の世田谷ゆかりの作家の作品を収集している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒157-0075東京都世田谷区砧公園1-2 TEL ハローダイヤル:050-5541-8600
世田谷美術館

利用案内INFORMATION

世田谷美術館 公式サイトURL
https://www.setagayaartmuseum.or.jp/
所在地
〒157-0075東京都世田谷区砧公園1-2
TEL ハローダイヤル:050-5541-8600
最寄駅
東急田園都市線「用賀」駅より徒歩17分

東急田園都市線「用賀」駅より美術館行バス「美術館」下車 徒歩3分

小田急線「成城学園前」駅 渋谷駅行バス「砧町」下車 徒歩10分(約5分毎)

小田急線「千歳船橋」駅 田園調布駅行バス「美術館入口」下車 徒歩5分(1時間 2~3本)

東横線「田園調布」駅 千歳船橋行バス「美術館入口」下車 徒歩5分(1時間 2~3本)
開館時間
開館時間 10:00〜18:00
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
祝・休日の時はその翌平日、年末年始(12月29日~1月3日) ただし、展示替の期間中は、企画展・ミュージアム コレクション展示室の両方を閉める場合があります
入館料・観覧料
<ミュージアム コレクション>
一般 200円(160円)
大高生 150円(120円) 
小中生・65歳以上 100円(80円)
※中・小生は土曜、日曜、祝・休日及び夏休み期間は無料
※( )内は、団体は20名以上(事前にご連絡下さい。)
(但し、企画展によっては、ミュージアム コレクションをお休みする場合もあります。)

<企画展>
規模内容等に応じてその都度設定
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※障害者手帳をお持ちの方は企画展の観覧料が割引になります
※また介護の方は無料で入場頂けます(当該障害者一人につき一人に限ります)
※さらに障害者手帳をお持ちの学生(大学生以下)は無料になります
※なお、視覚障害者の方へ口頭による鑑賞ガイドを当館のボランティアが承ります。ご希望の日程の一週間くらい前までに美術館教育普及課までお問合せください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
せたがやびじゅつかん

世田谷美術館についての感想・評価REVIEWS

3.0

開放感

平日に訪問。入口で消毒、検温、氏名等の記入がありました。天気のせいかほとんど人はいませんでした。無料ということと、あまり聞いたことのない展示?ですので戸惑いました。最初の扇形の部屋と次の広い展示室は窓が全開になっていて、緑が美しく映えています。美術館はこんなに広いのか、と思いました。次の2部屋は過去の展覧会等の標示物やパンフレットなど。めったに見られない美術館の姿は新鮮でした。ちょっと物足りないですが無料だからいいか、と。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)

感想・評価を投稿する

世田谷美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

ミュージアム コレクションⅡ その1 吹田文明と版画集『東京百景』

ミュージアム コレクションⅡ その1 吹田文明と版画集『東京百景』

開催中

会期:

本展はご招待チケットプレゼント中!
版画集『東京百景』は、1989年から19...

ミュージアム コレクションⅡ その2 再読!! 5つの物語――美術が語る夢と現実

ミュージアム コレクションⅡ その2 再読!! 5つの物語――美術が語る夢と現実

開催中

会期:

本展はご招待チケットプレゼント中!
2016年の「コレクションの5つの物語...

世田谷美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに世田谷美術館で開催された展覧会

作品のない展示室

作品のない展示室

会期終了

会期:

私たちは、これまでに経験したことのない大厄災の時を迎えています。 社会の隅々まで影響がおよぶなかで、世界中の美術館が、美術館本来の在り方を問い、展覧会等...

ミュージアム コレクションⅠ 気になる、こんどの収蔵品 ―作品がつれてきた物語

ミュージアム コレクションⅠ 気になる、こんどの収蔵品 ―作品がつれてきた物語

会期終了

会期:

本展は、2013年8月から2014年1月にかけて開催した同タイトルの展覧会の続編です...

驚異の三人!! 高松次郎・若林奮・李禹煥 ―版という場所で

驚異の三人!! 高松次郎・若林奮・李禹煥 ―版という場所で

会期終了

会期:

日本の現代美術を語るうえで常に重要な位置を占める、高松次郎(たかまつじろう 1936-1998)、若林奮(わかばやしいさむ 1...

村井正誠 あそびのアトリエ

村井正誠 あそびのアトリエ

会期終了

会期:

洋画家・村井正誠(むらいまさなり 1905-1999)は、戦前は新時代洋画展や自由美術家協会、戦後はモダンアート協会の創立メンバーとして、画壇に新風を送り続けた抽...

奈良原一高のスペイン ―約束の旅

奈良原一高のスペイン ―約束の旅

会期終了

会期:

1950年代後半、極限状況での生を見つめる〈人間の土地〉や〈王国〉などのシリーズによって、戦後日本の新しい写真表現を切り開いた奈良原一高(1931-)。本展では、こ...

チェコ・デザイン 100年の旅

チェコ・デザイン 100年の旅

会期終了

会期:

チェコ共和国と日本の関係は、オーストリア=ハンガリー帝国の一部であった時代から、二つの大戦を挟んで現在に至るまで意外に深いものがあります。 後に初代大統...

高橋秀+藤田桜 ― 素敵なふたり

高橋秀+藤田桜 ― 素敵なふたり

会期終了

会期:

ちょっと心がくすぐられる、生命感あふれる有機的なフォルムの作風で知られる高橋秀(1930- )。布を自在に使った愛らしく表情豊かな作品で、雑誌の表紙絵や絵本を手...

ある編集者のユートピア 小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校

ある編集者のユートピア 小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校

会期終了

会期:

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追...

田沼武能写真展 東京わが残像 1948-1964

田沼武能写真展 東京わが残像 1948-1964

会期終了

会期:

田沼武能(たぬまたけよし 1929-)は東京写真工業専門学校(現・東京工芸大学)を卒業後サン・ニュース・フォトス社に入り...

ブルーノ・ムナーリ――役に立たない機械をつくった男

ブルーノ・ムナーリ――役に立たない機械をつくった男

会期終了

会期:

イタリアの画家にして、デザイナー、さらには絵本を多数制作し、子どものための造形教育にも力を注いだ、ブルーノ・ムナー...

民家の画家 向井潤吉 人物交流記

民家の画家 向井潤吉 人物交流記

会期終了

会期:

1945年以降、約40年間にわたって草屋根の民家を描き続けたことで知られる向井潤吉は、1901年に京都に生まれ、1933年からは世田谷区弦巻にアトリエを構え、制作を重...

没後40年 濱田庄司展 大阪市立東洋陶磁美術館 堀尾幹雄コレクションを中心に

没後40年 濱田庄司展 大阪市立東洋陶磁美術館 堀尾幹雄コレクションを中心に

会期終了

会期:

濱田庄司(はまだしょうじ 1894-1978)は、民芸陶器で第1回重要無形文化財保持者...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE