京都市京セラ美術館Kyoto city KYOCERA Museum of Art

京都市京セラ美術館

撮影:来田猛

京都市京セラ美術館についてABOUT Kyoto city KYOCERA Museum of Art

京都市京セラ美術館、は1933年(昭和8年)、京都市左京区の岡崎の地に、「大礼記念京都美術館」として開館。第二次世界大戦後には「京都市美術館」として活動してきた。

開館以来、85年間、東山を背景にしたクラシカルな外観の建物として、で現存する日本で最も古い公立美術館建築として知られてきた。

平成29年4月10日より、リニューアル工事を行い、建築家 青木淳・西澤徹夫によって、竣工当時のデザインを活かしながら現代的な要素を加え、清新なイメージで「故」と「新」の位相を融合させて、新しい美術館として2020年3月に再オープンした。

今後は、現代アートに対応した新館「東山キューブ」や、高機能化された本館の陳列室において京都画壇の名品を中心に紹介する「コレクションルーム」、新進作家を支援する「ザ・トライアングル」などから、伝統と革新が交わり進化する「京都」を体現するような、様々な時代・ジャンルの芸術を発信していく。

また、「学び合い」をキーワードにしたラーニング・プログラムや、憩いの場やイベント空間となる「京セラスクエア」や屋上テラスなどのパブリックスペース、カフェやショップなどが新たに設けられた。

主な収蔵作家に、富岡鉄斎(とみおか てっさい)、竹内栖鳳(たけうち せいほう)、橋本関雪(はしもと かんせつ)、村上華岳(むらかみ かがく)、上村松園(うえむら しょうえん)、土田麦僊(つちだ ばくせん)、中村大三郎(なかむら だいざぶろう)、入江波光(いりえ はこう)、太田聴雨(おおた ちょうう)、神坂雪佳(かみさか せっか)、川端玉章(かわばた ぎょくしょう)、北野恒富(きたの つねとみ)、小林古径(こばやし こけい)など。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

京都市京セラ美術館
〒606-8344京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124 TEL 075-771-4334

利用案内INFORMATION

京都市京セラ美術館 公式サイトURL
https://kyotocity-kyocera.museum/
所在地
〒606-8344 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
TEL 075-771-4334
最寄駅
地下鉄東西線「東山」駅下車徒歩10分

バスでは「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

京阪「三条」駅下車、「三条京阪前」バス停から 市バス5系統岩倉行き、又は岡崎ループにて約5分
京阪「祇園四条」駅下車、「四条京阪前」バス停から 市バス46系統平安神宮行きにて約10分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日の場合は開館
※年末年始
入館料・観覧料
<コレクションルーム>
一般※
1京都市内在住の方:520円
市外在住の方:730円
団体(20名以上):620円

小中高生等
京都市内在住の方:無料※2
市外在住の方:300円
団体(20名以上):200円

小学生未満 無料

※1 京都市在住の70歳以上の方(敬老乗車証等の提示で確認)、障害者手帳等を提示の方は無料です。京都市キャンパス文化パートナーズに登録している京都の大学に通学する学生の観覧料は100円です。
※2 京都市在住または通学の小中高生等
※1、2については確認できるものを要提示

<企画展・別館>
※展覧会ごとに料金が異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
きょうとしきょうせらびじゅつかん

京都市京セラ美術館についての感想・評価REVIEWS

5.0

不思議な空間

リニューアル後は数回しか体験していなく、新鮮なので、感想を残します。 
建築の内装自体を体験/体感するだけでも、現代、建設当初を交差して、体験できる不思議な雰囲気を覚えました。

特に、場所/部屋により、光が異なり、一つの美術館ですが、別の場所を行き来するのが興味深いです。

もちろん、展示自体も、多様で、楽しみが増えました。
(少し前の内容ですが、修正、更新しました)。

THANKS!をクリックしたユーザー
tonoさん、他1人

5.0

美しく、広く、楽しい

リニューアル工事が終わってからあまり経過してないのでとても綺麗です。新旧がうまく融合されていて、レトロな雰囲気もしっかり残っています。
そして、広い!
なので、トイレはいろんな所にあり、休憩用の椅子もあちこちにあり、リターン式のコインロッカーに至ってはこんな場所にまでと驚かされました。使用した場所をしっかり覚えておかねば…
エレベーターもありますが階段があちこちにたくさんあり、こことここが繋がるのかと把握するまでがたいへん。履きなれた靴で行くのがおすすめです。
展示室数も多いのでいろんな展示会を同時に見れます。教室や大学の制作展もやっていて、無料でも観覧できるのがありがたいです。

 有料の展覧会は注意が必要です。招待券を持ってる人やお子さん、身体に障害のある方など、無料の方でもカード型のチケットがいります。
展示会の出入口が駅の改札機のようにかざして通るシステムになっているのです。一人につき一枚必要です。子どもでも必要でした。引き換えを忘れるとチケットブースまで戻らないといけません。違うフロアなので手間がかかります。出口でも必要なので失くさないように。
 引き換えが必要だとは掲示されていなかったので、本当に注意してくださいね。無料の展示会は必要なかったです。分からないときは、チケットブースに並ぶ方が確実かも。

友の会の特典についての補足説明。
 主なものに主催展、共催展(例外もあるらしい)を無料観覧というのがあります。
この特典なんですが、他館でも無料、優待料金になったりします。
京都国立近代美術館、京都国立博物館、京都文化博物館、細見美術館はたまに例外がありますが団体料金になります。
また百貨店の展覧会も無料だったり、割引になったりします。
バスツアーもあるらしいので、楽しみですね。

THANKS!をクリックしたユーザー
tonoさん、Sunriseさん、シンディさん、Audreyさん、他1人

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

京都市京セラ美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

平成美術:うたかたと瓦礫 1989–2019

平成美術:うたかたと瓦礫 1989–2019

開催中

会期:

京都市京セラ美術館の新館「東山キューブ」では、1980年代後半より現代美術について鋭い批評活動を継続的に行なっている美...

国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話

国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話

開催予定

会期:

本展はご招待チケットプレゼント中!
ベルリン国立博物館群はヨーロッパ最大級の規模と質の高さを誇る総合博物館と...

25周年記念 るろうに剣心展

25周年記念 るろうに剣心展

開催予定

会期:

本展はご招待チケットプレゼント中!
幕末から明治へと移り変わる激動の時代のなか、“不殺(ころさず)”の誓いを立て、逆刃刀を手に流浪の旅を続けていた主人公...

日本博/紡ぐプロジェクト 特別展 京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―

日本博/紡ぐプロジェクト 特別展 京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―

会期: 2020年4月28日(火)〜6月21日(日) ⇒ 開催中止

日本の宝、世界へ、未来へ。 本展は、古代より育まれてきた日本人の自然への畏...

THE ドラえもん展 KYOTO 2020

THE ドラえもん展 KYOTO 2020

会期: 2020年7月4日(土)~8月30日(日) ⇒ 開幕延期

新館「東山キューブ」での展覧会第2弾として「THE ドラえもん展 KYOTO 2020」を開催します。本展は、現代アートの最前線で活躍する28組のアーティストによるドラえ...

 ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト

ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト

会期: 2020年9月19日(土)~1月3日(日) ⇒ 開催延期

N.Y.ポップアートの旗手 ”アンディ・ウォ-ホル” 大回顧展、2020年、京都初にして単独開催が遂に決定 1960年代のニューヨ...

京都市京セラ美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに京都市京セラ美術館で開催された展覧会

ザ・トライアングル 荒木優光:わたしとゾンビ

ザ・トライアングル 荒木優光:わたしとゾンビ

会期終了

会期:

音響アーティストの荒木優光は、音楽やフィールドワークを起点とした作品を劇場で上演するほか、インスタレーションとして...

京都市京セラ美術館開館記念展 京都の美術 250年の夢 第1部~第3部 総集編

京都市京セラ美術館開館記念展 京都の美術 250年の夢 第1部~第3部 総集編

会期終了

会期:

日本文化の伝統と創造の中心地である京都が誇る美術の歴史。 江戸から明治、昭...

京都市京セラ美術館開館記念展 杉本博司 瑠璃の浄土

京都市京セラ美術館開館記念展 杉本博司 瑠璃の浄土

会期終了

会期:

京都市京セラ美術館に新たにオープンする新館「東山キューブ」における開館記念展として、国際的に活躍するアーティスト、...

京都の美術250年の夢 最初の一歩:コレクションの原点

京都の美術250年の夢 最初の一歩:コレクションの原点

会期終了

会期:

京都市美術館のコレクションの「最初の一歩」がどのような内容であったのか、87年の歴史を遡って紹介する特別企画です。 ...

美術館リ・ボーンに向けて『市展・京展80年記念展』2016京展

美術館リ・ボーンに向けて『市展・京展80年記念展』2016京展

会期終了

会期:

「京展」は京都市主催の総合公募展です。日本画、洋画、工芸、彫刻、版画、書の6部門にわたって入選、入賞した作品を展示...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE