美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

彫刻の森美術館THE HAKONE OPEN-AIR MUSEUM

彫刻の森美術館

彫刻の森美術館についてABOUT THE HAKONE OPEN-AIR MUSEUM

彫刻の森美術館は、1969年に彫刻家である井上武吉の設計により開館した、国内ではじめての野外美術館(オープンエアーミュージアム)である。姉妹館の美ヶ原高原美術館とともに、公益財団法人彫刻の森芸術文化財団によって運営されている。

箱根の山々が望める7万㎡の緑豊かな庭園に、 近・現代を代表する彫刻家の名作約120点が常設展示されており、思い思いに芸術とふれあうことができる。ヘンリー・ムーアやマルタ・パン、佐藤忠良、ジャコモ・マンズーほか、室内展示には、ブランクーシ、ジャコメッティの名作など、名だたる芸術家、彫刻家の作品が展示されている。

また、20世紀を代表するスペインの芸術家パブロ・ピカソの作品を専門としたピカソ館は、1984年に日本で初めて開館した。ピカソが65歳から熱中して制作した陶芸作品を中心に多彩な所蔵作品300点余りを順次公開している。

2012年には、ファッションデザイナーの森英恵が館長に就任している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒250-0493 神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121  TEL 0460-82-1161
彫刻の森美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

彫刻の森美術館 公式サイトURL
http://www.hakone-oam.or.jp/
所在地
〒250-0493 神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121
TEL 0460-82-1161
最寄駅
<電車>
小田原駅→箱根湯本駅→箱根登山鉄道「彫刻の森」駅下車、徒歩2分

<バス>
小田原駅→箱根湯本駅→箱根登山バス、伊豆箱根バス「二の平入口」下車、徒歩5分
箱根登山観光施設めぐりバス「彫刻の森美術館」下車
開館時間
開館時間 09:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
年中無休 
入館料・観覧料
一般 1600円(1400円)
大学生・高校生 1200円(700円)
中学生・小学生 800円(500円)
※( )内20名以上団体割引
※100名以上団体割引あり

入館料・観覧料についての追記事項
※障害者手帳をお持ちの方は、
一般 1000円
大学生・高校生 700円
中学生・小学生 500円
割引クーポン
http://www.hakone-oam.or.jp/corefiles/ticket.html
美術館名 よみがな
ちょうこくのもりびじゅつかん

彫刻の森美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

彫刻の森美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中彫刻の森美術館開館50周年記念イベント ちょうこくの森アートライヴ2019

会期:

開館50周年を記念して、来館者参加型イベント「ちょうこくの森アートライヴ2019」を開催します。 ...

彫刻の森美術館開館50周年記念イベント ちょうこくの森アートライヴ2019

開催中ピカソの挑戦~かたちの変貌~

会期:

彫刻の森美術館(神奈川県箱根町、館長:森英恵)は、開館50周年記念事業としてピカソ館の全面リニューアルを行い、7月27日(土)より一般公開します。 ピカソ館は、20世紀を代表するスペインの芸術家パブロ...

ピカソの挑戦~かたちの変貌~

これまでに彫刻の森美術館で開催された展覧会

会期終了「ピカソ・コレクション」展

会期:

彫刻の森美術館所蔵のピカソ作品は319点を数えます。ピカソの娘であるマヤ・ピカソから購入した陶芸作品を中心に、絵画や彫刻、タピスリー、ジェマイユ、金銀オブジェなど多様な技法の作品が揃っています...

「ピカソ・コレクション」展

会期終了コレクション展 「彫刻−ムーアとロッソを中心に」

会期:

「彫刻は野外の芸術である」と語ったヘンリー・ムーア。彫刻の概念や表現の幅を広げたメダルド・ロッソ。20世紀彫刻の要となる二人の作家を中心に、ア...

コレクション展 「彫刻−ムーアとロッソを中心に」

会期終了鈴木康広 始まりの庭

会期:

彫刻の森美術館では、現代の新しい創作表現を紹介するシリーズの第7回として、「鈴木康広 始まりの庭」を開催いたします。 鈴木康広は、何気ない自然現象を見つめ直し、新たな感覚で翻訳した作品を制作...

鈴木康広 始まりの庭

会期終了篠山紀信写真展 KISHIN meets ART

会期:

1950年代後半から今日まで、第一線を走り続ける写真家、篠山紀信。ヌードや都市風景、スターたちのポートレイトなど、次々と発表される写真は時に物議を醸し、彼の用いた「激写」は流行語にもなりました...

篠山紀信写真展 KISHIN meets ART

会期終了横尾忠則 迷画感応術

会期:

横尾忠則によって独特の世界観が加味された様々な芸術家を主題としています。独学で絵画を習得した横尾芸術の本質は、5歳の時に写した「講談社の絵本」にあった宮本武蔵の絵に始まり、多種多様なイメージ...

横尾忠則 迷画感応術

会期終了淺井裕介-絵の種 土の旅

会期:

現代の新しい創作表現を紹介するシリーズの第6回として、「淺井裕介 ー 絵の種 土の旅」展を開催します。 淺井裕介は、土や埃、道路の白線など身近な素材を用いてさまざまな場所で絵画制作をしている作...

淺井裕介-絵の種 土の旅

会期終了笹口悦民写真展 無言の恍惚

会期:

笹口悦民は、多くを語らない。物静かな写真家だ。そして、そんな笹口の撮る写真もまた、過剰なメッセージを発してはいない。ドラマチックなライティングを得意とし、多彩な光に満ちている写真でさえ、そ...

笹口悦民写真展 無言の恍惚

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE