美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

群馬県立近代美術館THE MUSEAM OF MODERN ART,GUNMA

群馬県立近代美術館

群馬県立近代美術館についてABOUT THE MUSEAM OF MODERN ART,GUNMA

群馬県立近代美術館は、群馬県高崎市に1974年10月に開館した、群馬の森公園内に位置する県立美術館である。美術館設立運動に携わってきた井上房一郎の推薦で、磯崎新が設計を担当した。

磯崎による設計案は、120cmを基準としたフレームの集合体が美術作品を取り巻く額縁のような空洞として想定されており、建築自体は、ルイス・カーンのインスティテューション論(形態と機能のシステム論)の影響が強く、プラトン立体(正多面体)の建築的引用ということもできる。また細部をみると、カーンの他、ロシア構成主義など様々な建築言語からの引用も見て取れる。 磯崎新は、1975年、群馬県立近代美術館の設計によって日本建築学会賞を受賞した。

1994年にはミュージアムショップやレストランを拡充、1998年には現代美術棟を増築している。2005年12月から大規模な改修工事を経て、2008年4月にリニューアルオープンしている。

群馬県立近代美術館の収蔵作品は、群馬県ゆかりの作家たちの作品、日本の近代美術、海外の近代美術、日本と中国の古美術を中心とした戸方庵井上コレクション、そして現代美術のコレクションなど、約1900点にのぼる。

群馬県ゆかりの作家たちには、湯浅一郎、横堀角次郎、福沢一郎、南城一夫、山口薫、鶴岡政男、オノサト・トシノブ、藤牧義夫、小室翠雲、岸浪百艸居、礒部草丘、高橋常雄、大沢雅休など。
日本近代美術コレクションには、安井曾太郎、岸田劉生、中川一政、長谷川利行、前田寛治、佐伯祐三、岡鹿之助、牛島憲之、森田恒友、安田靫彦、志村ふくみなど。
海外近代美術コレクションには、ゴヤ、ピサロ、モネ、ルノワール、モロー、ルドン、ムンク、ルオー、ピカソ、ローランサン、シャガール、デュフィ、ロダン、マイヨール、ブールデル、ザッキン、ムーア、ヘップワースなど。
戸方庵井上コレクションに、金大受、伝蛇足、雪村周継、長谷川宗宅、伝俵屋宗達、作者不詳、円山応挙、谷文晁、浦上玉堂など。
現代美術コレクションには、岡田謙三、斎藤義重、マッタ、ルイス、菅井汲、今井俊満、上田薫、宮脇愛子、李禹煥、シシリア、福田美蘭、押江千衣子など。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒370-1293 群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内  TEL 027-346-5560
群馬県立近代美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

群馬県立近代美術館 公式サイトURL
http://mmag.pref.gunma.jp/
所在地
〒370-1293 群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
TEL 027-346-5560
最寄駅
JR高崎線・湘南新宿ラインまたは上越・北陸新幹線
高崎駅

JR高崎駅東口より市内循環バスぐるりん「群馬の森線」9系統(約38分)、10系統(約26分)、または「岩鼻線」15系統(約25分)で、いずれも「群馬の森」下車
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日の場合はその翌日
8月13日、10月28日、11月25日、12月9日、12月16日は開館
※年末年始(12/17~1/17)、このほか展示替等のため、休館する場合があります
入館料・観覧料
<企画展示>
展覧会によって異なります。
各展覧会の観覧料はこちらをご覧ください。

<コレクション展示>
一般 300円(240円)
大高生 150円(120円)
※( )内は、20名以上の団体割引料金
入館料・観覧料についての追記事項
※次の場合は、無料で観覧できます
中学生以下の方
障害者手帳等をお持ちの方とその介護者の方1名
群馬県民の日(10月28日)に観覧される方
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ぐんまけんりつきんだいびじゅつかん

群馬県立近代美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

群馬県立近代美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中没後70年 森村酉三とその時代

会期:

群馬県出身の鋳金工芸家、森村酉三(1897-1949)は、東京美術学校で学んだ技術を生かし、植物文や花で飾られた花瓶を制作、鳥や動物をモチーフとしたモダンな作品で帝展や文展に入選を重ねる傍ら、人物の...

没後70年 森村酉三とその時代

これまでに群馬県立近代美術館で開催された展覧会

会期終了 長島有里枝×竹村京「まえ と いま」

会期:

短編集『背中の記憶』(講談社、2009年)に登場する長島有里枝(1973- )の祖父母は、群馬県高崎市出身です。 長島はその祖母が撮った古い花の写真を...

 長島有里枝×竹村京「まえ と いま」

会期終了くまのパディントン™展

会期:

イギリスを代表する児童文学「パディントン」シリーズは、1958年、作家マイケル・ボンド氏によって誕生しました。 その後、40以上の言語に翻訳・出版されるとともに、絵本・アニメ・映画やぬいぐるみな...

くまのパディントン™展

会期終了群馬青年ビエンナーレ2019

会期:

16歳から30歳までの若い世代を対象とした公募展です。今回で14回目の開催となります。 ジャンルを問わず全国から募集した作品を審査し、入賞および入選作品を展示します。 平面、立体、映像、インスタ...

群馬青年ビエンナーレ2019

会期終了パリ世紀末ベルエポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展

会期:

ベル・エポックと呼ばれる19世紀末から20世紀はじめの華やかなパリでスターとして君臨した女優サラ・ベルナール(1844-1923)は、自身のイメージ戦略を打...

パリ世紀末ベルエポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展

会期終了サンダーソンアーカイブ ウィリアム・モリスと英国の壁紙展-美しい生活を求めて

会期:

産業革命により大量生産品があふれた19世紀後半のイギリスにおいて、ウィリアム・モリス(1834-96)...

サンダーソンアーカイブ ウィリアム・モリスと英国の壁紙展-美しい生活を求めて

会期終了生誕150年 湯浅一郎 明治元年、上州安中生まれの最初の洋画家

会期:

明治元年、近代の夜明けを告げるその年に一人の画家が現在の群馬県安中市で生を受けました。 その名は湯浅一郎(1868-1931)。醤油味噌醸造販売を営む...

生誕150年 湯浅一郎 明治元年、上州安中生まれの最初の洋画家

会期終了永遠の至福を求めて MIHO MUSEUMの名品 古代オリエント・エジプト・ギリシア・中国コレクションの…

会期:

本展覧会では、MIHO MUSEUM コレクションの中から、特に古代オリエント・エジプト・ギリシア・中国...

永遠の至福を求めて MIHO MUSEUMの名品 古代オリエント・エジプト・ギリシア・中国コレクションの世界

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE