彫刻の森美術館 開館55周年記念
舟越桂 森へ行く日

彫刻の森美術館

  • 開催期間:2024年7月26日(金)~2024年11月4日(月・振)
  • クリップ数:14 件
彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日 彫刻の森美術館-1
彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日 彫刻の森美術館-2
彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日 彫刻の森美術館-3
彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日 彫刻の森美術館-4
彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日 彫刻の森美術館-5
彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日 彫刻の森美術館-6
彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日 彫刻の森美術館-7
彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日 彫刻の森美術館-8
《樹の水の音》2019年
楠に彩色、大理石
西村画廊蔵
Photo: 今井智己
© Katsura Funakoshi Courtesy of Nishimura Gallery
※この写真は所蔵者の許可を得て撮影しています。実際の展示風景と異なります。
《樹の水の音》2019年
楠に彩色、大理石
西村画廊蔵
Photo: 岡野 圭
© Katsura Funakoshi Courtesy of Nishimura Gallery
《海にとどく手》2016年
楠に彩色、大理石、雑木
西村画廊蔵
Photo: 齊藤さだむ
© Katsura Funakoshi Courtesy of Nishimura Gallery
《遠い手のスフィンクス》2006年
楠に彩色、大理石、革、鉄
高橋龍太郎コレクション蔵
Photo: 内田芳孝  
© Katsura Funakoshi Courtesy of Nishimura Gallery
《DR1002》2008年
紙にアクリル
J. Suzuki蔵
© Katsura Funakoshi Courtesy of Nishimura Gallery
《「私は街を飛ぶ」のためのドローイング》2022年
紙にオイルパステル
Photo: 後藤渉
《あの頃のボールをうら返した。》2019年
革、糸、楠、バネ、水彩、鉛筆
Photo: 今井智己
舟越桂
彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日 彫刻の森美術館-1
彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日 彫刻の森美術館-1
彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日 彫刻の森美術館-1
彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日 彫刻の森美術館-1
彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日 彫刻の森美術館-1
彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日 彫刻の森美術館-1
彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日 彫刻の森美術館-1
彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日 彫刻の森美術館-1

こちらの展覧会は、ご招待チケットプレゼントがあります。詳細はこちら ↓

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

遠くを見つめるまなざしを持った静かな佇まいの人物像で知られる彫刻家 舟越桂。生涯を通じて人間とは何かを問い続けた彫刻家の作品の変遷とその創作の源となる視線に迫ります。

聖母子像や性別を感じさせない静謐な空気をまとった人物像は、その後、人間という存在の大きさや不思議さを象徴する山のようなイメージの人物像や、「祈り」の思いや行為に人間の姿を与えたという考えに至った「水に映る月蝕」(2004年)、そして東日本大震災がきっかけとなって制作された「海にとどく手」(2016年)、さらに両性具有の身体と長い耳を持った、人間を見つづける存在としての「スフィンクス」へ辿り着きます。一貫して人間の存在をテーマにしながら、様々に変容を遂げる作品を舟越は自ら「心象人物」と名付けました。

「手と目と頭を使って人間の像を作ることで、思考だけでの理解を越えて、人間を把握することに変わっていかないだろうか。その時間のつみかさねで、私も人間について考えていると思いたい。」
ーー『言葉の降る森』角川書店

具体的には目に見えない、しかし現実に人間がその回りに抱える問題、祈りや思いなどに人間の姿を与えながら、人間について考えることで舟越は「人は皆それぞれ、たった一度の人生を生きていく初めての存在なのだ」ということを証明するための物語を紡ぎ出そうとしていたのではないでしょうか。本展が、自分と出会う場として、自分と向き合う時間として、皆様に届くことを願っております。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2024年7月26日(金)~2024年11月4日(月・振)
会場 彫刻の森美術館 Google Map
住所 神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121
時間 9:00~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 年中無休 
観覧料 大人 2,000円
大学・高校生 1,600円
中学・小学生 800円
未就学児 無料
  • ※Webチケット割引、団体割引、障害者割引あり
    ※学生の方は証明書を要提示
TEL0460-82-1161
URLhttps://www.hakone-oam.or.jp/specials/2024/katsurafunakoshi/
割引券http://www.hakone-oam.or.jp/corefiles/ticket.html

彫刻の森美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

彫刻の森美術館 彫刻の森美術館

ご招待チケットプレゼントINVITATION TICKET GIFT

こちらの展覧会は、5組10名様にご招待チケットがございます。鑑賞後に当サイトの【感想・評価】のほか【鑑賞レポート】や【アートブログ】へのご投稿をお寄せいただける方を優先にプレゼントさせていただいております。

この展覧会のご招待チケットに応募する

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
神奈川県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

《樹の水の音》2019年
楠に彩色、大理石
西村画廊蔵
Photo: 今井智己
© Katsura Funakoshi Courtesy of Nishimura Gallery
※この写真は所蔵者の許可を得て撮影しています。実際の展示風景と異なります。

《樹の水の音》2019年
楠に彩色、大理石
西村画廊蔵
Photo: 岡野 圭
© Katsura Funakoshi Courtesy of Nishimura Gallery

《海にとどく手》2016年
楠に彩色、大理石、雑木
西村画廊蔵
Photo: 齊藤さだむ
© Katsura Funakoshi Courtesy of Nishimura Gallery

《遠い手のスフィンクス》2006年
楠に彩色、大理石、革、鉄
高橋龍太郎コレクション蔵
Photo: 内田芳孝  
© Katsura Funakoshi Courtesy of Nishimura Gallery

《DR1002》2008年
紙にアクリル
J. Suzuki蔵
© Katsura Funakoshi Courtesy of Nishimura Gallery

《「私は街を飛ぶ」のためのドローイング》2022年
紙にオイルパステル
Photo: 後藤渉

《あの頃のボールをうら返した。》2019年
革、糸、楠、バネ、水彩、鉛筆
Photo: 今井智己

舟越桂

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE