美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

FEATURE

アートコラム

家康の遺品を中核として、尾張徳川家の伝来品・大名道具の数々を所蔵する名古屋市の美術館と「瀬戸物(せともの)」という呼び名の由来となった焼き物の街・瀬戸市へ、アートな旅で「愛知」の魅力に迫る

家康の遺品を中核として、尾張徳川家の伝来品・大名道具の数々を所蔵する名古屋市の美術館と「瀬戸物(せともの)」という呼び名の由来となった焼き物の街・瀬戸市へ、アートな旅で「愛知」の魅力に迫る
国宝 源氏物語絵巻 橋姫 絵 徳川美術館蔵 ※現在は展示されていません。
徳川美術館にて開催中(2018年12月16日まで)の「特別展 源氏物語の世界―王朝の恋物語―」より

PAGE TOPPAGE TOP