展覧会の感想・評価一覧

リニューアル・オープン記念展 Ⅰ ART in LIFE, LIFE and BEAUTY

4.0

工芸品が多い

平日の開館と共に訪問。検温と手指の消毒をして館内に入ります。生活の中の美がテーマの収蔵品展です。前半の化粧道具の数々は手が混んでおり、細かい部分もしっかりと表現されていて飽きま… Read More

開校100年 きたれ、バウハウス ― 造形教育の基礎 ―

4.0

バウハウスを俯瞰的に感じることができる展覧会

バウハウスの指導者たちの教育理念はもとより生徒たちに課した具体的な課題内容など、興味深く見ることができる展来会であった。デザイン、芸術、工芸の教育の礎であったことを改めて感じた。

開校100年 きたれ、バウハウス ― 造形教育の基礎 ―

5.0

多彩なバウハウス

工芸、写真、デザイン、美術、建築など総合的な教育を行っていた、多彩なバウハウスを知ることができ、勉強になりました。
ナチスの弾圧により、閉鎖されたのは残念ですが、現代にあっても… Read More

特別展 よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―

4.0

1300年前の鮮やかな姿が蘇る。再現への思いも伝わります。

コロナ禍の今年は当然のことながら、恒例の「正倉院展」の開催は難しい。
気にはなっていたが、8月に入って経由地の大阪の感染者数がどんどん増え、それに連日の酷暑で出かける気が削がれ、… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
シンディさん、Audreyさん
ショパン―200年の肖像

ショパン―200年の肖像

静岡市美術館|静岡県

会期:

4.0

真実のショパン

ショパン200年の肖像を観賞してきました。幸いな事に講演会「ショパン その生い立ちと人となり」も参加出来ることになり、第4楽章 楽譜 手紙というコーナーが印象的で、講演もショパンの… Read More

開校100年 きたれ、バウハウス ― 造形教育の基礎 ―

4.0

勉強になりました

バウハウスは、専門家(職人)の学校、くらいのイメージでしたので、クレーやカンディンスキーが教鞭をとってた、日本人も数人が学んでいたと知って、びっくり。とても勉強になりました。道… Read More

開館10周年記念 画家が見たこども展― ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、 ヴァロットン

5.0

子供の服装に注目

入口で検温、体調の確認、アルコール消毒のコロナ対策があり、予約の人数も少なめのようで(こんなに空いている三菱一号館美術館は初めて)、安心してゆっくり鑑賞させていただきました。
Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
chiyokiさん
特別展 みやびの色と意匠 公家服飾から見る日本美

5.0

色重ねが素敵でした

期待以上に素敵な企画展です。昔から装束が変化してきたこと、地位によって色が決まっていたこと、微妙な色の違いをきちんと表す呼び方があることなどなど、学ぶことだらけでした。
この展… Read More

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE