美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

三菱一号館美術館Mitsubishi Ichigokan Museum

三菱一号館美術館

三菱一号館美術館についてABOUT Mitsubishi Ichigokan Museum

煉瓦造りのシンメトリカルな西洋建築が美しい「三菱一号館」は、1894年(明治27年)、開国間もない日本政府が招聘した英国人建築家ジョサイア・コンドルによって設計された。全館に19世紀後半の英国で流行したクイーン・アン様式が用いられている。ジョサイア・コンドルは、鹿鳴館なども設計しており、「日本の近代建築の父」と呼ばれている。

当時は、館内に三菱合資会社の銀行部が入っていたほか、階段でつながった三階建ての棟割の物件が事務所として貸し出されていた。この建物は老朽化のために1968年(昭和43年)に解体されたが、40年あまりの時を経て、コンドルの原設計に則って同じ地によみがえった。

復元に際しては、明治期の設計図や解体時の実測図の精査に加え、各種文献、写真、保存部材などに関する詳細な調査が実施された。また、階段部の手すりの石材など、保存されていた部材を一部建物内部に再利用したほか、意匠や部材だけではなく、その製造方法や建築技術まで忠実に再現するなど、さまざまな実験的取り組みが行われている。

19世紀末に日本の近代化を象徴した三菱一号館は、2010年(平成22年)春、三菱一号館美術館として生まれ変わった。

これまで、マネ、カンディンスキー、ロートレック、ルドン、ルノワール、ヴァロットンなどのヨーロッパ近現代美術、その他にも、浮世絵や日本の伝統的な染めの道具「型紙」などの展示を行っている。

コレクションは、建物と同時代の19世紀末西洋美術を中心に、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック、オディロン・ルドン、フェリックス・ヴァロットン作品等を収蔵している。

また、三菱一号館美術館内には、二層吹き抜けの開放感溢れる作りのレストランCafe1894があるが、こちらは、かつて銀行営業室として利用されていた空間が再現されている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2  TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
三菱一号館美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

三菱一号館美術館 公式サイトURL
http://mimt.jp/
所在地
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
JR「東京」駅(丸の内南口)徒歩5分
JR「有楽町」駅(国際フォーラム口)徒歩6分
東京メトロ千代田線「二重橋前」駅(1番出口)徒歩3分
東京メトロ有楽町線「有楽町」駅(D3/D5出口)徒歩6分
都営三田線「日比谷」駅(B7出口)徒歩3分
東京メトロ丸の内線「東京」駅(改札口・地下道直結)徒歩6分

◎バスでお越しの方:最寄の停留所は「東京国際フォーラム前」です。三菱一号館美術館の正面に停まります。
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※祝日除く金曜は20:00まで(最終入館時間 19:30)
※臨時の時間変更の場合あり
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※但し、月曜日が祝日・振替休日の場合は開館
※年末、元旦、展示替え期間
※臨時の開館・休館の場合あり
入館料・観覧料
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
みつびしいちごうかんびじゅつかん

三菱一号館美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

三菱一号館美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展

会期:

軽くてしなやかな「デルフォス」(繊細なプリーツを施した絹のドレス)で一躍20世紀初頭の服飾界の寵児となったマリアノ・フォルチュニ(1871-1949)。...

マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展

開催予定印象派からその先へ― 世界に誇る 吉野石膏コレクション展

会期:

ルノワール、モネ、ピカソ、シャガールなどの作品で国内有数の吉野石膏コレクションは、その質の高さも然ることながら、優しく、親しみやすい作品が多...

印象派からその先へ― 世界に誇る 吉野石膏コレクション展

三菱一号館美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに三菱一号館美術館で開催された展覧会

会期終了ラファエル前派の軌跡展

会期:

1848年、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティらが結成したラファエル前派兄弟団は、英国美術の全面的な刷新をめざして、世の中にすさまじい衝撃をもたらしました。 この前衛芸術家たちの作品は、観る者の...

ラファエル前派の軌跡展

会期終了フィリップス・コレクション展

会期:

裕福な実業家家庭に生まれ、高い見識を持ったダンカン・フィリップス(1886-1966)の蒐集品を核とし、米国有数の私立コレクションとして知られるワシントンのフィリップス・コレクションは、1918年、私邸...

フィリップス・コレクション展

会期終了ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 ―1780年パリに始まるエスプリ

会期:

ヴァンドーム広場に軒を連ねる「パリ五大宝飾店」の代表格であるショーメは、1780年に創立された老...

ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 ―1780年パリに始まるエスプリ

会期終了ルドンー秘密の花園

会期:

オディロン・ルドン(1840-1916年)は、印象派の画家たちと同世代でありながら、幻想的な内面世界に目を向け、その特異な画業は、今も世界中の人の心を魅了して止みません。 なかでも本展は植物に焦点を...

ルドンー秘密の花園

会期終了パリ・グラフィック ― ロートレックとアートになった版画・ポスター展

会期:

19世紀末パリ、それまで情報伝達や複製の手段でしかなかった版画は、新たな芸術表現を切り拓く重要...

パリ・グラフィック ― ロートレックとアートになった版画・ポスター展

会期終了レオナルド×ミケランジェロ展

会期:

15世紀イタリアで画家として才能を発揮し、建築、科学、解剖学の分野にまで関心を広げ「万能人」と呼ばれたレオナルド・ダ・ヴィンチ。 10代から頭角を現し「神のごとき」と称された世紀の天才彫刻家ミ...

レオナルド×ミケランジェロ展

会期終了オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき

会期:

19世紀末のパリで、前衛的な活動を行った若き芸術家のグループ「ナビ派」。ボナール、ヴュイヤール、ドニ、セリュジエ、ヴァロットンらを中心とするナ...

オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき

会期終了拝啓 ルノワール先生 ― 梅原龍三郎に息づく師の教え

会期:

日本の洋画界を牽引し、その豪快な性格から『画壇のライオン』と呼ばれた梅原龍三郎。近代化が進み、油彩画が日本に定着した頃の1908(明治41)年、20...

拝啓 ルノワール先生 ― 梅原龍三郎に息づく師の教え

会期終了From Life―写真に生命を吹き込んだ女性 ジュリア・マーガレット・キャメロン展

会期:

1863年末に初めてカメラを手にしたジュリア・マーガレット・キャメロン(1815-79)は、記録媒体にす...

From Life―写真に生命を吹き込んだ女性 ジュリア・マーガレット・キャメロン展

会期終了PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服

会期:

19世紀後半のパリで誕生したオートクチュール(Haute=「高い」「高級」・Couture=「縫製」「仕立て」の意)は、パリ・クチュール組合の承認する数少な...

PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服

会期終了プラド美術館展 ―スペイン宮廷 美への情熱

会期:

18世紀のヨーロッパでは、それまで王侯貴族や聖職者など一部の限られた人びとのものであった芸術を、大衆のものにするという考えが急進的に発達し、ス...

プラド美術館展 ―スペイン宮廷 美への情熱

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE