美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

目黒区美術館Meguro Museum of Art Tokyo

目黒区美術館

目黒区美術館についてABOUT Meguro Museum of Art Tokyo

緑豊かな目黒区民センターの一角に、1987年にオープンした目黒区美術館。多くの展覧会、多彩な情報のあふれる東京の中で、地域に息づく、気軽に美術に親しめる憩いの場、美術を媒介とした都市生活者の自己再発見の場として機能すべく開館した。

目黒区美術館では、近現代のわが国の作家による美術作品を収集し、これらを所蔵作品展で公開するほか、内外の多様な美術の動向をとらえた企画展を積極的に開催している。

また、生活の中の美や、作品のなりたちと素材・技法に目をむけるワークショップ活動は、展示と体験活動を融合させる新たな試みとして目黒区美術館の大きな特色となっている。

目黒区美術館のコレクションは、日本の近現代美術の流れとその特徴を理解するための作品を体系的に収集、欧米とのかかわりの中での独自の展開に焦点をあてている。明治以降、日本人が海外に学んで制作した作品、特に作家が自己のスタイルを模索する過程から生まれた新鮮な作品群や、戦後、国際展に出品され高い評価を得た作品群を中心に、目黒ゆかりの作家や同時代の新鮮な動きの紹介にも力を注いでいる。また、制作のプロセスを示すものなど、周辺の資料も積極的に収集、作家と作品へのより深い関心に応えることをめざしている。

主な所蔵作家に、靉嘔、赤穴宏、今井俊満、岡鹿之助、岡田謙三、荻須高徳、川村清雄、木下晋、草間弥生、高野三三男、古茂田守介、坂田一男、白髪一雄、菅井汲、諏訪直樹、高島野十郎、田淵安一、堂本尚郎、東山魁夷、藤田嗣治、村上友晴、山口薫 など

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36  TEL 03-3714-1201
目黒区美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

目黒区美術館 公式サイトURL
http://mmat.jp/
所在地
〒153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36
TEL 03-3714-1201
最寄駅
目黒駅から徒歩約10分、中目黒駅から徒歩約20分

東急バス「権之助坂」停留所から徒歩約5分

東急バス「田道小学校入口」停留所から徒歩約3分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
月曜日が祝日・休日の場合はその翌日
年末年始(12月28日~1月4日)
展示替期間
入館料・観覧料
※観覧料は展覧会ごとに異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
めぐろくびじゅつかん

目黒区美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家

会期:

京都を代表する洋画家 太田喜二郎(おおたきじろう 1883~1951)は、東京美術学校卒業後、師 黒田清輝の勧めでベルギーに留学し、帰国後...

太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家

これまでに目黒区美術館で開催された展覧会

会期終了世紀末ウィーンのグラフィック デザインそして生活の刷新にむけて

会期:

目黒区美術館は、1987年の開館以来、近現代の美術だけでなく、生活美術やデザイン、建築...

世紀末ウィーンのグラフィック デザインそして生活の刷新にむけて

会期終了目黒区美術館コレクション展 コレクションの<現在> - 絵画・彫刻・版画 +特集展示 鈴木省…

会期:

企画展の開催や作品展示をきっかけに目黒区美術館がコレクションに加えてきた作品の中か...

目黒区美術館コレクション展 コレクションの<現在> - 絵画・彫刻・版画 +特集展示 鈴木省三の絵画

会期終了村上友晴展 ― ひかり、降りそそぐ

会期:

村上友晴(むらかみともはる 1938~)は、目黒区在住の日本を代表する現代作家、独自の世界を貫くその姿勢から生まれた静謐な絵画に対...

村上友晴展 ― ひかり、降りそそぐ

会期終了フィンランド陶芸 ―芸術家たちのユートピア

会期:

これまで日本では、おもにフィンランドのプロダクト・デザインが紹介され、作家による芸術作品については十分とは言えませんでした。 ...

フィンランド陶芸 ―芸術家たちのユートピア

会期終了没後50年 藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界

会期:

目黒区美術館は、明治以降、海外で絵を学び、また活躍した日本人作家の作品収集を基本方針の一つとして、1987(昭和62)年に開館しまし...

没後50年 藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界

会期終了目黒区美術館30周年コレクション展「ひろがる色と形」+特集展示「秋岡芳夫全集5 KAKの仕事」

会期:

目黒区美術館は、2017(平成29)年11月に開館30周年を迎えました。 これまで目黒区美術...

目黒区美術館30周年コレクション展「ひろがる色と形」+特集展示「秋岡芳夫全集5 KAKの仕事」

会期終了日本パステル畫(が)事始め -武内鶴之助と矢崎千代二、二人の先駆者を中心に

会期:

明治以後、現代まで、パステルを用いたことのある画家は少なくありません。 しかし、そ...

日本パステル畫(が)事始め -武内鶴之助と矢崎千代二、二人の先駆者を中心に

会期終了ヨーロッパの木の玩具(おもちゃ)―ドイツ・スイス、北欧を中心に

会期:

「子どもはおもちゃを通して、世界を知っていく」 これは、スイスの玩具メーカーである...

ヨーロッパの木の玩具(おもちゃ)―ドイツ・スイス、北欧を中心に

会期終了よみがえる画家-板倉鼎・須美子展

会期:

1920年代、共にパリに留学し魅力的な作品を数多く残しながら、惜しくも早世した板倉鼎(かなえ)・須美子夫妻の画業を回顧するとともに...

よみがえる画家-板倉鼎・須美子展

会期終了目黒区美術館コレクション展-来しかた、行くさき + 特集展示 秋岡芳夫全集4 暮らしと家具

会期:

目黒区美術館の開館は1987年、今年の11月で30周年を迎えます。これまで目黒区美術館は、...

目黒区美術館コレクション展-来しかた、行くさき + 特集展示 秋岡芳夫全集4 暮らしと家具

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE