日本民藝館The Japan Folk Crafts Museum

日本民藝館

日本民藝館についてABOUT The Japan Folk Crafts Museum

2020年11月24日から2021年3月末(予定)まで改修工事による休館

日本民藝館は、「民藝(みんげい)」という新しい美の概念の普及と「美の生活化」を目指す民藝運動の本拠として、1926年に思想家の柳宗悦(やなぎむねよし 1889-1961)らにより企画され、実業家で社会事業家の大原孫三郎をはじめとする多くの賛同者の援助を得て、1936年(昭和11年)、東京都目黒区駒場にある柳宗悦の自邸隣に開設された。

初代館長には、柳宗悦が就任し、二代目は陶芸家の濱田庄司(1894-1978)、三代目は宗悦の長男でプロダクトデザイナーの柳宗理(1915-2011)、四代目は実業家の小林陽太郎(1933-2015)、そして現在はプロダクトデザイナーの深澤直人が館長職を継いでいる。

日本民藝館には柳の審美眼により集められた、陶磁器・染織品・木漆工品・絵画・金工品・石工品・編組品など、日本をはじめ諸外国の新古工芸品約17000点が収蔵されている。

1925年、民衆の用いる日常品の美に着目した柳宗悦は、濱田庄司や河井寛次郎らとともに無名の職人達が作った民衆的工芸品を「民藝(みんげい)」と名付けた。そして、1926年には陶芸家の富本憲吉の賛同を得て、四人の連名で「日本民藝美術館設立趣意書」を発表。民藝品の公開・展示のみならず、調査・蒐集や保存・管理するための美術館施設の設立計画を始動させていった。

1924年、朝鮮半島の美術文化にも深い理解を寄せていた柳宗悦は、京城(現ソウル)に「朝鮮民族美術館」を朝鮮王朝の王宮であった景福宮内に開設している。これは主として朝鮮時代に作られた無名の職人の手になる民衆の日常品の美を紹介するための小規模な美術館で、日本民藝館の原点ともいえる存在である。

1931年、浜松に「日本民藝美術館」を開設する。二年余りの活動であったが、民藝館設立のための大切な準備となった。民藝思想の普及や地方の手仕事の振興などに力を注いだ柳は、民藝運動の活動母体となる日本民藝協会を1934年に発足させる。

そして、いよいよ1936年に「日本民藝館」が東京・駒場の地に開設されると、初代館長に就任した柳は、ここを活動の拠点として、日本各地への工芸調査や蒐集の旅、沖縄への工芸調査と言語政策(方言)をめぐる論争、アイヌや台湾先住民の工芸文化の紹介、茶道改革への提言など、様々な展覧会や調査研究を展開していった。また、民藝運動に参加したバーナード・リーチ、濱田庄司、河井寛次郎、芹沢銈介、棟方志功、黒田辰秋などの工芸作家は、実用を離れた当時の工芸の在り方に一石を投じるなど、日本の近代工芸界に大きな流れを作っていった。
(日本民藝館ホームページより転載)

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

日本民藝館
〒153-0041東京都目黒区駒場4-3-33 TEL 03-3467-4527

利用案内INFORMATION

日本民藝館 公式サイトURL
http://www.mingeikan.or.jp/
所在地
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-3-33
TEL 03-3467-4527
最寄駅
京王井の頭線「駒場東大前駅」西口から徒歩7分
小田急線「東北沢駅」南口から徒歩15分
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が祝日の場合は開館し翌日休館
・年末年始、陳列替え等に伴う臨時休館有り
開館日カレンダーを参照ください。

<西館(旧柳宗悦邸)>の公開日は、展覧会開催中の第2水曜、第2土曜、第3水曜、第3土曜に公開されています。開館日カレンダーのオレンジの丸印をご確認ください。開館時間は、10時~16時30分(最終入館は16時まで)
入館料・観覧料
大人 1,100円(900円)
高大生 600円(500円)
小中生 200円(150円)
※( )は20名以上の団体
入館料・観覧料についての追記事項
※団体見学を希望の方は、事前に要予約
※障がい者とその介護者1名は割引料金500円にて入館できます。手帳を要提示
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
にほんみんげいかん

日本民藝館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

日本民藝館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

日本民藝館改修記念 名品展II 近代工芸の巨匠たち

日本民藝館改修記念 名品展II 近代工芸の巨匠たち

開催中

会期:

近代工芸の巨匠、バーナード・リーチ、河井寬次郎、濱田庄司、芹沢銈介、棟方志功。当館創設者の柳宗悦と親しく交流した彼...

日本民藝館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに日本民藝館で開催された展覧会

日本民藝館改修記念 名品展I -朝鮮陶磁・木喰仏・沖縄染織などを一堂に

日本民藝館改修記念 名品展I -朝鮮陶磁・木喰仏・沖縄染織などを一堂に

会期終了

会期:

日本民藝館は大展示室を中心に、葛布や大谷石といった自然素材を用いて展示品が...

アイヌの美しき手仕事

アイヌの美しき手仕事

会期終了

会期:

日本民藝館創設者の柳宗悦(1889-1961)は、アイヌ民族の工芸文化に早くから着目し、1941年には美術館で最初のアイヌ工芸展となる「アイヌ工藝文化展」を日本民藝館...

洋風画と泥絵 異国文化から生れた「工芸的絵画」

洋風画と泥絵 異国文化から生れた「工芸的絵画」

会期終了

会期:

江戸時代、長崎港を通じてオランダや中国から舶来した「異国」の文化は、日本の絵画や工芸にも新しい表現を引き起こしまし...

祈りの造形 沖縄の厨子甕を中心に

祈りの造形 沖縄の厨子甕を中心に

会期終了

会期:

祈りによって生まれた優れた造形は、常に宗教的な実用性を宿しています。 それは作り手に、己を超えた大きな存在や亡き者を自覚させ、慎み深さや畏れる心、謙虚さ...

2019年度 日本民藝館展 -新作工藝公募展-

2019年度 日本民藝館展 -新作工藝公募展-

会期終了

会期:

手仕事による伝統的な工芸品を中心に、日本各地で作られた新作工芸品の数々を展示・販売する、恒例の新作工芸公募展です。...

柳宗悦と古丹波

柳宗悦と古丹波

会期終了

会期:

日本六古窯の一つである丹波焼に、いち早く正しい評価の光を当て、「最も日本らしき品、渋さの極みを語る品」と評したのは柳宗悦でした。 本展では、日本民藝館な...

食の器

食の器

会期終了

会期:

日々の食事で用いる食器は、その誕生から現在に至るまで、私たちに最も身近な生活工芸の一つです。 本展では、実生活に交わる日用雑器に美を見出し、「生活と美の...

藍染の絞り 片野元彦の仕事

藍染の絞り 片野元彦の仕事

会期終了

会期:

藍染絞りの第一人者として知られる片野元彦(1899-1975)は、名古屋で生まれ、若い頃は画家の岸田劉生に師事し洋画家を目指していました。 岸田の急逝後には染物を...

柳宗悦の「直観」美を見いだす力

柳宗悦の「直観」美を見いだす力

会期終了

会期:

それまで顧みられることのなかった、朝鮮陶磁、木喰仏、日本の民藝などに次々と美を見いだしていった柳宗悦。 この前人未到の業績を可能とさせたものは、ほかなら...

平成30年度 日本民藝館展 -新作工藝公募展-

平成30年度 日本民藝館展 -新作工藝公募展-

会期終了

会期:

日本民藝館で年に一度開かれる「日本民藝館展」。伝統的な技術を継承して作られている手仕事の品と、民藝の美を指針とする...

白磁

白磁

会期終了

会期:

日本民藝館の初代館長である柳宗悦(1889-1961)が創始した民藝運動。 その歩みを振り返ってみると、すべての活動が朝鮮陶磁器との出会いから始まっていることがわ...

書物工芸 -柳宗悦の蒐集と創造

書物工芸 -柳宗悦の蒐集と創造

会期終了

会期:

「書物」を工芸品の一分野と位置付けた柳宗悦は、古典籍も多く蒐集しています。 本展はその中から、室町~江戸時代の挿絵本と浄土教の聖教を軸に、海外の貴重本を...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE