鑑賞レポート一覧

まるで彼女の中にいる感覚

京都国立近代美術館|京都府

ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島-

開催期間:

  • VIEW10
  • THANKS2

まるで彼女の中にいる感覚 初めてのピピロッティ、
正直全く知らないアーティストでしたが、フライヤーのヴィジュアルをみて”これはいくべき!”と感じてしまいました。



まず、展示室に入る前に目に入った美術館エントランスの映像にやられました。
思わずギ…

BY saya1993
どうにでもなぁれ、の豊穣

府中市美術館|東京都

与謝蕪村「ぎこちない」を芸術にした画家

開催期間:

  • VIEW62
  • THANKS0

どうにでもなぁれ、の豊穣 「ぎこちなさ」をテーマにした与謝蕪村の展覧会です。

文人画には「つたなさ(古拙)」が求められると良く言われます。これは完全に推測ですけど、特に蕪村において、彼がどのように「つたなさ」を目指したのかを説明するワードとして「…

BY cedar0
スペインのピカソ

国立国際美術館|大阪府

ミケル・バルセロ展

開催期間:

  • VIEW43
  • THANKS1

スペインのピカソ ミケル・バルセロの作品を見るのは初めてだった。名前を知ったのも初めてでどんな作品が見られるのか楽しみだった。平日に行ったがあまり混雑してなかった。最初の作品が好きなった。彫刻の作品で「カピロテを被る雄山羊」だ。最初は羊と思…

BY UlyssesD1
怖いけど見てしまう

東京国立近代美術館|東京都

あやしい絵展

開催期間:

  • VIEW137
  • THANKS0

怖いけど見てしまう チラシの絵に興味を持って見に行った時は行列ができてた。事前に予約して入った時は多く見に来ている人達が多かった。行った時は休日だった影響だと思う。一つ一つ作品を見るのに苦労した。このご時世にソーシャルディスタンスで鑑賞するの…

BY UlyssesD1
色合いに魅せられる

SOMPO美術館|東京都

生誕150年記念 モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて

開催期間:

  • VIEW61
  • THANKS1

色合いに魅せられる チラシにも載ってあるコンポジションは見たことがある。チラシに載ってる絵に吸い寄せられる感じで、見に行った。平日の午前中に行った時は見に来る人達が多くいた。こんなに見に来る人達がいるとは思ってもいなかった。モンドリアンの作品…

BY UlyssesD1
吉田博はどこからきたのか?

東京都美術館|東京都

没後70年 吉田博展

開催期間:

  • VIEW47
  • THANKS1

吉田博はどこからきたのか? 新版画好きは、おおむね川瀬巴水派と吉田博派に分かれると思うのですが、自分はだんぜん吉田博派です(笠松紫浪派の皆さんすみません・・・)。父が巴水派なので、お互いにわかってねーなーと言いあってたりします。私は吉田博が好きすぎて…

BY cedar0
ざわざわ、もぞもぞしている自然

栃木県立美術館|栃木県

栃木における南画の潮流 - 文晁から魯牛まで

開催期間:

  • VIEW33
  • THANKS1

ざわざわ、もぞもぞしている自然 何故だかわからないのですが、なんとなく見に行かなければいけない気がして、緊急事態宣言明けの日曜日、雨の中レンタサイクルを跳ばして最終日に見に行きました(余談ですけど宇都宮は公営のレンタサイクルが1日100円で借りられるので…

BY cedar0
ひかりかがやくキャベツのひとたま

東京ステーションギャラリー|東京都

没後70年 南薫造

開催期間:

  • VIEW91
  • THANKS1

ひかりかがやくキャベツのひとたま 帝室技芸員(戦前の人間国宝の上位互換のようなもの)にもなった洋画家、南薫造。しかし今では知らない人のほうが多いだろうと思う。東京ステーションギャラリーは、こういう忘れられてしまった画家の展覧会を良く開催する。

しばらくは…

BY cedar0
オードリー牧師の伝えたかったこと

新潟市美術館|新潟県

原作出版75周年 きかんしゃトーマス展 ―ソドー島のなかまたちが教えてくれたこと―

開催期間:

  • VIEW63
  • THANKS0

オードリー牧師の伝えたかったこと 森本レオさんのナレーションの懐かしいトーマスのビデオも流れなんだか感慨深い展覧会となりました。
今まではながら見で大した奥深いところまで気がつかずポンキッキでの1つのコーナーとしてしか見てませんでしたが、大人になるとなんとも…

BY tatama
世界旅行の気分を味わえる展覧会

東京ステーションギャラリー|東京都

没後70年 南薫造

開催期間:

  • VIEW140
  • THANKS2

世界旅行の気分を味わえる展覧会 この展覧会情報を知るまで、お名前を存じ上げずにおりましたが、これから日本の洋画家の作品を見ていくときに、知っておくべき重要な画家なのだろうと思います。

メインヴィジュアルに用いられている作風からは、一見、日本人の画家とは…

BY Audrey

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE