鑑賞レポート一覧

繊維と自然の「あわい」-人工物が紡ぐ自然の創出-

京都国立近代美術館|京都府

開館60周年記念 小林正和とその時代―ファイバーアート、その向こうへ

開催期間:

  • VIEW209
  • THANKS1

繊維と自然の「あわい」-人工物が紡ぐ自然の創出- 小林正和のファイバーアートは、糸の重力による垂れ下がりと、弓のように張られた緊張を対比させて、自然の風景や音を象徴的に表現します。この手法により、静寂と動き、繊細さと力強さが共存する独特な感覚を創出し、視覚的な静けさと動き…

BY curio crypt
『円空展―木彫りの像が紡ぐ信仰と芸術』

あべのハルカス美術館|大阪府

あべのハルカス美術館開館10周年記念 円空-旅して、彫って、祈って-

開催期間:

  • VIEW283
  • THANKS2

『円空展―木彫りの像が紡ぐ信仰と芸術』 神仏の造形と宗教文化の融合を通じて、芸術と信仰の交差点における円空独自の表現形式が浮き彫りになるのが本展です。

江戸時代初期に活躍した僧侶である円空は、生涯で約12万体の神と仏の像を彫り、その作品を通じて庶民との間で信仰を広…

BY curio crypt
乙(オツ)な異風者、本阿弥光悦

東京国立博物館|東京都

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

開催期間:

  • VIEW145
  • THANKS3

乙(オツ)な異風者、本阿弥光悦 人気を博している光悦展。開館時間延長の恩恵で時間ずらした休日の夕方に訪問です。

入口正面には代表作の舟橋蒔絵硯箱 (ふなばし まきえ すずりばこ)がスポットライトに淡く金色に輝きます。
デザインが斬新で、全面に波濤を描いた金の…

BY uchiko
子どもと行くタシルの街

郵政博物館|東京都

誕生40周年企画展 「猫のダヤン40th タシルの街へようこそ!」

開催期間:

  • VIEW139
  • THANKS0

子どもと行くタシルの街 1歳の子どもと初めて郵政博物館に行きました。

誕生40周年企画展 「猫のダヤン40th タシルの街へようこそ!」はまさにそこにダヤンの世界が広がっていました。
ゲートやフォーンの森が立体的に作られていて、実際に入り込めます。ダヤンた…

BY てつこ
奥深いメソアメリカ文明に触れる

国立国際美術館|大阪府

【特別展】古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン

開催期間:

  • VIEW201
  • THANKS0

奥深いメソアメリカ文明に触れる ユカタン半島のチチェン・イッツァの泉の底には、装身具等とともに多くの人骨が眠っている。それはマヤ文明の人身供犠の犠牲者たちである。というような内容の本を、小学生のころ読んで以来、神秘的で少し怖いマヤのことがより詳しく知りた…

BY mkikuko
寂しさの中の暖かさ

奈良県立美術館|奈良県

特別展 漂泊の画家 不染鉄 ~理想郷を求めて

開催期間:

  • VIEW453
  • THANKS4

寂しさの中の暖かさ 私が最初に不染鉄の名を知ったのは、6年前の『美の巨人たち』。今回のキービジュアルである『山海絵図(伊豆の追憶)』が『今日の一枚』。しかし印象的だったのがこの回で合わせて紹介された『廃船』。

暗く重い雰囲気の中、圧倒的な存在…

BY 夢司
豪華なラインナップで、地下二階展示もお忘れなく!

国立国際美術館|大阪府

コレクション2 身体―――身体

開催期間:

  • VIEW461
  • THANKS5

豪華なラインナップで、地下二階展示もお忘れなく! 休館日に大阪のえらいさん向けの無料観覧とコンサートが開催され、美術館前のスロープは黒塗りの公用車とハイヤーとタクシーがたくさん止まっていました。そのおこぼれを一般ピープルにもと言うことで募集していたので夕方から出かけてきま…

BY morinousagisan
モネに包まれる

大阪中之島美術館|大阪府

モネ 連作の情景

開催期間:

  • VIEW999
  • THANKS3

モネに包まれる さすがモネ。いつもより人手が多い。
とはいえ、公開日の10日前後はもっと多かったようなので、少し落ち着いてこれ。
といったことでしょうか。

モネ展というと2016年のマルモッタン・モネ美術館所蔵展が記憶に残っています。
あの時は『印…

BY 夢司
好きこそものの上手なれ。

東京国立博物館|東京都

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

開催期間:

  • VIEW459
  • THANKS9

好きこそものの上手なれ。 光悦好き♡・・・と言いながら、今回腰引けてたんですよね。
書や刀って、わかるかなぁって・・・。
光悦作品は少ないだろうにどうやって膨らませるんだろう?と考えた時に、書や刀がぶわ~だったらどうしよ・・・って思いました。
で、私は今回光悦作…

BY さい
東京ステーションギャラリーへ巡回しますので、写真はちょっとという方にもお薦めします。

兵庫県立美術館|兵庫県

生誕120年 安井仲治 -僕の大切な写真

開催期間:

  • VIEW359
  • THANKS6

東京ステーションギャラリーへ巡回しますので、写真はちょっとという方にもお薦めします。 写真の分野となるとさらに疎い私で、その用語さえも分からない。それでも不安を持ちながら県美へ出かけましたのは、「流氓ユダヤ」を県美のコレクション展で見たことがあったからなのです。そんなこともあって予め、巡回する3館の担当学芸員…

BY morinousagisan

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE