鑑賞レポート一覧

今年の京都の桜はちょっと遅くて

野村美術館|京都府

野村得庵 席披茶会の再現 ―神戸棲宜荘・熱海塵外荘—

開催期間:

  • VIEW171
  • THANKS3

今年の京都の桜はちょっと遅くて 今年の桜は遅くて、まだ咲き初めでしたが、蹴上インクラインに多くの人が歩いているのを見上げながら、いつものように南禅寺の前を通って野村美術館へ。

春季展示前期は、野村得七(得庵)の神戸本邸での大正13年4月1月からお披露目された…

BY morinousagisan
展示室では「誰もが笑顔」の円空展!

あべのハルカス美術館|大阪府

あべのハルカス美術館開館10周年記念 円空-旅して、彫って、祈って-

開催期間:

  • VIEW195
  • THANKS2

展示室では「誰もが笑顔」の円空展! 円空が旅して、彫って、祈った仏さまは、口角の上がった口元に、三日月眉毛…日頃コワオモテの不動明王サマも蔵王権現サマも、みんな笑顔。
人々に微笑み続けるその雄姿に癒やされ過ぎてきました。

展示室で仏さまたちと対面しながら、円空…

BY moca
芸術家の眼力

大阪中之島美術館|大阪府

没後50年 福田平八郎

開催期間:

  • VIEW343
  • THANKS4

芸術家の眼力  用事の開始時間を30分間違えて目的地に早く着きすぎたため、時間を潰そうと来る時に前を通った大阪中之島美術館へ入った。美術館ではモネ展と福田平八郎展が同時開催されていた。折角ノーマークで入ったので、それを貫き通そうと思い、全…

BY くつしたあつめ
チャップリンの偉大さを再確認

ポーラ美術館|神奈川県

モダン・タイムス・イン・パリ 1925-機械時代のアートとデザイン

開催期間:

  • VIEW157
  • THANKS0

チャップリンの偉大さを再確認 始めの展示室では機械のパーツや車など工業製品が多く、異質な雰囲気の中で鑑賞を進めていった。
さらに同室では、チャップリンの映画の一部が上映されている。展覧会タイトルの「モダンタイムス」だった。またマルセルデュシャンもあった。…

BY ariannu5656
2024年 山口に来る理由

香月泰男美術館|山口県

没後50年 香月泰男展 第一期1931→1954

開催期間:

  • VIEW285
  • THANKS1

2024年 山口に来る理由 ニューヨークタイムズも罪なことをしてくれたもんです。今年行くべき場所の世界第3位が山口市だなんて。
いちばん驚いてるのは当の市民や県民です。そりゃまあ、選ばれたのは名誉なことだし、山口もいい町です。
だけど今はタイミングが悪す…

BY Sukekiyo-Acckerman
円空からのメッセージ

あべのハルカス美術館|大阪府

あべのハルカス美術館開館10周年記念 円空-旅して、彫って、祈って-

開催期間:

  • VIEW129
  • THANKS1

円空からのメッセージ 開催が発表されてから楽しみにしていた「円空展」である。
ゆっくり鑑賞したくて平日の午前中に訪れたが、意外にも混雑していた。失礼ながら来場者の年齢層は高く、どうやら老人会のツアーに遭遇したらしい。

本展は時系列に従い五章構成と…

BY springwell21
展示作品が映える安藤建築の展示空間にひたる

兵庫県立美術館|兵庫県

スーラージュと森田子龍

開催期間:

  • VIEW207
  • THANKS5

展示作品が映える安藤建築の展示空間にひたる コロナ禍で二度の延期を経てようやく開催となりました。

アートフェアで、書家の方から前衛書の井上有一を教えて頂き、井上有一作品を展示する京都のギャラリーで店主さんから井上有一についてご説明頂いた。以来「前衛書」も気にかかるよ…

BY morinousagisan
日本という美術

新潟県立万代島美術館|新潟県

JUNKO KOSHINO コシノジュンコ 原点から現点

開催期間:

  • VIEW137
  • THANKS0

日本という美術 想像よりはるかにボリュームのある展示数で圧巻されました。そのイメージを形に出来る多くの人が携わっているんだろうと想像し、トップデザイナーとはを体感出来る展示でした。

多くのコレクションが日本の伝統文化や芸術、工芸が服に反映…

BY kimonokith
茶の湯を通した師弟・人間関係の奥深さを学べます。

サントリー美術館|東京都

四百年遠忌記念特別展 「大名茶人 織田有楽斎」

開催期間:

  • VIEW117
  • THANKS1

茶の湯を通した師弟・人間関係の奥深さを学べます。 残り4日のサントリー美術館「織田有楽斎展」行ってきた。それほどの混雑もなく、じっくり鑑賞できたけれど、週末はどうか。

武野紹鷗作の節のない、まるで象牙の茶杓を竹で制作したような姿に惚れ惚れ。その隣には、驚くほどそっくりな容姿…

BY moca
書は芸術か

神戸ファッション美術館|兵庫県

第10回 日展 神戸展

開催期間:

  • VIEW307
  • THANKS1

書は芸術か 天下の日展の1ジャンルとしてあるのだから、芸術なんでしょう。高校の「芸術」教科の中にもありますし。
題材はすべて「字」です。それを墨と筆で和紙に書くだけです。何を書くかというと「文」です。
字の集合体が意味を持ったもので、字…

BY Sukekiyo-Acckerman

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE