鑑賞レポート

藤田嗣治 心の旅路をたどる―手紙と手しごとを手がかりに

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
藤田の手紙を通して「心の旅路」がたどれます!

「アサヒグループ大山崎山荘美術館」という展示室が、「藤田の別荘か?」と錯覚してしまうほど、藤田作品と展示室がマッチしていることに、まず驚いた。そして、展示作品数は意外に多く、藤田の芸術家としての足跡を徹底的に、時代ごとに詳細に辿っていることにも驚い… Read More

国宝 雪松図と能面×能の意匠 特集展示 新寄贈能面

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
展示作品の様々な能面を通して「面を着けた時の視界」も体験できた!

三井記念美術館の能面展は、ほぼ能面だらけの展示。
とはいえ、まず、第一展示室の能面の展示方法が天才的でした!(←必見)
能面は、ガラスケースの中に立てたアクリルに掛けてあるので、裏からも表からも鑑賞が可能。しかも、目や鼻、口の孔から向こう側が眺められて… Read More

【特別展】日本画聖地巡礼 ―東山魁夷の京都、奥村土牛の鳴門― 追体験する傑作誕生の地、発見する画家の心

イベント詳細ページを見る

  • 会場:山種美術館
  • 開催期間:
  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
北海道から沖縄まで「国内の聖地」を描いた日本画大集合!

山種美術館所蔵作品ばかりなので、代わり映えしない印象もあるが、とても楽しい企画。
奥村土牛の鳴門から始まり、東山魁夷の京都四部作が同時に見られ…
目いっぱい作品が展示されている展示室は、お得感あり!

同じ絵を何度見ても面白く、知ってる絵なのに新しい発見… Read More

激動の時代 幕末明治の絵師たち

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
前期に増して、後期も魅力的な作品揃い。ほぼ展示替えですか?という勢いでした。

展覧会は増上寺蔵《五百羅漢図》(100幅のうち6幅)の迫力と存在感に圧倒されて始まる。
今回はかなり長居をして、細かい描写を徹底的に追求してきた。
「サントリー美術館の小企画」として、展覧会の内容に関係なく、増上寺蔵《五百羅漢図》の毎回展示、大希望。
(「夏… Read More

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×山口晃 ここへきて やむに止まれぬ サンサシオン

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
山口晃さま、サラサラと文字を書くような速度で絵を描いてますか?

山口晃氏といえば、緻密な「現在過去map」を思い浮かべるが、展覧会では様々な作品を通して氏の新たな魅力を感じ取ることができる。例えば…
①セザンヌ作品の「油絵画家の視点による分析」が最高に面白い。
②雪舟作品に見る大陸の「あの景色」の再現。
③立体作品も、そ… Read More

春陽会誕生100年 それぞれの闘い 岸田劉生、中川一政から岡鹿之助へ

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
明治〜大正期の洋画界は、岸田劉生と岡鹿之助の二人勝ちですね。

展覧会では、岸田劉生が春陽会に所属時の作品11点を出品。
「木村荘八、萬鐵五郎、前田藤四郎、岡鹿之助」作品も充実。
ステーションギャラリーの展覧会は、毎回見応え抜群。
この展覧会では、チラシを二種類制作しているが、二種類とも「岡鹿之助作品」を使用している… Read More

永遠の都ローマ展

イベント詳細ページを見る

  • 会場:東京都美術館
  • 開催期間:
  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
こんなにローマを身近に感じられるとは!(お早めのご来館をオススメ致します)

東京都美術館 で開催中の「永遠の都ローマ展」を見てきた。
作品の大半は、カピトリーノ美術館やローマ文明博物館など、海外移送により来日したもの。ただし複製も多い。
展示作品は、会場の混雑を予想してか、心持ち少なめな印象も受けたが見やすい。キャプション・… Read More

超絶技巧、未来へ!明治工芸とそのDNA

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
見逃せない「令和期の超絶技巧」。スマホを充電して展示室へ!

三井記念美術館 の「超絶技巧、未来へ!明治工芸とそのDNA」を見た。
展示では、現代と明治期、両時代の天才技工作家たちによる「時空を超えた競演!」を大集結。全てが「まさか!」と思う素材からなることに、イチイチ驚いていた。
「超絶技巧」といえば、明治期の天… Read More

越後屋開業350年記念特別展 三井高利と越後屋 ―三井家創業期の事業と文化―

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
350年前の開業当時から残された記録から茶道具まで!

展覧会を拝見して、「家伝記」「規則集」「丁稚の覚書」等々、書き残された資料数の多さには目を見張る(展示は氷山の一角かと思うが…)。そして、350年前の開業当時から「記録をきちんと残した」ということが、三井家の成功を導いた理由の一つであると、展示作品を拝… Read More

NHK大河ドラマ特別展「どうする家康」

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
家康が戦の間に「茶杓」でも作っていてくれていたら…

三井記念美術館の展示室の配置問題のため、章立ては崩壊。
とはいえ、「家康の愛用品」から始まる展示は、普段の三井記念美術館展示らしく見やすく、とても好きな導入展示。
東京会場の後、岡崎市美術博物館と静岡市美術館へ巡回されるとのこと。三井記念美術館の展示… Read More

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE