鑑賞レポート一覧

アンティーク着物の魅力再発見! 「大正の夢 秘密の銘仙ものがたり」展

アンティーク着物の魅力再発見! 「大正の夢 秘密の銘仙ものがたり」展

弥生美術館|東京都

開催期間:

  • VIEW305
  • THANKS0

華やかな時代を映す銘仙というファッションに胸が躍りました

楽しみにしていた「大正の夢 秘密の銘仙ものがたり」展。
拝見して、ファッションは時代を映す鏡といいますが、銘仙ほど顕著に時代を映すものはないのではないか、という感想を持ちました。
それくらい、銘仙着物という約100年前に生まれたばかりのファッションが、柔軟に時代を反映し、女性たちとともに発展しながら彼女たちの願いや思いをのせて栄えていったということをこの展示から感じることができたからです。
時代の流れや世界と日本の文化の潮流、政治の移り変わりを銘仙がどのように写し取っていったのかということが、美しいコーディネートと添えられた愛ある説明とともに展示されていて、非常に楽しくわかりやすく、心が躍り学ぶことができる素晴らしい展覧会でした。

西洋文化が入ってきたばかりの頃の華やかな西洋モチーフ柄、英国女王の戴冠式の柄、アールデコな意匠から南国への集団移住があった時代に流行った南国モチーフ柄など… こんなに華やかで楽しく自由で美しい着物の柄があったなんて!と驚き憧れ失った悲しさが去来し… 感情が忙しかったです。

少女たちが女学校で着るために生まれた少女チックで可愛らしい柄から、徐々にその少女たちが成長し社会に出て職業婦人となり身に纏うようになった洗練されたしとやかでおしゃれな幾何学柄のモダンな着物まで、時代だけでなく当時の女性たちの花開く様子を見守るような感慨深さがありました。

やがて戦争の気配とともに時代が華やかさを失い、世の中の変化とともに私たちの生活から姿を消してしまった銘仙着物という素晴らしい文化。
今回このような形で拝見することができて非常にうれしく思います。
貴重なコレクションを展示してくださった銘仙蒐集家の桐生正子氏、コーディネーターの大野らふ氏、そして弥生美術館の方々に心より感謝申し上げます。見に行ってよかったです!

鑑賞レポート一覧に戻る

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE