くつしたあつめさんのページ

フォローする

鑑賞レポート

澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 ときめきの髪飾り―おしゃれアイテムの技と美―

イベント詳細ページを見る

  • 会場:細見美術館
  • 開催期間:
  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
装いの解像度

 明治・大正・昭和の小説は今まで読んできたつもりだったが、女性の装いに関しては流し読みしていたのだと思う。笄、綸子、セルロイド…字面としては知っているが、実際のところそれは何なのかわからない言葉が展示には溢れていて、キャプションを読んだりスマホで調べ… Read More

パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展―美の革命 ピカソ、ブラックから ドローネー、シャガールへ

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
画家達の貪欲

 キュビスムは「西洋美術」だと思っており、セザンヌからキュビスムへという流れは予習していたが、アフリカ美術が影響を与えていたとは知らず、様々な美術作品から吸収した画家達の貪欲さを感じた。また、セザンヌ→キュビスムという直線的な流れではなく、アメーバの… Read More

キース・へリング展 アートをストリートへ

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
生と性の宿題

 正直よくわからなかった。人々に表情がないため、肯定的な絵なのか風刺している絵なのかすら判断できない。80年代アメリカについての知識が皆無なため文化的背景から作品内容を推し量ることもできない。結果キャプションを読むことになるが、「あぁ、この絵はこうい… Read More

没後50年 福田平八郎

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
芸術家の眼力

 用事の開始時間を30分間違えて目的地に早く着きすぎたため、時間を潰そうと来る時に前を通った大阪中之島美術館へ入った。美術館ではモネ展と福田平八郎展が同時開催されていた。折角ノーマークで入ったので、それを貫き通そうと思い、全く知らなかった福田平八郎展… Read More

芥川龍之介と美の世界 二人の先達―夏目漱石、菅 虎雄

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
文士達の息吹

 展示物が豊富で充実した企画だったが、強行軍だったためゆっくり見て回れなかったのが残念だった。
 まず最初の展示室で、ゴーゴリのテラコッタ像と再会した。友人の宇野浩二に芥川龍之介が送ったもので、昨年の頭、福岡市総合図書館で行われた「まなざしと記憶――宇… Read More

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE