tibeanie3さんのページトップ

プロフィール

tibeanie3
歌川広重の「東海道五十三次」をみて浮世絵版画に目覚めました。
歌川広重、歌川国芳、川瀬巴水、吉田博などの作品が大好きですが、最近は日本画鑑賞にもはまっています。
美術館カフェも大好き。
食わず嫌いはいけないと、西洋美術も勉強中です。

アートブログ

アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ展

デパートでのミュシャ展、舐めていた…。買い物ついでに寄ってみたのだが、総数500点以上ある見応えある展示に圧倒されました。広告ポスター、メニュー、ポストカード、カレンダ…

炎と技の芸術 ヴェネチアン・グラス至宝展

箱根ガラスの森美術館に行って来ました。丁度、紅葉も美しい時期だったので庭園はかなり混雑していました。庭園にはクリスタルガラスのクリスマスツリー2体もお目見えしたばか…

まだ見ぬ日本に出会う 広重 六十余州名所図会

会期、初日に訪問。歌川広重の六十余州名所図会の全69図に、梅素亭玄魚のデザインによる目録1点を加えた70点を一挙に見る事が出来ます。会場に入った途端に鮮やかな広重ブルー…

川瀬巴水と新版画 神奈川の風景を中心に

大正から昭和にかけて活躍した版画家、川瀬巴水(1883~1957)の作品の中から神奈川の風景を中心に展示されています。8点の版画グリーティングカードの展示もありす。同じく新版…

奇想の天才絵師 河鍋暁斎

幕末から明治にかけての動乱期に自由な発想で生き抜いた河鍋暁斎(1831~1889)の作品展。狩野派の伝統を受け継ぐ絵師でありながら美人画、仏画、花鳥画、戯画など多くの作品を…

日本デビュー20周年記念 リサとガスパールのおもいで展

招待券をいただいたので開催2日目に訪問。緊急事態宣言下ですが入場制限される程の人混みでした。百貨店のイベントスペースだからなのか、会期が9日間と言う短さだからなのか……

展覧会の感想・評価一覧

リニューアルオープンⅠ 絵のある陶磁器 ~仁清・乾山・永樂と東洋陶磁~

4.0

菊谷焼きの素朴な良さ

リニューアル後、初の展覧会楽しみにしていました。
三井家の良品がまた見られるのは本当に嬉しいです。
仁清、乾山の作品を目当てに行ったのですが、永楽家の金襴手の朱色と金色の美しさに… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん
スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち

2.0

ナイアガラの滝に癒やされた

ベラスケス「卵の料理をする老婆」目当てで混雑しているのかと思っていたのですが、思った以上に空いていました。
お陰様でどの作品もゆっくりと鑑賞することが出来ました。
ただ、作品は小… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
Nine Livesさん、murakamiさん、ファイさん、ぷりんさん
フランソワ・ポンポン展 動物を愛した彫刻家

5.0

シンプル イズ ビューティフル

フランソワ・ポンポンと言えば「白熊」の作家さんと、すぐに出て来ますが、他の作品については何も知らなかったので、とても興味がありました。
ロダンのもとで大理石の下彫り職人を5年間程… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
Audreyさん
上野リチ: ウィーンからきたデザイン・ファンタジー

5.0

ゆるカワイイ!デザイン

上野リチさんを知らなかったのですが、展覧会の評判がとても良かったので訪問。
会期終了間近と言うこともあってか、かなりの人…。
会場に入ると色鮮やかなテキスタイルの数々。とにかくカワ… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
Tarさん、ファイさん
吉例浮世絵大公開! 江戸の滑稽 ―幕末風刺画と大津絵― 田河水泡コレクションを中心に

3.0

クスッと笑える作品群

漫画「のらくろ」の作者、田河水泡が収集したコレクションを中心に約140点を展示。
戯画や風刺画、大津絵とクスッっと笑える作品の展覧会です。
第一章 戯画の流行
第二章 大鯰暴れる(鯰… Read More

御大典記念 特別展  よみがえる正倉院宝物―再現模造にみる天平の技―

2.0

再現模造の意味

正倉院宝物の「模造だけ」の展覧会です。
ただ模造とは言っても、作り方も材料も、その技術も手探りで良くここまで宝物が並んだものだと感心します。
誰かが、伝統、技術、調査などを続けて… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん
特別展「ポンペイ」

特別展「ポンペイ」

東京国立博物館|東京都

会期:

5.0

単眼鏡持って行って!

ずっと気になっていたポンペイ展。
いきなり、火山の噴火で犠牲になった女性の石膏像から始まります。
これで火山の噴火がいかに突然だったのかが良く解ります。
灰の中から出土された遺物は… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
ファイさん
ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展

3.0

賛否両論?!

会期最終にギリギリで鑑賞出来ました。
フェルメールだからか、会期終了近くだからか、とても混雑していました。
小さめの作品が多い中、フェルメールの「窓辺で手紙を読む女」はフェルメー… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
ファイさん、にゃんちゅうさん

美術館の感想・評価一覧

感想・評価はまだありません。

鑑賞レポート

鑑賞レポートはまだありません。

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE