東京藝術大学大学美術館The Univerisity Art Museum, Tokyo University of the Arts

東京藝術大学大学美術館

東京藝術大学大学美術館についてABOUT The Univerisity Art Museum, Tokyo University of the Arts

東京藝術大学の芸術資料収集は、1887年(明治20年)の東京美術学校(東京藝術大学の前身)の設置に先立って開始され、現在、日本近代美術を中心としたコレクションの数は3万件余りに達している。これらの芸術資料は、文庫と呼ばれた図書館内に納められていた。

1949年(昭和24年)、東京美術学校と東京音楽学校が統合され、東京藝術大学が設置された。その後も収蔵品は付属図書館が管理し、教育研究に供してきた。1970年(昭和45年)に芸術資料部門が独立し、音楽学部に保管されていた音楽学校時代の楽器資料等を加え、「芸術資料館」が発足した。

しかしながら所蔵品の増加にともなって収蔵庫が狭隘になり、また老朽化した施設の改善やコレクションの規模に見合った充分な展示空間への要望が学内外から高まったことから、1996年(平成8年)に美術館新館が着工されるにいたった。そして1998年(平成10年)、美術館としての活動を発展させるべく、これまでの組織を拡充し、「芸術資料館」から「大学美術館」へと生まれ変わった。

美術作品やそれに関わる資料を収集し、それらを研究することによって新しい価値を見出す。さらに将来の評価にも備えて万全の設備によって保存し、研究の成果を展示や様々な普及活動によって公開する。美術館はそのような活動によって運営されている。東京藝術大学の大学美術館においては、そういった活動に加えて、制作と教育研究の現場である芸術大学という特質を合わせた、実験的な美術館として機能することを基本理念としている。

「美術館本館」では、収蔵品の一部を公開する藝大コレクション展が年1~2度開催される他、藝大ならではの様々な企画展、教員の退任展、学生の卒業・修了作品展などが行われている。また、本館には学生食堂(カフェテリア)、ミュージアムショップ、画材店なども入っている。東京藝術大学名誉教授も務めた建築家 六角鬼丈の設計によるものである。

「陳列館」は、大学美術館の本館ができるまでは、芸術資料館のメイン・ギャラリーとして長く親しまれてきた展示室である。建築家 岡田信一郎の設計による建物は、外壁に貼り付けられた赤いスクラッチタイルが特徴的である。

「正木記念館」は、東京美術学校の第五代校長である、正木直彦の長年にわたる功労 (校長32年間在任、帝国美術院院長、各博覧会審査官等) を記念するために建設された。「陳列館」「正木記念館」では各研究室の成果発表展などが開催されている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

東京藝術大学大学美術館
〒110-8714東京都台東区上野公園12-8 TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)

利用案内INFORMATION

東京藝術大学大学美術館 公式サイトURL
https://www.geidai.ac.jp/museum/
所在地
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)
最寄駅
JR上野駅公園口、東京メトロ千代田線根津駅 1番出口より徒歩10分
京成上野駅正面口、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅 7番出口より徒歩15分
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※常設展はありませんので、展覧会の開催会期以外は閉館しています
※会期中は原則月曜休館ですが、展覧会により異なる場合があります
※月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館
入館料・観覧料
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とうきょうげいじゅつだいがくだいがくびじゅつかん

東京藝術大学大学美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

東京藝術大学大学美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画―

渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画―

開催中

会期:

明治から大正にかけて活躍した渡辺省亭(わたなべせいてい)の全貌を明らかにするはじめての展覧会です。 省亭は明治11(...

御即位記念特別展「雅楽の美」

御即位記念特別展「雅楽の美」

会期: 2020年4月4日(土)〜5月31日(日) ⇒ 開催中止

雅楽とは舞楽や管絃、歌物(催馬楽(さいばら)・朗詠(ろうえい)、国風歌舞(くにぶりのうたまい)などの総称です。 中国・朝鮮から伝来したものが日本在来の歌...

東京藝術大学大学美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに東京藝術大学大学美術館で開催された展覧会

藝大コレクション展 2020―藝大年代記(クロニクル)

藝大コレクション展 2020―藝大年代記(クロニクル)

会期終了

会期:

藝大コレクション展2020では、東京藝術大学の前身の東京美術学校開学から現在までの、美術教育の成果を年代順にたどります...

特別展 「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」

特別展 「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」

会期終了

会期:

既存の美術や流行、教育などに左右されず、誰にも真似できない作品を創作し続けるアーティストたちの特別展を開催します。...

円山応挙から近代京都画壇へ

円山応挙から近代京都画壇へ

会期終了

会期:

江戸時代、京都では、伝統的な流派である京狩野、土佐派をはじめとして、池大雅や与謝蕪村などの文人画、近年一大ブームを巻き起こした伊藤若冲や曽我蕭白、岸駒を...

藝大コレクション展 2019

藝大コレクション展 2019

会期終了

会期:

藝大コレクションは、古美術、絵画、彫刻、工芸、デザイン、建築のほか、考古、写真、音楽資料までを含むヴァリエーション豊かなコレクションであり、その総数は約3...

藝大コレクション展

藝大コレクション展

会期終了

会期:

戦災によって失われ、今はその姿を見ることのできない、旧皇居・明治宮殿。 その一室の天井を彩っていたのが、柴田是真の描いた花々をもとに織られた天井画でした...

NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」

NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」

会期終了

会期:

2018年NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」の放送にあわせて、主人公・西郷隆盛に関連した資料や文化財を通じ、ゆかりの地の歴史や文化、歴史的な出来事を紹介する展覧...

東西美人画の名作 《序の舞》への系譜

東西美人画の名作 《序の舞》への系譜

会期終了

会期:

このほど、近代美人画の最高傑作である上村松園作《序の舞》(重要文化財)の修理が完成し、本展にてはじめて一般に公開さ...

東京藝術大学創立130周年記念特別展「皇室の彩(いろどり)百年前の文化プロジェクト」

東京藝術大学創立130周年記念特別展「皇室の彩(いろどり)百年前の文化プロジェクト」

会期終了

会期:

およそ100年前。大正から昭和最初期の頃に、皇室の方々の御成婚や御即位などの御...

東京藝術大学創立130周年記念特別展 藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

東京藝術大学創立130周年記念特別展 藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

会期終了

会期:

東京藝術大学は今年、創立130周年を迎えます。これを記念し、大規模なコレクショ...

特別展 雪村-奇想の誕生

特別展 雪村-奇想の誕生

会期終了

会期:

戦国時代、東国で活躍した画僧、雪村周継(せっそんしゅうけい)。武将の子として生まれながら出家して画業に専心した雪村は、故郷の茨城や福島、神奈川など東国各...

「驚きの明治工藝」展

「驚きの明治工藝」展

会期終了

会期:

江戸時代、徳川幕府による安定した政権のもとで、日本の工芸は技術的に大きな発展を遂げました。 特に金工、漆工の分野では、造形、装飾に写実が意識され、様々な...

観音の里の祈りとくらし展Ⅱ-びわ湖・長浜のホトケたち-

観音の里の祈りとくらし展Ⅱ-びわ湖・長浜のホトケたち-

会期終了

会期:

滋賀県長浜市には、130を超える観音をはじめとするたくさんの仏像が伝わり、古くは奈良・平安時代に遡るものも多くありま...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE