三井記念美術館Mitsui Memorial Museum

三井記念美術館

Photo:左から 三井記念美術館外観(三井本館・重要文化財)/展示室1/展示室3(上段)/展示室4(下段)

三井記念美術館についてABOUT Mitsui Memorial Museum

三井記念美術館は、東京都中央区日本橋室町、中央通り沿いに面した三井本館の7階にある、私立美術館である。

江戸時代以来350年の歴史をもつ三井家が収集した日本・東洋の美術品を収蔵し、展示してきた「三井文庫別館」(東京都中野区上高田)が、三井家及び三井グループに縁の深い日本橋に移転し、「三井記念美術館」と改称して、2005年(平成17年)10月に開設した。

三井不動産保有のオフィスビルである「三井本館」は、三井グループのルーツである「越後屋」の跡地に建ち、昭和初期の日本を代表する重厚な洋風建築として、国の重要文化財に指定されている。越後屋は三井家の家祖 三井高利(1622~94)が伊勢松坂から息子達に指示を出し、延宝元年(1673年)、江戸本町に開店した呉服屋で、10年後にこの地に移転した。

三井家は、本家にあたる総領家を含め11家に分かれている。三井高利の長男 高平が総領家 「北家」、次男 高富「伊皿子家」、三男 高治「新町家」、四男 高伴「室町家」、九男 高久「南家」、十男 高春「小石川家」、など11家とされ、各三井家がそれぞれ美術品を収集、特に元文年間の営業収益が伸びた時期は、茶道具を主とする名物道具の収集が盛んだった。現在の三井記念美術館には、おもに「北家」(総領家)から約1900点、「新町家」から約1050点、「室町家」から約700点の寄贈品などからなる美術工芸品約4000点が収蔵されている。

所蔵品には、円山応挙が三井家のために描いた「雪松図屏風」、書跡は藤原定家筆「熊野御幸記」、中核を成す茶道具類の「志野茶碗 銘卯花墻」(うのはながき)など国宝6点のほか、「黒楽茶碗 銘俊寛」、「唐物肩衝茶入(北野肩衝)」、能面 「孫次郎」に代表される旧金剛宗家伝来の能面54面などの重要文化財73点、重要美術品4点など、質の高い文化財を多数含む。また、南家当主・三井高陽(みついたかはる、1900-1983)の収集にかかる世界的な切手コレクション約6万点を含む切手類約13万点も所蔵する。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

三井記念美術館
〒103-0022東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階 TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)

利用案内INFORMATION

三井記念美術館 公式サイトURL
http://www.mitsui-museum.jp/
所在地
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
<東京メトロ>
銀座線 三越前駅【A7出口】より徒歩1分
半蔵門線 三越前駅徒歩3分【A7出口】へ
銀座線・東西線 日本橋駅【B9出口】より徒歩4分

<都営浅草線>
日本橋駅徒歩6分【B9出口】へ

<JR>
東京駅【日本橋口】より徒歩7分
神田駅より徒歩6分
総武快速線 新日本橋駅より徒歩4分

<無料巡回バス>
メトロリンク日本橋 乗降所「三井記念美術館」徒歩1分
開館時間
開館時間 11:00〜16:00(最終入館時間 15:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※祝・休日の場合は開館、翌平日休館、展示替期間、年末年始、臨時休館日
※その他、臨時に休館する場合がありますので、展覧会情報の個別展覧会のご利用案内をご覧ください。
入館料・観覧料
<入館料>
一般 1,000円(800円)
大学・高校生 500円(400円)
中学生以下 無料

<特別展の場合>
一般 1,300円(1,100円)
大学・高校生 800円(700円)
中学生以下 無料

※( )内は20名以上団体
入館料・観覧料についての追記事項
※70歳以上の方は、割引料金(要証明)
※リピーター割引:会期中に一般券、学生券の半券提示で、2回目以降は団体料金となります
※障害者手帳を提示の方、およびその介護者(1名)は無料
※常設展示はありません
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
みついきねんびじゅつかん

三井記念美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

三井記念美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

三井記念美術館コレクション名品展 自然が彩る かたちとこころ -絵画・茶道具・調度品・能装束など-

三井記念美術館コレクション名品展 自然が彩る かたちとこころ -絵画・茶道具・調度品・能装束など-

開催中

会期:

東洋・日本美術に表されたさまざまな「自然のすがた」をテーマに、三井記念美術...

三井記念美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに三井記念美術館で開催された展覧会

雪月も花も友とて・・・ 茶箱と茶籠

雪月も花も友とて・・・ 茶箱と茶籠

会期終了

会期:

三井記念美術館の所蔵品は茶道具が過半を占めていますが、そのなかでもこじんまりとまとまりがあり、趣味性が強く独特の世...

特別展 小村雪岱スタイル -江戸の粋から東京モダンへー

特別展 小村雪岱スタイル -江戸の粋から東京モダンへー

会期終了

会期:

大衆文化が花開いた大正から昭和初期にかけて、「画家」と呼ぶには収まりきらない、多岐にわたるジャンルに新風を吹き込み...

三井記念美術館コレクション特別展 国宝の名刀「日向正宗」と武将の美

三井記念美術館コレクション特別展 国宝の名刀「日向正宗」と武将の美

会期終了

会期:

刀剣がキャラクター化され、女性に大人気の時代。三井記念美術館の所蔵品で国宝...

敦煌写経と永樂陶磁

敦煌写経と永樂陶磁

会期終了

会期:

当初、令和2年度の秋季展としては、特別展「ほとけの里 奈良・飛鳥の仏教美術」を開催する予定でしたが、新型コロナウイルス禍により今年度の開催を延期となりまし...

開館15周年記念特別展 三井家が伝えた名品・優品

開館15周年記念特別展 三井家が伝えた名品・優品

会期終了

会期:

三井記念美術館が、三井本館7階に開館したのは、平成17年(2005)10月8日のことでした。それから早いもので、今年で15周年を...

知られざる芸術と文化のオリンピック展

知られざる芸術と文化のオリンピック展

会期終了

会期:

知られざる「芸術」という視点からひもとくオリンピック展 「オリンピックは、スポーツと文化芸術の祭典である」。これは...

三井家のおひなさま 特別展示 かわいい御所人形

三井家のおひなさま 特別展示 かわいい御所人形

会期終了

会期:

日本橋に春の訪れを告げる「三井家のおひなさま」展。今年も三井家の夫人や娘が大切にしてきたひな人形やひな道具を、一堂...

国宝 雪松図と明治天皇への献茶

国宝 雪松図と明治天皇への献茶

会期終了

会期:

毎年恒例となりましたこの時期の円山応挙筆「国宝 雪松図屏風」の公開にあわせ、今年は、令和改元にちなみ、館蔵品のなかから天皇にかかわる作品を選んでの展覧会で...

特別展 茶の湯の銘碗「高麗茶碗」

特別展 茶の湯の銘碗「高麗茶碗」

会期終了

会期:

茶の湯の茶碗は、産地によって唐物茶碗、高麗茶碗、和物茶碗などと呼び分けられています。唐物茶碗は中国、高麗茶碗は朝鮮...

日本の素朴絵 ーゆるい、かわいい、たのしい美術ー

日本の素朴絵 ーゆるい、かわいい、たのしい美術ー

会期終了

会期:

日本では昔から、様々な形式の作品に緩やかなタッチでおおらかに描かれた絵が残っています。 それらはなんとも不思議な味...

大用国師二百年 釈宗演老師百年 大遠諱記念特別展「円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美」

大用国師二百年 釈宗演老師百年 大遠諱記念特別展「円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美」

会期終了

会期:

円覚寺は、弘安5年(1282)鎌倉幕府第8代執権北条時宗により、中国から招聘した無...

三井家のおひなさま

三井家のおひなさま

会期終了

会期:

日本橋に春の訪れを告げる「三井家のおひなさま」展。今年も三井家の夫人や娘が大切にしてきたひな人形やひな道具を、一堂に公開します。 北三井家十代・高棟(た...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE