美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

パナソニック 汐留ミュージアムShiodome Museum

パナソニック 汐留ミュージアム

パナソニック 汐留ミュージアムについてABOUT Shiodome Museum

パナソニック 汐留ミュージアムは、 松下電工(当時)が、2003年(平成15年)4月、東京都港区の汐留地区に東京本社ビル建設を機に、社会貢献の一環として同社ビル(パナソニック東京汐留ビル)4階に開館した企業美術館である。

1997年3月より収集を開始した、20世紀フランスを代表する画家 ジョルジュ・ルオー(1871-1958)の油彩と版画は、現在230点ほどに及ぶ。「ルオー・ギャラリー」として常設展示のほか、ルオーに関連する企画展の開催、その他、パナソニックの事業とも関わりの深い「建築・住まい」「工芸・デザイン」をテーマとした企画展も開催されている。

照明器具を扱っている会社の運営であるため、照明器具にはこだわりを持ち、色の再現性が高いLEDを全館に採用しているという。LED照明には、紫外線や赤外線をほとんど含まないので作品を損なわない特徴があるそうだ。照明の明るさや色温度、照射角度などを調整し、作品や展示テーマに合った照明パターンを創り出す、などのこだわりを持つとのこと、その辺りも注目して鑑賞してみたい。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階  TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
パナソニック 汐留ミュージアム [MAP]

利用案内INFORMATION

パナソニック 汐留ミュージアム 公式サイトURL
http://panasonic.co.jp/es/museum/
所在地
〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
JR新橋駅「烏森口/汐留口/銀座口」より徒歩約8分
東京メトロ銀座線新橋駅「2番出口」より徒歩約6分
都営浅草線新橋駅改札より徒歩約6分
都営大江戸線汐留駅「3・4番出口」より徒歩約5分
ゆりかもめ新橋駅より徒歩約6分

開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※パナソニック リビング ショウルーム東京と定休日、閉館時間が異なっているため、ショウルーム定休日・17時以降ご利用の入り口が限られています。館内マップに掲載の方法でご入場下さい
定休日
水曜日 
定休日についての追記事項
・水曜日が祝・祭日の場合は開館。
・展示替、年末年始
入館料・観覧料
※展覧会により異なります。
開催中の展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
※20名以上は各100円引きとなります。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ぱなそにっくしおどめみゅーじあむ

パナソニック 汐留ミュージアム 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

子どものための建築と空間展

開催期間:

私たちが子どものときに過ごした空間は、原風景として長く記憶に留まり、その後の生き方や考え方の形成に 与える影響は少なくありませ...

子どものための建築と空間展

作り手と使い手の両方に着目しながら
ただいま開催中

これまでにパナソニック 汐留ミュージアムで開催された展覧会

開館15周年 特別展 ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ

開催期間:

20世紀フランスを代表する画家ジョルジュ・ルオー(1871-1958)。本展は、ルオーの画業の...

開館15周年 特別展 ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ

ルオー芸術の集大成となる展覧会
会期終了

没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―

開催期間:

明治23(1890)年、島根県安来市に生まれた河井寬次郎は、明治43(1910)年に松江中学を...

没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―

寬次郎の仕事の全貌と深い精神世界を辿る
会期終了

ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 ―メタモルフォーシス

開催期間:

キュビスムの創始者ジョルジュ・ブラック(1882-1963)は、20世紀初頭、ピカソとともに、...

ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 ―メタモルフォーシス

「ブラック芸術の最高峰」
会期終了

創業100周年特別記念展 日本の四季 ─ 近代絵画の巨匠たち ─

開催期間:

松下幸之助(1894-1989)が大阪に松下電気器具製作所(現パナソニック)を創設してから100年。その節目の年に、パナソニックが収蔵す...

創業100周年特別記念展 日本の四季 ─ 近代絵画の巨匠たち ─

川合玉堂、竹内栖鳳、梅原龍三郎ら
会期終了

ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯 ―

開催期間:

ヘレンドとは、ハンガリーの首都・ブダペストから南西に約110キロを隔てた静かな村にある磁器製作所です。 1826年に創設され、ハプス...

ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯 ―

優雅で華やかな磁器の魅力を堪能
会期終了

表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち

開催期間:

抽象絵画の創始者ヴァシリー・カンディンスキー(1866-1944)と、20 世紀フランス最大の宗教画家ジョルジュ・ルオー(1871-1958)。本...

表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち

油彩画を中心に貴重な作品約130点が出品
会期終了

AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展

開催期間:

世界的に活躍するプロダクトデザイナー、深澤直人(1956-)の国内初個展となる展覧会です。 ALESSI、ARTEMIDE、B&B ITALIA、BOFFI、D...

AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展

深澤直人が生み出す生活の空気を体感
会期終了

日本、家の列島―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン

開催期間:

あなたは今をときめく、日本で注目の建築家に家を建ててもらいたいと思ったことはありま...

日本、家の列島―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン

ヨーロッパの人々も驚いた!注目の展覧会
会期終了

マティスとルオー展 ―手紙が明かす二人の秘密―

開催期間:

1906年8月30日、アフリカ旅行から戻った36歳のマティスは、「中でも砂漠はすごかった」と、その強い印象を友人のルオーに書き送ります...

マティスとルオー展 ―手紙が明かす二人の秘密―

約半世紀にもわたる友情の手紙
会期終了

モードとインテリアの20世紀 ―ポワレからシャネル、サンローランまで―

開催期間:

きらめくベルベットの布地に豪華な毛皮で襟飾りが施されたコート、最高の職人の手で刺さ...

モードとインテリアの20世紀 ―ポワレからシャネル、サンローランまで―

20世紀の衣服と住居、その移ろい
会期終了

ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝

開催期間:

イタリア・ルネサンスの巨匠ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)は、彫刻、絵画、建築という視覚芸術の3つの領域にいおいて...

ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝

彫刻、絵画、建築において超人的な活躍
会期終了

REVALUE NIPPON PROJECT展 中田英寿が出会った日本工芸

開催期間:

元サッカー日本代表である中田英寿氏が現役引退後続けている活動のひとつに「REVALUE NIPPON PROJECT」があります。 この活動は、日本...

REVALUE NIPPON PROJECT展 中田英寿が出会った日本工芸

工芸、文化の技術や価値、可能性を再発見
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE