美をつくし―大阪市立美術館コレクション

サントリー美術館

  • 開催期間:2022年9月14日(水)〜2022年11月13日(日)
  • クリップ数:33 件
  • 感想・評価:6 件
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-1
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-2
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-3
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-4
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-5
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-6
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-7
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-8
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-9
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-10
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-11
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-12
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-13
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-14
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-15
《花卉図冊》 惲寿平 一冊 清時代 17世紀 大阪市立美術館 【展示期間:9/14〜10/10】
《花卉図冊》 惲寿平 一冊 清時代 17世紀 大阪市立美術館 【展示期間:10/12〜11/13】
《青銅鍍金銀 仙人》 一箇 後漢時代 1〜2世紀 大阪市立美術館 【全期間展示】
《石造 菩薩交脚像龕》 一基 南北朝時代北魏 5世紀後半 大阪市立美術館 【全期間展示】
重要文化財《金銅 菩薩立像》 一軀 飛鳥時代 7世紀 大阪市立美術館 【全期間展示】
重要文化財《銅 湯瓶》 一口 鎌倉時代 13〜14世紀 大阪市立美術館 【全期間展示】
《新蔵人物語絵巻》部分 伝 後柏原院卿内侍 二巻 室町時代 16世紀 大阪市立美術館 【全期間展示】(ただし場面替えあり)
重要文化財《四季花鳥図屏風》 狩野宗秀 六曲一双のうち左隻 桃山時代 16世紀 大阪市立美術館 【展示期間:11/2〜11/13】
重要文化財《四季花鳥図屏風》 狩野宗秀 六曲一双のうち右隻 桃山時代 16世紀 大阪市立美術館 【展示期間:11/2〜11/13】
重要文化財《潮干狩図》 葛飾北斎 一幅 江戸時代 19世紀 大阪市立美術館 【展示期間:11/2〜11/13】
《橋姫蒔絵硯箱》 一合 江戸時代 18〜19世紀 大阪市立美術館 【全期間展示】
《獅子舞牙彫根付》 銘 八雅 一点 明治時代 19〜20世紀 大阪市立美術館【全期間展示】
《唐犬》 橋本関雪 二曲一隻 昭和11年(1936) 大阪市立美術館 【全期間展示】
《星》 北野恒富 一面 昭和14年(1939) 大阪市立美術館 【全期間展示】
《晩秋》 上村松園 一面 昭和18年(1943) 大阪市立美術館 【全期間展示】
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-1
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-1
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-1
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-1
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-1
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-1
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-1
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-1
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-1
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-1
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-1
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-1
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-1
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-1
美をつくし―大阪市立美術館コレクション サントリー美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

大阪市立美術館は、東京・京都に次ぐ日本で三番目の公立美術館として、昭和11年(1936)に開館しました。長年にわたり築かれたコレクションは、日本・中国の絵画や書蹟、彫刻、工芸など8500件を超え、時代も紀元前から近代まで実に多彩です。とりわけ関西の財界人によるコレクションをまとめて収蔵する点に特徴があり、美術館の敷地も住友家から大阪市に本邸跡地が寄贈されました。

現在、美術館の建物は登録有形文化財(建造物)に指定されていますが、開館90周年(2026)を前に大規模な改修工事が行われることとなりました。そこで本展では、この長期休館を機に、各ジャンルから厳選された優品を紹介します。同館でもそろって展示されることが滅多にない名品を、館外で一堂にご覧いただける初めての展覧会です。

展覧会名「美(み)をつくし」は、大阪市章にもかたどられる「澪標(みおつくし)」になぞらえたものです。難波津(なにわづ)の航路の安全のために設けられた標識「澪標」のように、美の限りをつくしたコレクションの世界へ身をつくしてご案内します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年9月14日(水)〜2022年11月13日(日)
  • ※作品保護のため、会期中展示替を行います
    ※会期は変更の場合があります。最新情報は美術館の公式サイトでご確認ください
会場 サントリー美術館 Google Map
住所 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
  • ※金・土および9月18日(日)・22日(木)、
    10月9日(日)、11月2日(水)は20:00まで開館
    ※いずれも入館は閉館の30分前まで
休館日 火曜日 
※ただし11月8日は18:00まで開館
観覧料 【当日券】
一般1,500円
大学・高校生 1.000円
中学生以下無料
【前売】
一般 1,300円
大学・高校生 800円
  • ※サントリー美術館受付、サントリー美術館公式オンラインチケット、ローソンチケット、セブンチケットにて取扱
    ※前売券の販売は展覧会開幕前日まで
    ※サントリー美術館受付での販売は開館日のみ
TEL03-3479-8600
URLhttps://www.suntory.co.jp/sma/

サントリー美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

サントリー美術館 サントリー美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

「サン美学芸員のなにコレポイント」が最高♪

ごめんなさい、大阪市立美術館、存在も知りませんでした(汗)
ですが、写真で紹介されいた建物もレトロで良い雰囲気、他の作品も見たい、で、リニューアルオープンしたら絶対に行こうと決意。

個人コレクターの寄贈、住友家の支援等で集められた収蔵品の中から、厳選された出品は多彩で、素敵な作品ばかりでした。

どの解説もわかりやすいのですが、半数くらいに「サン美学芸員のなにコレポイント」があり、ちょっとした話が紹介され、これがまた秀逸で最高でした。どんなに楽しい解説かは、ぜひ会場で。

マイベストスリー
・尾形光琳の燕子花図:金地に、緑のリズミカルな葉と青い花は、やっぱり素敵
・三彩印花 花文碗:繊細な模様と、きれいな釉薬が素敵な唐三彩
・橋本関雪の唐犬:ボルゾイのモフモフ感と、グレーハウンドの滑らかな毛皮?の対比が見事

根付は全て、絵画、仏像は数点が写真撮影可です。
ミュージアムショップは、本展限定のグッズも。紅葉を彩った落雁を購入。外箱は切り取って栞にできそうです。

展示替えがあるので、後期もいかないと!です。

THANKS!をクリックしたユーザー
micco3216さん

REPORT

大阪市美の収蔵品の、なんと運命的な集まり方なこと!

大阪市美の建替え期間中の所蔵品巡回展。
「仏教美術、中近世の日本美術、中国美術、日本近世工芸」の各ジャンル、150点近くの作品を展示。
これらの展示作品の素晴らしさに加え、コレクションの集まり方に「運命的なもの」を感じずにはいら…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん
  • VIEW77
  • THANKS1
  • BY moca

4.0

バラエティ豊か

週末の昼前に訪問。天気のせいもあるのかやや少なめの観覧者です。大阪市美の名品が数多く展示されています。最初は仏教美術で、精緻な仏具等の展示があり、屏風や巻物の展示が続きます。化物草子や百鬼夜行絵巻はユニークでした。3階は近代絵画があり、特に唐犬の絵は迫力がありました。最も興味深かったのは最後の根付コレクションです。精密な彫りや、面白い題材は何度見ても見飽きることがありません。舌切り雀や、寿老大黒などは必見でしょう。入れ替えが複数回あるようなので目的の美術品があるときをうまく狙うとよいでしょう。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん

5.0

東日本で観る機会の少ない稀少なコレクションを堪能

コレクションの中から厳選、名品からゆるめで楽しい名品が選出され、おすすめ展です。仏教美術、絵巻の展示の中の脱力系作品はナニコレポイントキャプションが充実しており、楽しさ倍増。勿論、美術史的に貴重な名品も多数展示、尾形光琳絵画、デザインや関係文書は必見、凄かったのが近代日本画6作品、展覧会でメインビジュアルを飾れるレベルの力作ばかりです。近世工芸も見所多数の素敵な展覧会でした。前期に行きましたが、後期は古狩野の名品、宗秀の屏風に重文の北斎の肉筆も展示されます。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、シンディさん
  • 2
  • BY TK

4.0

もっと尽くして

なにコレ、良かったです。

大阪市立美術館コレクションを東京で鑑賞出来るのは嬉しい限りです。
仏教、中世、江戸、光琳資料、日本画、中国、工芸などダイジェスト的に楽しめました。
大阪市美は良い意味で雑多なごった煮コレクションなのでもっと色々観たいです。特に中国美術。
巡回展のようで展示替えは多数あるものの東京展には出品されない作品もあります。
一部写真撮影可能です。

もうひと押し、もう一声というのが正直なところですが
腹八分目にしておいて再開したら遊びに来てねという狙いかも知れません。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、シンディさん、micco3216さん

5.0

珠玉のコレクション

まさに大阪の宝を一部ではあるものの見せてもらった。仏教コレクションに近代日本画、根付のコレクションなど幅広く展示されている。個人的には金泥の法華経は実は骨や魚の歯で磨きをかけていることに驚いた。
ごく一部の作品と根付の全ては撮影可能。

THANKS!をクリックしたユーザー
シンディさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

《花卉図冊》 惲寿平 一冊 清時代 17世紀 大阪市立美術館 【展示期間:9/14〜10/10】

《花卉図冊》 惲寿平 一冊 清時代 17世紀 大阪市立美術館 【展示期間:10/12〜11/13】

《青銅鍍金銀 仙人》 一箇 後漢時代 1〜2世紀 大阪市立美術館 【全期間展示】

《石造 菩薩交脚像龕》 一基 南北朝時代北魏 5世紀後半 大阪市立美術館 【全期間展示】

重要文化財《金銅 菩薩立像》 一軀 飛鳥時代 7世紀 大阪市立美術館 【全期間展示】

重要文化財《銅 湯瓶》 一口 鎌倉時代 13〜14世紀 大阪市立美術館 【全期間展示】

《新蔵人物語絵巻》部分 伝 後柏原院卿内侍 二巻 室町時代 16世紀 大阪市立美術館 【全期間展示】(ただし場面替えあり)

重要文化財《四季花鳥図屏風》 狩野宗秀 六曲一双のうち左隻 桃山時代 16世紀 大阪市立美術館 【展示期間:11/2〜11/13】

重要文化財《四季花鳥図屏風》 狩野宗秀 六曲一双のうち右隻 桃山時代 16世紀 大阪市立美術館 【展示期間:11/2〜11/13】

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE