ART BLOGS

アートブログ

日本デビュー20周年記念 リサとガスパールのおもいで展

招待券をいただいたので開催2日目に訪問。

緊急事態宣言下ですが入場制限される程の人混みでした。

百貨店のイベントスペースだからなのか、会期が9日間と言う短さだからなのか…。

「リサとガスパール」は1999年にフランスで生まれた絵本。

アン・グットマンさんとゲオルグ・ハンスレーベンさん夫婦によって紡がれて来た作品です。

イヌでもウサギでもない不思議なパリの住人のリサとガスパールは2000年に日本で紹介されて人気シリーズになりました。

日本デビュー20周年を記念した本展では、これまでに発表された約40タイトルから、原画100点以上を一堂に展示。

リサとガスパールが生まれるキッカケとなったゲオルグさんの「赤い手帳」の他、映像では二人の作品に対する想いやメッセージも紹介されています。

油彩で描かれた作品はどれも色鮮やかで、ほのぼのした雰囲気。

誰もが子供の頃に経験した(経験したいと思った)事が描かれていて、思わず笑顔になります。

リサの口癖の「ひゃーっ、やっちゃった!」と言う声が聞こえてきそうです。

隣の人と肩が触れる程の人混みではありましたが、皆さん譲り合って笑顔だったのが印象的でした。

グッズ売り場には絵本はもちろん、貴重な原画の特別販売から、20周年記念限定グッズ、お菓子やブランドショップとのコラボレーショングッズなどもあり、散財すること必須です。


プロフィール

tibeanie3
歌川広重の「東海道五十三次」をみて浮世絵版画に目覚めました。
歌川広重、歌川国芳、川瀬巴水、吉田博などの作品が大好きですが、最近は日本画鑑賞にもはまっています。
美術館カフェも大好き。
食わず嫌いはいけないと、西洋美術も勉強中です。
通報する

この記事やコメントに問題点がありましたら、お知らせください。

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE
いいね!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE