美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

サントリー美術館SUNTORY MUSEUM of ART

サントリー美術館

© 木奥惠三

サントリー美術館についてABOUT SUNTORY MUSEUM of ART

2011年に開館50周年を迎えたサントリー美術館は、佐治敬三(当時サントリー株式会社社長)によって、1961年に千代田区 丸の内のパレスビル内に開館。1975年には、赤坂のサントリービル内に移転し、2007年には、現在の六本木 東京ミッドタウン内に移転した。

開館当初より「生活の中の美」を基本テーマとした企画展示や作品収集を進めており、その収集方針のもとに集められた収蔵品は、国宝1件、重要文化財13件、重要美術品21件を含む約3,000件に及び、平安時代から江戸時代にかけての絵画、漆工、陶磁器、ガラス、染織など多岐にわたる。尚、常設展は行わず、企画展のみ開催している。

1960年代から現代までの過去の展覧会について、サントリー美術館のサイト上で紹介している。

主な収蔵品には、

国宝「浮線綾螺鈿蒔絵手箱」(ふせんりょうらでんまきえてばこ)、

重要文化財
「白泥染付金彩芒文蓋物」 尾形乾山
「南蛮屏風」 伝 狩野山楽(1559~1635年)
「染付松樹文三脚皿」
「色絵花鳥文八角大壺」
「色絵五艘船文独楽形鉢」
「小倉山蒔絵硯箱」 五十嵐派
「四季花鳥図屏風」 伝 土佐広周(1429-87)
「善教房絵巻」 画/詞書 伝後光厳院(1338-1374)
「泰西王侯騎馬図屏風」
「桐竹鳳凰蒔絵文台・硯箱」
「菊蒔絵文台」
「佐竹本・三十六歌仙絵 源順」 絵/伝 藤原信実 書/伝 後京極良経

などがある。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒107-8643 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階  TEL 03-3479-8600
サントリー美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

サントリー美術館 公式サイトURL
https://www.suntory.co.jp/sma/index.html
所在地
〒107-8643 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
TEL 03-3479-8600
最寄駅
都営地下鉄大江戸線 六本木駅 出口8より直結
東京メトロ日比谷線 六本木駅より地下通路にて直結
東京メトロ千代田線 乃木坂駅 出口3より徒歩約3分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※ただし金・土は20:00まで開館
※いずれも最終入館は閉館30分前まで
※開館情報は、今後の状況により変更する場合があります。詳しくは最新の展覧会情報をご確認ください。
定休日
定休日についての追記事項
※展示替期間、年末年始
入館料・観覧料
展覧会により異なる。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※20名以上の団体は1名につき100円割引となります。なお、団体での観鑑は事務局へご相談ください。問い合わせ先:03-3479-8600
※同じ展覧会をご覧になる場合、2回目以降は当日料金の100円割引で入館いただけます。また、前回の展覧会の半券をお持ちいただいた場合も100円割引となります。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
さんとりーびじゅつかん

サントリー美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

サントリー美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催展覧会情報は、現在ありません

サントリー美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでにサントリー美術館で開催された展覧会

会期終了サントリー芸術財団50周年  黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶

会期:

桃山時代には、茶の湯のためのやきもの「茶陶」が日本各地の窯で創造されました。 岐阜県の美濃(...

サントリー芸術財団50周年  黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶

会期終了 遊びの流儀 遊楽図の系譜

会期:

「遊びをせんとや生まれけむ」とは、平安時代末期の歌謡集『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』の有名な一節です。 この展覧会は美術のテーマとなった「遊び」に着目し、双六やカルタ、舞踊やファッショ...

 遊びの流儀 遊楽図の系譜

会期終了nendo × Suntory Museum of Art information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美

会期:

人は美しいものに出会ったとき、2種類の感動のしかたをすると仮定。 作品の背景や製作過程、作者の...

nendo × Suntory Museum of Art information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美

会期終了河鍋暁斎 その手に描けぬものなし

会期:

河鍋暁斎(かわなべきょうさい 1831~89)は天保2年(1831)、下総国古河(現・茨城県古河市)に生まれました。 数え2歳のときに家族とともに江戸に出...

河鍋暁斎 その手に描けぬものなし

会期終了扇の国、日本

会期:

「扇」は、日本で生まれ発展したものです。その起源は詳らかではありませんが、早く10世紀末には中国や朝鮮半島に特産品としてもたらされ、中国の文献には、それまで一般的だった団扇と区別して、折り畳...

扇の国、日本

会期終了京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-

会期:

京都にある醍醐寺は、真言密教の拠点として、古くから歴史の表舞台で重要な役割を果たしてきた名刹です。 今回の展覧会では国宝・重要文化財に指定された仏像や仏画を中心に、普段は公開されない貴重な...

京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-

会期終了琉球 美の宝庫

会期:

多くの島々からなる沖縄は、かつては琉球と称され、独自の美が生み出された海上王国でした。15世紀に統一王朝が成立し、400年以上にわたって東アジアを舞台に“万国津梁(世界の架け橋)”として繁栄した琉...

琉球 美の宝庫

会期終了ガレも愛した-清朝皇帝のガラス

会期:

中国のガラスの起源は古く、春秋時代末期から戦国時代(紀元前5~前3世紀)に遡ります。 当初は主に儀式にまつわる璧や剣装、あるいはトンボ珠や環などの装飾品が多く、貴石や玉の代用品の役割を果たし...

ガレも愛した-清朝皇帝のガラス

会期終了寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽

会期:

17世紀初め、江戸幕府が政権を確立すると戦乱の世は終わりを告げ、泰平の時代がおとずれました。時を同じくして文化面でも新たな潮流が生まれます。そ...

寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽

会期終了六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年

会期:

2010年、国立セーヴル磁器製作所と国立セーヴル陶磁美術館が統合され「セーヴル陶磁都市」という新...

六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年

会期終了六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信

会期:

本展は、狩野元信を単独で扱う初めての本格的な回顧展となります。 狩野元信(1477?~1559)は、室町時代より長きにわたり画壇の中心を担ってきた狩野...

六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信

会期終了六本木開館10周年記念展 おもしろびじゅつワンダーランド2017

会期:

美術館では静かに作品をみて、心の中で味わって…そんな鑑賞方法も素敵ですが、この展覧会ではちょっと違います。 みて、きいて、はなして、つくって…...

六本木開館10周年記念展 おもしろびじゅつワンダーランド2017

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE