Sukekiyo-Acckermanさんのページ

フォローする

イベントクリップ(訪問済みイベント)

安井仲治展

安井仲治展

愛知県美術館|愛知県会期終了

会期:

日本の写真史において傑出した存在であった安井仲治(やすいなかじ 1903-1942)。10代でカメラと出会った安井は、20代半ばには関西の写...

開館35周年記念 福田美蘭―美術って、なに?

開館35周年記念 福田美蘭―美術って、なに?

名古屋市美術館|愛知県会期終了

会期:

福田美蘭(1963-)は、東京藝術大学大学院を修了後、具象絵画の登竜門といわれた安井賞を最...

山王美術館コレクションでつづる  横山大観・梅原龍三郎展

山王美術館コレクションでつづる 横山大観・梅原龍三郎展

山王美術館|大阪府会期終了

会期:

日本を代表する日本画家である横山大観。明治元年に生まれ、西洋の影響を受け始めた時代...

画人たちの仏教絵画 ―如春斎再び!―

画人たちの仏教絵画 ―如春斎再び!―

西宮市大谷記念美術館|兵庫県会期終了

会期:

仏教絵画(仏画)は、仏教が日本に伝わった6世紀半ばから、その教えを広めるために大いに...

京都市美術館開館90周年記念展 竹内栖鳳 破壊と創生のエネルギー

京都市美術館開館90周年記念展 竹内栖鳳 破壊と創生のエネルギー

京都市京セラ美術館|京都府会期終了

会期:

京都市美術館の開館90周年を記念して開催す...

特別展 生誕270年 長沢芦雪

特別展 生誕270年 長沢芦雪

大阪中之島美術館|大阪府会期終了

会期:

伊藤若冲、曽我蕭白と共に「奇想の画家」のひとりとして近年国内外から注目を集める長沢芦雪(1754〜1799)に焦点をあて、芦雪の画業を...

開館60周年記念 京都画壇の青春―栖鳳、松園につづく新世代たち

開館60周年記念 京都画壇の青春―栖鳳、松園につづく新世代たち

京都国立近代美術館|京都府会期終了

会期:

京都の明治以降の美術界の歴史は、東京や西...

企画展「若冲と応挙」

企画展「若冲と応挙」

相国寺承天閣美術館|京都府会期終了

会期:

18世紀の京では、多くの絵師が各々の画技をふるいました。なかでも、伊藤若冲と円山応挙は現在も愛好者の多い、人気の絵師です。本展覧...

新指定・重要文化財紹介 雪舟と雲谷派

新指定・重要文化財紹介 雪舟と雲谷派

山口県立美術館|山口県会期終了

会期:

室町時代、日本絵画史を代表する画僧・雪舟等楊(1420-1506?)は山口を拠点に活動しまし...

毛利博物館所蔵「源氏物語絵巻」‐はじめて出会う『源氏物語』

毛利博物館所蔵「源氏物語絵巻」‐はじめて出会う『源氏物語』

山口県立美術館|山口県会期終了

会期:

平安時代に紫式部によって記された王朝恋愛長編『源氏物語』。 日本古典文学の金字塔と...

生誕110年 松田正平展

生誕110年 松田正平展

山口県立美術館|山口県会期終了

会期:

独特の透明感あふれる作風で、白洲正子や山田洋次などの著名人にもファンの多い洋画家、松田正平(1913-2004)。生誕110年を記念して、...

特集展示 茶の湯の道具 茶碗

特集展示 茶の湯の道具 茶碗

京都国立博物館|京都府会期終了

会期:

茶の湯で用いられる茶碗は、単に茶を飲むための器というだけでなく、茶席において亭主と客とをつなぐ重要な道具であり、直接手にして鑑...

最後の浮世絵師 月岡芳年

最後の浮世絵師 月岡芳年

芦屋市立美術博物館|兵庫県会期終了

会期:

江戸の新橋で生まれた月岡芳年(1839-1892)は、12歳のときに歌川国芳(1797-1861)に学び、15歳で画壇デビューしました。22歳頃から...

ルーヴル美術館展 愛を描く

ルーヴル美術館展 愛を描く

京都市京セラ美術館|京都府会期終了

会期:

人間の根源的な感情である「愛」は、古代以来、西洋美術の根幹をなすテーマの一つであったといえるでしょう。ギリシア・ローマ神話を題...

特別展「超・色鉛筆アート展~神ワザ12人の彩りスタイル」

特別展「超・色鉛筆アート展~神ワザ12人の彩りスタイル」

神戸ファッション美術館|兵庫県会期終了

会期:

色鉛筆は幼い日からお絵かきやぬりえに常に寄り添う画材でした。いろいろな色を使って気...

パフューム衣装展「Perfume COSTUME MUSEUM」

パフューム衣装展「Perfume COSTUME MUSEUM」

兵庫県立美術館|兵庫県会期終了

会期:

ステージ演出やミュージックビデオの世界観に基づき制作されてきた衣装は、Perfumeの表現...

開館60周年記念 走泥社再考 前衛陶芸が生まれた時代

開館60周年記念 走泥社再考 前衛陶芸が生まれた時代

京都国立近代美術館|京都府会期終了

会期:

1948年に八木一夫、叶哲夫、山田光、松井美介、鈴木治の5人で結成された走泥社(そうでい...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE