美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

町田市立国際版画美術館Machida City Museum of Graphic Arts

町田市立国際版画美術館

町田市立国際版画美術館についてABOUT Machida City Museum of Graphic Arts

町田市立国際版画美術館は、緑豊かな、東京都町田市立の都市公園、芹ヶ谷公園(せりがやこうえん)内南側に位置する、世界でも数少ない版画を中心とする美術館である。

1987年の開館以来、国内外のすぐれた版画作品や資料を収集・保存し、現在3万点を超える収蔵品を有している。これら豊富な収蔵作品をベースとして、常設展示ほか、国内外の優れた美術作品の魅力ある企画展示を行っている。

また、美術・文化の交流の場として、各種イベントや講座などの幅広い活動を行い、町田市の文化・芸術活動の拠点となっている。

町田市立国際版画美術館では、古くは奈良時代から現代まで、日本をはじめ海外の版画を収集し、その保存と調査につとめている。現在3万点を超えるコレクションは、版画の歴史をたどることができ、美的価値の高いものであると同時に技術の変遷や社会的役割など、版画を多面的にとらえることのできるものである。

主な収蔵作家には、日本の作家では、葛飾北斎、歌川広重、月岡芳年、橋口五葉、川瀬巴水、谷中安規、棟方志功、長谷川潔、畦地梅太郎、若林奮、飯田善國など。

海外の作家では、アルブレヒト・デューラー、レンブラント・ファン・レイン、ヤン・アイテンボハールト、カミーユ・ピサロ、ウジェーヌ・ドラクロワ、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック、モーリス・ドニ、エドゥアール・マネ、ヴァシリィ・カンディンスキー、パブロ・ピカソ、ジョルジュ・ルオー、ロイ・リキテンスタインなど。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1  TEL 042-726-2771
町田市立国際版画美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

町田市立国際版画美術館 公式サイトURL
http://hanga-museum.jp/
所在地
〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1
TEL 042-726-2771
最寄駅
小田急線 町田駅より徒歩約15分

JR 横浜線町田駅(中央口)より 徒歩約15分、(ターミナル口)より 徒歩約12分

神奈中バス「高ヶ坂センター前」から徒歩7分
※平日は、町田市民バス「まちっこ」 も利用可
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
※土・日・祝日は10:00~17:30
(最終入場時間 17:00)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※祝日および振り替え休日にあたった場合はその翌日
※12月28日~1月4日
入館料・観覧料
企画展示は展覧会によって料金が変わります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※身体障がい者手帳、および東京都愛の手帳、精神障がい者保健福祉手帳をご持参の方と付き添いの方は半額
※満65歳以上の方は半額、中学生以下は無料
※20名以上の団体は、団体料金が適用されます。
※団体観覧をご希望で、大型バスでお越しの場合、あらかじめ美術館までご連絡ください。
※ミニ企画展(常設展示室)は無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
まちだしりつこくさいはんがびじゅつかん

町田市立国際版画美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

町田市立国際版画美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中美人画の時代 ―春信から歌麿、そして清方へ―

会期:

数々のスター絵師が活躍した、18世紀後半の浮世絵界。天明・寛政(1781-1801)を中心とするこの時期は、いつからか浮世絵史の「黄金期」として親しまれ...

美人画の時代 ―春信から歌麿、そして清方へ―

これまでに町田市立国際版画美術館で開催された展覧会

会期終了インプリントまちだ展2019 田中彰 町田芹ヶ谷えごのき縁起

会期:

若手アーティストが町田に取材した作品を発表する「インプリントまちだ」の第三弾として、田中彰(たなか・しょう、1988年生まれ)を招へいします。 ...

インプリントまちだ展2019 田中彰 町田芹ヶ谷えごのき縁起

会期終了畦地梅太郎・わたしの山男

会期:

「山の版画家」、畦地梅太郎(あぜちうめたろう 1902-99)。自ら山を歩き、その経験から生み出した作品で、今も広い世代の人々に愛されています。1970年代中頃に移り住んだ町田市鶴川で晩年を過ごし、町...

畦地梅太郎・わたしの山男

会期終了THE BODY―身体の宇宙―

会期:

古くから人間の身体は様々なまなざしで見つめられてきました。 理想を求める美術、仕組みを明らかにする解剖学、そして天体とのつながりを見いだす占星術など、私たちの感性と知性と想像力はじつに多彩...

THE BODY―身体の宇宙―

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE