美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

横尾忠則現代美術館The Yokoo Tadanori Museum of Contemporary Art

横尾忠則現代美術館

横尾忠則現代美術館についてABOUT The Yokoo Tadanori Museum of Contemporary Art

横尾忠則現代美術館は、兵庫県西脇市出身の美術家、横尾忠則本人から兵庫県に寄贈・寄託された作品・資料の保管・展示のため、兵庫県立美術館王子分館(旧兵庫県立近代美術館、村野藤吾設計)の西館をリニューアルし、2012年11月に開館した。

コレクションを軸に、国際的に高く評価されている横尾忠則芸術の魅力を国内外にアピールするとともに、横尾と関わりのある様々な分野のアーティストや、横尾作品に関連するテーマ展など、多彩な展覧会を開催する。

通常の展示・保存機能の他に、アーカイブルームでは、膨大な関連資料の保管・調査・研究を行っている。横尾忠則の創作の秘密に迫る資料の数々は、その幅広い交流関係を反映し、戦後文化史を物語る貴重なものとなっている。

<横尾忠則 プロフィール>
1936年 兵庫県西脇市生まれの美術家、グラフィックデザイナー。西脇市名誉市民
神戸新聞社、ナショナル宣伝研究社(大阪)、日本デザインセンター(東京)などに勤務
1962年 26歳、大和証券DMのイラストでADC賞銀賞受賞。翌年、東京ADC賞銅賞を受賞
1969年 第6回パリ青年ビエンナーレ展(パリ)版画部門でグランプリ受賞
1972年 第4回ワルシャワ国際ポスター・ビエンナーレ展でユネスコ賞受賞、第5回ブルーノ国際グラフィックデザイン・ビエンナーレ展で特別賞受賞
1973年 現代日本版画展(ロンドンICA)で審査委員会賞受賞、東京ADC賞最高賞受賞
1997年 ニューヨークADC賞金賞受賞
2000年 ニューヨークアートディレクターズクラブ Hall of Fame授与(名誉の殿堂入り)
2001年 紫綬褒章受章
2004年 ニューヨークADC賞銀賞受賞、紺綬褒章受章
2006年 日本文化デザイン大賞受賞
2007年 兵庫県功労者表彰、世田谷区特別文化功労表彰
2008年 泉鏡花文学賞受賞
2011年 旭日章受章
2012年 常に時代と共振する斬新なグラフィックデザイン・絵画の制作により2011年度朝日賞受賞
2015年 高松宮殿下記念世界文化賞絵画部門受賞
など数々の錚々たる賞の受賞を重ねる。
また、三島由紀夫、寺山修司、篠山紀信、細江英公、岡本太郎、谷内六郎、高倉健ら多くの異なるジャンルの作家や写真家、俳優らと交流を持ち、共同で仕事をしている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒657-0837 兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30  TEL 078‐855‐5607(総合案内)
横尾忠則現代美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

横尾忠則現代美術館 公式サイトURL
http://www.ytmoca.jp/
所在地
〒657-0837 兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30
TEL 078‐855‐5607(総合案内)
最寄駅
阪急電車 王子公園駅 徒歩約6分
※急行・特急は止まりません
JR 灘駅 徒歩約10分
※新快速・快速・特急は止まりません
阪神電車 岩屋駅(兵庫県立美術館前) 徒歩約12分
※急行・特急は止まりません

神戸市営バス 「王子動物園前」停留所 徒歩約3分
90系統(中突堤中央ターミナル←→石屋川・石屋川車庫前)
92系統(三宮神社前←→石屋川・石屋川車庫前)
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※展覧会開催中の金・土曜日は10:00~20:00
(最終入場時間 19:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日の場合は翌日
※年末年始(12月31日、1月1日)
※メンテナンス休館
入館料・観覧料
展覧会ごとに定めます。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※1Fオープンスタジオ、4F休憩・閲覧コーナーへの入場は無料
割引クーポン
http://www.ytmoca.jp/topics/2012/11/post-2.html
美術館名 よみがな
よこおただのりげんだいびじゅつかん

横尾忠則現代美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

横尾忠則現代美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中横尾忠則 自我自損展

会期:

本展はアーティスト横尾忠則をゲスト・キュレーター(学芸員)に迎えた展覧会です。横尾が自らの個展をキュレーションするのは、公立美術館では初の試みです。 タイトルの「自我自損」は、エゴに固執す...

横尾忠則 自我自損展

これまでに横尾忠則現代美術館で開催された展覧会

会期終了人食いザメと金髪美女―笑う横尾忠則展

会期:

横尾忠則の作品には、様々な「笑い」の要素が見られます。 緊張感ある画面への弛緩的な事物の導入や、本来出会うことのないモチーフどうしの組み合わ...

人食いザメと金髪美女―笑う横尾忠則展

会期終了横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす

会期:

観客の前で作品をつくる公開制作は、横尾忠則がしばしば行う制作方法の一つです。人に見られることでかえって余計な自我やこだわりが消え、無心状態で...

横尾忠則 大公開制作劇場 ~本日、美術館で事件を起こす

会期終了兵庫県政150周年記念事業 横尾忠則 在庫一掃大放出展

会期:

2012年の開館以来、横尾忠則現代美術館では様々なテーマを設け、多彩な切り口から横尾忠則の作品を紹介してきました。 しかし今回は、あえて特定のテ...

兵庫県政150周年記念事業 横尾忠則 在庫一掃大放出展

会期終了兵庫県政150周年記念事業 横尾忠則 画家の肖像

会期:

1965年の自主制作ポスター《TADANORI YOKOO》以来、横尾忠則は作品にたびたび自身の姿を登場させています。 1960年代後半から若者文化を牽引し、作品...

兵庫県政150周年記念事業 横尾忠則 画家の肖像

会期終了兵庫県政150周年記念事業 開館5周年記念展「横尾忠則の冥土旅行」

会期:

「人は死んだらどこへ行くのか?」とは、いずれ死にゆく私たちが抱かずにはいられない謎に満ちた疑問です。 「死」を自らの重要なテーマと位置づけ、様...

兵庫県政150周年記念事業 開館5周年記念展「横尾忠則の冥土旅行」

会期終了横尾忠則 HANGA JUNGLE

会期:

横尾忠則は1960年代にアンダーグラウンド演劇のポスターをエロスと妖しさがただよう総天然色のデザインで制作して以来、グラフィズムによって時代の流行をつくりだし、日本文化をリードするデザイナーと...

横尾忠則 HANGA JUNGLE

会期終了ヨコオ・ワールド・ツアー

会期:

見聞きしたものを独自に変換し、編集して自身の作品に取り込む横尾忠則にとって、外国への旅はイマジネーションの宝庫でした。 1964年のヨーロッパ旅行以来、横尾は世界各国を訪れています。なかでも196...

ヨコオ・ワールド・ツアー

会期終了ようこそ!横尾温泉郷

会期:

2004年、横尾忠則は銭湯を改修した画廊での個展に、女湯の光景をモチーフにした連作を発表します。まげを結った浮世絵ふうの女性たちが、身体を洗ったり、湯ぶねに浸かったり、にぎやかにくつろぐ姿を描...

ようこそ!横尾温泉郷

会期終了ヨコオ・マニアリスム vol.1

会期:

横尾忠則現代美術館では、横尾忠則が自身の創作と記録のために保管している資料を預り、調査を進めています。 アトリエから運ばれてきた何百箱ものダンボール箱の中には、作品のモチーフとなった写真や...

ヨコオ・マニアリスム vol.1

会期終了横尾忠則展 わたしのポップと戦争

会期:

横尾忠則現代美術館初の二本立てによる展覧会「横尾忠則展 わたしのポップと戦争」が開催されます。 第1部「戦争」では、少年時代の横尾が体験した...

横尾忠則展 わたしのポップと戦争

会期終了開館3周年記念展 横尾忠則 幻花幻想幻画譚

会期:

1974〜75年に新聞連載された瀬戸内晴美(寂聴)による時代小説「幻花」のために、横尾忠則が描いた挿絵は、ユニークで謎めいた図像と執拗なまでの精緻...

開館3周年記念展 横尾忠則 幻花幻想幻画譚

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE