美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

横尾忠則現代美術館The Yokoo Tadanori Museum of Contemporary Art

横尾忠則現代美術館

横尾忠則現代美術館についてABOUT The Yokoo Tadanori Museum of Contemporary Art

横尾忠則現代美術館は、兵庫県西脇市出身の美術家、横尾忠則本人から兵庫県に寄贈・寄託された作品・資料の保管・展示のため、兵庫県立美術館王子分館(旧兵庫県立近代美術館、村野藤吾設計)の西館をリニューアルし、2012年11月に開館した。

コレクションを軸に、国際的に高く評価されている横尾忠則芸術の魅力を国内外にアピールするとともに、横尾と関わりのある様々な分野のアーティストや、横尾作品に関連するテーマ展など、多彩な展覧会を開催する。

通常の展示・保存機能の他に、アーカイブルームでは、膨大な関連資料の保管・調査・研究を行っている。横尾忠則の創作の秘密に迫る資料の数々は、その幅広い交流関係を反映し、戦後文化史を物語る貴重なものとなっている。

<横尾忠則 プロフィール>
1936年 兵庫県西脇市生まれの美術家、グラフィックデザイナー。西脇市名誉市民
神戸新聞社、ナショナル宣伝研究社(大阪)、日本デザインセンター(東京)などに勤務
1962年 26歳、大和証券DMのイラストでADC賞銀賞受賞。翌年、東京ADC賞銅賞を受賞
1969年 第6回パリ青年ビエンナーレ展(パリ)版画部門でグランプリ受賞
1972年 第4回ワルシャワ国際ポスター・ビエンナーレ展でユネスコ賞受賞、第5回ブルーノ国際グラフィックデザイン・ビエンナーレ展で特別賞受賞
1973年 現代日本版画展(ロンドンICA)で審査委員会賞受賞、東京ADC賞最高賞受賞
1997年 ニューヨークADC賞金賞受賞
2000年 ニューヨークアートディレクターズクラブ Hall of Fame授与(名誉の殿堂入り)
2001年 紫綬褒章受章
2004年 ニューヨークADC賞銀賞受賞、紺綬褒章受章
2006年 日本文化デザイン大賞受賞
2007年 兵庫県功労者表彰、世田谷区特別文化功労表彰
2008年 泉鏡花文学賞受賞
2011年 旭日章受章
2012年 常に時代と共振する斬新なグラフィックデザイン・絵画の制作により2011年度朝日賞受賞
2015年 高松宮殿下記念世界文化賞絵画部門受賞
など数々の錚々たる賞の受賞を重ねる。
また、三島由紀夫、寺山修司、篠山紀信、細江英公、岡本太郎、谷内六郎、高倉健ら多くの異なるジャンルの作家や写真家、俳優らと交流を持ち、共同で仕事をしている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒657-0837 兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30  TEL 078‐855‐5607(総合案内)
横尾忠則現代美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

横尾忠則現代美術館 公式サイトURL
http://www.ytmoca.jp/
所在地
〒657-0837 兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30
TEL 078‐855‐5607(総合案内)
最寄駅
阪急電車 王子公園駅 徒歩約6分
※急行・特急は止まりません
JR 灘駅 徒歩約10分
※新快速・快速・特急は止まりません
阪神電車 岩屋駅(兵庫県立美術館前) 徒歩約12分
※急行・特急は止まりません

神戸市営バス 「王子動物園前」停留所 徒歩約3分
90系統(中突堤中央ターミナル←→石屋川・石屋川車庫前)
92系統(三宮神社前←→石屋川・石屋川車庫前)
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※展覧会開催中の金・土曜日は10:00~20:00(入場は19:30まで)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が祝日の場合は翌日
・年末年始(12月31日、1月1日)
・メンテナンス休館
入館料・観覧料
展覧会ごとに定めます。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※1Fオープンスタジオ、4F休憩・閲覧コーナーへの入場は無料です。
割引クーポン
http://www.ytmoca.jp/topics/2012/11/post-2.html
美術館名 よみがな
よこおただのりげんだいびじゅつかん

横尾忠則現代美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

兵庫県政150周年記念事業 横尾忠則 画家の肖像

開催期間:

1965年の自主制作ポスター《TADANORI YOKOO》以来、横尾忠則は作品にたびたび自身の姿を登場させています。 1960年代後半から若者文化...

兵庫県政150周年記念事業 横尾忠則 画家の肖像

変幻自在の画家、横尾忠則の道程を辿る
ただいま開催中

これまでに横尾忠則現代美術館で開催された展覧会

兵庫県政150周年記念事業 開館5周年記念展「横尾忠則の冥土旅行」

開催期間:

「人は死んだらどこへ行くのか?」とは、いずれ死にゆく私たちが抱かずにはいられない謎に...

兵庫県政150周年記念事業 開館5周年記念展「横尾忠則の冥土旅行」

横尾作品を通じた死後の世界への冒険旅行
会期終了

横尾忠則 HANGA JUNGLE

開催期間:

横尾忠則は1960年代にアンダーグラウンド演劇のポスターをエロスと妖しさがただよう総天然色のデザインで制作して以来、グラフィズムに...

横尾忠則 HANGA JUNGLE

現代版画の未来を予見するような空間
会期終了

ヨコオ・ワールド・ツアー

開催期間:

見聞きしたものを独自に変換し、編集して自身の作品に取り込む横尾忠則にとって、外国への旅はイマジネーションの宝庫でした。 1964年...

ヨコオ・ワールド・ツアー

世界に拡がるヨコオワールド
会期終了

ようこそ!横尾温泉郷

開催期間:

2004年、横尾忠則は銭湯を改修した画廊での個展に、女湯の光景をモチーフにした連作を発表します。まげを結った浮世絵ふうの女性たちが...

ようこそ!横尾温泉郷

美術館を温泉施設に見立てて
会期終了

ヨコオ・マニアリスム vol.1

開催期間:

横尾忠則現代美術館では、横尾忠則が自身の創作と記録のために保管している資料を預り、調査を進めています。 アトリエから運ばれてき...

ヨコオ・マニアリスム vol.1

1960年代より書き続けている日記にも着目
会期終了

横尾忠則展 わたしのポップと戦争

開催期間:

横尾忠則現代美術館初の二本立てによる展覧会「横尾忠則展 わたしのポップと戦争」が開催されます。 第1部「戦争」では、少年時代の...

横尾忠則展 わたしのポップと戦争

横尾作品を通して改めて考察する「戦争」
会期終了

開館3周年記念展 横尾忠則 幻花幻想幻画譚

開催期間:

1974〜75年に新聞連載された瀬戸内晴美(寂聴)による時代小説「幻花」のために、横尾忠則が描いた挿絵は、ユニークで謎めいた図像と執...

開館3周年記念展 横尾忠則 幻花幻想幻画譚

「幻花」挿絵原画全371点の横尾ワールド
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE