美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

奈良国立博物館Nara National Museum

奈良国立博物館

奈良国立博物館についてABOUT Nara National Museum

奈良国立博物館は、東大寺、興福寺、春日大社などに囲まれた、奈良県奈良市登大路町の奈良公園の一角に位置する国立の博物館である。

寺院・神社をはじめとした文化財所有者の協力のもと、特に仏教と関わりの深い古美術品や考古遺品などの文化財の保存・調査・研究をおこなうとともに、展示を通して仏教への信仰が生み出した優れた美術の魅力と、その背景にある豊かな歴史・文化を伝えることを目的としている。

わが国における博物館の創設は、1867年(慶応3年)にフランスのパリで開催された万国博覧会を契機として、1871年(明治4年)に文部省内に博物局が設けられ、湯島聖堂を博物館としたことで、その第一歩が踏み出された。

奈良においては、1874年(明治7年)に官民合同による奈良博覧会社が設立され、東大寺大仏殿廻廊を会場として、正倉院宝物をはじめ貴重な寺宝類が陳列された。この博覧会は1890年(明治23年)まで続けられ、明治維新後の廃仏毀釈によって荒廃・散逸の恐れのあった多くの文化財は、この博覧会によって人々に貴重な遺産として認識されるようになった。

ことに奈良は廃仏毀釈の影響を受けることが著しかったが、こうした文化財の保存に対する関心の高まりのなかで、政府は、1888年(明治21年)に宮内省の臨時全国宝物取調局を設けて全国の文化財調査を実施した。また博物館についても1886年(明治19年)に宮内省の所管とし、ついで1889年(明治22年)、帝国博物館(東京)、帝国京都博物館とともに帝国奈良博物館の設置を決定し、1895年(明治28年)4月、帝国奈良博物館の開館が実現した。

奈良に国立の博物館を設立した趣旨は、社寺に伝わる多数の「名器・重宝」を博物館で保管し、公開してその価値を広く世間に知らせるとともに、それらの保存に協力することであった。昭和時代に入ると、各社寺からの寄託品も次第に増加し、陳列館(現在のなら仏像館)内の収蔵庫が狭くなったため、1937年(昭和12年)には収蔵庫が建築された。

当時の展示活動には、平常展示のほかに特定のテーマにもとづく特別展観(現在の春季特別展)があり、「天平文化記念品特別展」(昭和3年)、「運慶を中心とする鎌倉彫刻展」(昭和8年)、「絵巻・仏画特別展」(昭和11年)、「藤原美術展」(昭和13年)、「平家納経展」(昭和15年)などRead More注目すべき展観がおこなわれた。

一方、奈良帝室博物館で継続的に進められてきた正倉院古裂修理の成果として「正倉院御物古裂展」(昭和7年)も開催された。

1946年(昭和21年)2月には、戦後最初の特別展観「京都御所宝物展」が開催され、同年10月には「第1回正倉院展」が開催された。交通事情や食料事情の悪いなか、22日間に約15万人という 多数の入館者を迎えることができた。

現在に至るまでの奈良国立博物館における歴史詳細はこちらから

展示施設は、なら仏像館、青銅器館、東新館、西新館、地下回廊がある。「なら仏像館」の建物は、1894年(明治27年)に完成した、奈良で最初の本格的洋風建築である。設計は、当時宮内省内匠寮技師であった片山東熊(かたやまとうくま・1854-1917)によるもので、フレンチルネサンス高揚期の様式をとっている。玄関まわりの装飾は意匠的にすぐれ、明治中期の欧風建築として代表的なものとなっている。1969年(昭和44年)に国の重要文化財に指定されている。

※現在の「なら仏像館」は、それまで「本館」と称していた展示室が平成22年にリニューアルし、「なら仏像館」として再オープンしたものである。

片山東熊は、本館完成の翌年、帝国京都博物館を完成、奈良博物館の意匠をもとに、両翼を伸ばした伸びやかなデザインになっている。片山は、明治41年には、東京国立博物館の「表慶館」や11年の歳月を費やして完成した東京都内の「赤坂離宮(東宮御所)」造営にも携わっている。

1972年には、吉村順三の設計により、新館が完成し、本館と新館は地下道で結ばれるようになった。また、このときから、本館で開催されていた「正倉院展」が新館で開催されるようになった。そして、1997年には、やはり吉村順三の設計による東新館が完成し、従来の新館は西新館と改称している。
Close

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒630-8213 奈良県奈良市登大路町50番地  TEL 050-5542-8600 (NTTハローダイヤル)
奈良国立博物館 [MAP]

利用案内INFORMATION

奈良国立博物館 公式サイトURL
http://www.narahaku.go.jp/index.html
所在地
〒630-8213 奈良県奈良市登大路町50番地
TEL 050-5542-8600 (NTTハローダイヤル)
最寄駅
◆近鉄奈良駅下車 登大路町を東へ徒歩約15分
◆JR奈良駅または近鉄奈良駅から市内循環バス外回り(2番)「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ
◆関西国際空港からリムジンバスJR奈良駅行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分
◆大阪国際空港からリムジンバス奈良/天理行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
・臨時に開館時間を変更することがあります。詳しくは、展覧会カレンダーをご確認ください。
定休日
定休日についての追記事項
・月曜日が休日の場合はその翌日。連休の場合は終了後の翌日。
・1月1日
・その他に臨時に休館日を変更することがあります。詳しくは、展覧会カレンダーをご確認ください
入館料・観覧料
<名品展 ※特別陳列を含む>
一般 520円(410円)
大学生 260円(210円)
※( )内は団体20名以上。

<特別展・共催展>
特別展及び共催展の観覧料金は、その都度決定いたします。詳しくは、展示案内 - 特別展・特別陳列をご確認ください。
※団体は責任者が引率する20名以上が対象となります。
※高校生以下および18歳未満の方は無料です(フリースクールなども同様に適用します)。
※障害者の方と同数の介護者は無料です(障害者手帳が必要です)。
※70才以上の方は無料です(年齢のわかるものが必要です)。
入館料・観覧料についての追記事項
<子どもといっしょ割引>
子ども(中学生以下)と一緒に観覧される方は団体料金で観覧していただけます。
<レイト割引>
冬休み(12月・1月)及び夏休み(7月・8月)期間で、開館時間延長日の17時以降に観覧される方は団体料金で観覧していただけます。
<「夫婦の日」割引>
毎月22日を「夫婦の日」として、割引サービスを実施します(休館日を除く)。この日にご夫婦で入館される方については、一般の観覧料金の半額となります。
※観覧券売場にて、「夫婦で来ました」とお申し出下さい。
また、11月22日は、「イイフウフの日」とし、ご夫婦で入館される方の観覧料金が無料になります。
<無料観覧日(名品展のみ)>
節分(2月3日)、こどもの日(5月5日)、国際博物館の日(5月18日)、敬老の日、関西文化の日
割引クーポン
特になし
美術館・博物館名 よみがな
ならこくりつはくぶつかん

奈良国立博物館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

奈良国立博物館1000年忌特別展「源信 地獄・極楽への扉」

開催期間:

平安時代中期の天台僧・恵心僧都源信(942~1017)は奈良に生まれ、若くして比叡山に入り教学研究に打ち込みました。 その事績としてよ...

 1000年忌特別展「源信 地獄・極楽への扉」

11年ぶり!聖衆来迎寺六道絵全15幅を展示
ただいま開催中

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE