市立伊丹ミュージアム Itami City Museum of Art, History and Culture

市立伊丹ミュージアム

市立伊丹ミュージアムについてABOUT Itami City Museum of Art, History and Culture

兵庫県南東部に位置する伊丹市は、神戸市から約20km、大阪市から約10kmの圏域にあって、江戸時代には「酒の町」として繁栄した。文人墨客が訪れる文化の香り高い町として喧伝されてきた伊丹の街に、美術館をという市民の声によって、1987年(昭和62年)11月、伊丹市立美術館が開館した。

伊丹市立美術館は、近くに大阪、神戸、京都という大都市を控え、ごく近くにある国立、県立、市立の大きな美術館に伍して存在理由を明らかにするために個性ある運営を志し、「諷刺とユーモア」をコンセプトに蒐集活動を進めてきた。

館蔵品の大きな柱は、19世紀フランス美術を代表する作家の一人、オノレ・ドーミエの2,000点をこえる諷刺版画、49点の彫刻、4点の油絵などで、このコレクションは日本国内ではもちろん、世界的にも有数の規模を誇っている。

オノレ・ドーミエのコレクションを核としてドーミエと同時代の諷刺画家たちの作品、また時代を遡ってイギリスで活躍したウィリアム・ホガースやジェイムズ・ギルレイ、下っては明治の初めに日本で活躍したフランス人画家ジョルジュ・ビゴーの作品などを多数所蔵する。日本の近代諷刺雑誌も加えると、市民社会の成立とともに興り、発展していった諷刺画の系譜を概観できる内容と質を誇る。

「諷刺とユーモア」というコンセプトのもとに蒐集した、18世紀イギリスから現在へといたる国内外の近代諷刺画を主に、アーカイヴ含め約9,000点を収蔵する。年間5回ほどの展覧会を企画、講演会やワークショップなども積極的に開催している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

市立伊丹ミュージアム
〒664-0895 兵庫県 伊丹市宮ノ前2-5-20  TEL 072-772-5959

利用案内INFORMATION

市立伊丹ミュージアム 公式サイトURL
https://itami-im.jp/
所在地
〒664-0895 兵庫県 伊丹市宮ノ前2-5-20
TEL 072-772-5959
最寄駅
阪急伊丹駅 下車 北出口または東出口より 徒歩北東へ約9分
JR伊丹駅 下車 徒歩北西へ約6分(改札を出て左折:イオンモール伊丹と反対方向)
開館時間
開館時間 10:00〜18:00 (最終入館時間 17:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が祝日にあたるときその翌日
・年末年始(12月29日~1月3日)
・展示入替期間
入館料・観覧料
<所蔵品展>
一般 200円(160円)
大学・高校生 150円(120円)
小・中学生 100円(80円)
※( )内は20人以上の団体割引→団体利用について

<企画展>
展覧会により異なります。
開催中の展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
<有料展覧会には下記の割引があります>
※団体料金:20名様以上でのご利用。
※高齢者料金:伊丹市内在住の60歳以上(但し、土日祝日は65歳以上)の方は観覧料半額。受付にて住所・年齢を証明できるものをご呈示ください。
※障がい者料金:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳等をご呈示にてご本人と介護者1名は観覧料半額。
※学生料金:学生証(大学院、大学、高等学校、中等教育学校の後期課程およびこれらに準ずる学校の学生)をご呈示の上、ご本人のみ減免。
※県内在住の小・中学生は、受付にてひょうごっ子ココロンカード(県内在住、または県内の学校に在学する小・中学生に配布されているカード)のご呈示にて観覧料無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
いたみしりつみゅーじあむ

市立伊丹ミュージアムについての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

市立伊丹ミュージアム 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

市立伊丹ミュージアムにて、今後開催予定の展覧会

これまでに市立伊丹ミュージアムで開催された展覧会

Collection1 ジョージ・クルックシャンクのオムニバス展

Collection1 ジョージ・クルックシャンクのオムニバス展

会期終了

会期:

政治や社会の出来事などを絵で面白く伝える諷刺版画が大衆の娯楽だったイギリスでは、19...

カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌

カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌

会期終了

会期:

1830年に創刊された記念碑的な絵入諷刺雑誌『カリカチュール』。 七月王政を相手にルイ...

ゴヤ、理性のねむり“ロス・カプリチョス”にみる奇想と創意

ゴヤ、理性のねむり“ロス・カプリチョス”にみる奇想と創意

会期終了

会期:

変革の時代に生きたスペインの巨匠フランシス・デ・ゴヤ(1746-1828)の最初の版画集『ロ...

みんなのレオ・レオーニ展

みんなのレオ・レオーニ展

会期終了

会期:

赤い色をしたきょうだいたちの中で、唯一黒い魚の物語『スイミー』は、小学校の教科書に掲載され、日本全国で親しまれています。 その...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE