美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

兵庫県の展覧会

展覧会情報を登録申請する

検索

並び順

表示地域設定変更 全国の展覧会

神戸市立博物館|兵庫県会期終了古代ギリシャ ―時空を超えた旅―

会期:

ギリシャには古代、時代や地域によりさまざまな美術が花開きました。その中心は一貫して神々と人間の姿と物語でした。 大理石を削って作った小さなキュクラデス偶像、幾何学様式の壺絵からマケドニアの...

古代ギリシャ ―時空を超えた旅―

横尾忠則現代美術館|兵庫県会期終了ようこそ!横尾温泉郷

会期:

2004年、横尾忠則は銭湯を改修した画廊での個展に、女湯の光景をモチーフにした連作を発表します。まげを結った浮世絵ふうの女性たちが、身体を洗ったり、湯ぶねに浸かったり、にぎやかにくつろぐ姿を描...

ようこそ!横尾温泉郷

伊丹市立美術館|兵庫県会期終了再発見!小寺鳩甫展

会期:

伊丹市に居を構え、終の棲家とした漫画家・小寺鳩甫(こてらきゅうほ,1889[明治22]年~1962[昭和37]年)は、主に 大正から昭和にかけて関西を中心に活躍しました。 『週刊朝日』や『コドモアサヒ』...

再発見!小寺鳩甫展

兵庫県立美術館|兵庫県会期終了日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展

会期:

光あふれる地中海に面し、古代より風光明媚の地として知られた南イタリアのポンペイ。西暦79年、街の北側にあるヴェスヴィオ火山の噴火により、悲劇的...

日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展

伊丹市立美術館|兵庫県会期終了ウィリアム・ホガース “描かれた道徳”の分析

会期:

18世紀から19世紀イギリスでは、出版ジャーナリズムの台頭と銅版画の技術確立によって諷刺版画が隆盛し、数多くの優れた版画家たちが活躍しました。な...

ウィリアム・ホガース “描かれた道徳”の分析

兵庫県立美術館|兵庫県会期終了森山大道写真展「仮想都市(シャングリラ)~増殖する断片(ピース)」

会期:

写真家、森山大道の膨大な作品群を「仮想都市」の構築という切り口で再編。 神戸での撮り下ろし作...

森山大道写真展「仮想都市(シャングリラ)~増殖する断片(ピース)」

横尾忠則現代美術館|兵庫県会期終了ヨコオ・マニアリスム vol.1

会期:

横尾忠則現代美術館では、横尾忠則が自身の創作と記録のために保管している資料を預り、調査を進めています。 アトリエから運ばれてきた何百箱ものダンボール箱の中には、作品のモチーフとなった写真や...

ヨコオ・マニアリスム vol.1

兵庫県立美術館|兵庫県会期終了生誕130年記念 藤田嗣治展 -東と西を結ぶ絵画-

会期:

お河童頭に丸眼鏡で有名な藤田嗣治(ふじたつぐはる 1886‐1968)の生涯と画業をたどる展覧会です。 27歳で初めてフランスに渡って以来、81年の生涯の...

生誕130年記念 藤田嗣治展 -東と西を結ぶ絵画-

伊丹市立美術館|兵庫県会期終了岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ

会期:

『pink』『リバーズ・エッジ』『ヘルタースケルター』などで知られ、1980~90年代を象徴するマンガ家となった岡崎京子。 下北沢の理髪店に生まれ育ち...

岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ

伊丹市立美術館|兵庫県会期終了大原治雄 写真展〜ブラジルの光、家族の風景〜

会期:

ブラジルに移民し、農園を経営しながらアマチュアカメラマンとして写真を撮り続けていた大原治雄(1909−1999)。 大原は、家族や仲間と切り拓き、育て...

大原治雄 写真展〜ブラジルの光、家族の風景〜

伊丹市立美術館|兵庫県会期終了エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展

会期:

不思議な世界観と、モノトーンの緻密な線描で、世界中に熱狂的なファンをもつエドワード・ゴーリー(Edward Gorey, 1925-2000)。日本では異色の絵本作...

エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展

横尾忠則現代美術館|兵庫県会期終了横尾忠則展 わたしのポップと戦争

会期:

横尾忠則現代美術館初の二本立てによる展覧会「横尾忠則展 わたしのポップと戦争」が開催されます。 第1部「戦争」では、少年時代の横尾が体験した...

横尾忠則展 わたしのポップと戦争

兵庫県立美術館|兵庫県会期終了生誕180年記念 富岡鉄斎-近代への架け橋-展

会期:

近代文人画の巨匠、富岡鉄斎(1836-1924)の生誕180年を記念した回顧展の開催です。 京都に生まれ、幼い頃から国学、儒学、仏教等の学問を広く修め、...

生誕180年記念 富岡鉄斎-近代への架け橋-展

伊丹市立美術館|兵庫県会期終了ドーミエどーみる? しりあがり寿の場合

会期:

諷刺画で知られる伊丹市立美術館において、19世紀フランスの画家オノレ・ドーミエ(1808-1879)のコレクションは大きな柱のひとつです。 ドーミエは、...

ドーミエどーみる? しりあがり寿の場合

兵庫県立美術館|兵庫県会期終了奇想の版画家 谷中安規展

会期:

昭和初期、戦中から戦後にかけての激動の時代にあって、独自の幻想的ヴィジョンを木版に刻み続けた版画家・谷中安規(たになか・やすのり 1897 - 1946)。明治末期から昭和初期にかけて数多くの個性的な...

奇想の版画家 谷中安規展

兵庫県立美術館|兵庫県会期終了ジョルジョ・モランディ ー終わりなき変奏ー

会期:

20世紀イタリアを代表する画家ジョルジョ・モランディ(1890-1964)。 日本では17年ぶりとなる待望の本格的な個展を開催します。卓上の壜や容器、花瓶...

ジョルジョ・モランディ ー終わりなき変奏ー

横尾忠則現代美術館|兵庫県会期終了開館3周年記念展 横尾忠則 幻花幻想幻画譚

会期:

1974〜75年に新聞連載された瀬戸内晴美(寂聴)による時代小説「幻花」のために、横尾忠則が描いた挿絵は、ユニークで謎めいた図像と執拗なまでの精緻...

開館3周年記念展 横尾忠則 幻花幻想幻画譚

PAGE TOPPAGE TOP

検索対象地域設定

最大12か所までお選びいただけます。
※地域設定を指定しない場合、全国(全都道府県)が対象に表示されます。

都道府県別のチェックをすべて外す

関東地方

近畿地方

東北地方

中部地方

中国地方

九州地方

北海道

四国地方

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE