西宮市大谷記念美術館OTANI MEMORIAL ART MUSEUM NISHINOMIYA CITY

西宮市大谷記念美術館

西宮市大谷記念美術館についてABOUT OTANI MEMORIAL ART MUSEUM NISHINOMIYA CITY

公益財団法人西宮市大谷記念美術館は、兵庫県西宮市に、1972(昭和47)年11月に開館した美術館である。

西宮市大谷記念美術館は、西宮市が故大谷竹次郎氏(元昭和電極社長・現社名SECカーボン(株))より、土地建物、美術作品の寄贈を受け、そのコレクションを広く一般に公開するために開館した。

日本近代洋画、近代日本画、フランス近代絵画を中心とした当初のコレクションに加えて、阪神間を中心とする地元作家の作品や版画の蒐集にもつとめ、現在では1100点以上の作品を収蔵している。

日本の近代美術史に関わる展覧会をはじめとして、近年人気を集める絵本原画の展示、ジャンルにとらわれない絵画以外の作品の展覧会、また、現代の動向を捉えるような新しい美術の紹介も行っている。

1991(平成3)年1月に全面的な増改築工事を行い、現在の建物となったが、改築前の和風邸宅の良さを残し、エントランスロビーからは、流れる滝を楽しむことができ、水と緑の美しい庭園を持つ美術館として親しまれている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

西宮市大谷記念美術館
〒662-0952兵庫県西宮市中浜町4-38 TEL 0798-33-0164

利用案内INFORMATION

西宮市大谷記念美術館 公式サイトURL
http://otanimuseum.jp
所在地
〒662-0952 兵庫県西宮市中浜町4-38
TEL 0798-33-0164
最寄駅
阪神電車(大阪方面から)「西宮」で普通電車に乗り換え、次の駅「香櫨園」下車。「香櫨園」より南西へ徒歩6分。

阪神電車(神戸方面から)「御影」または「芦屋」まで特急に乗車、普通電車に乗り換え「香櫨園」下車。「香櫨園」より南西へ徒歩6分。

JR神戸線「さくら夙川」下車。国道2号線を西へ向かい、夙川沿いを南に下り、南西へ徒歩15分。

阪急電車 阪急神戸線 特急に乗車、「夙川」下車。夙川沿いを南に下り、南西へ徒歩18分。
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
水曜日 
定休日についての追記事項
※ただし、祝日の場合は開館し、翌日休館
※展示入替期間
入館料・観覧料
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※団体割引は20名以上
※西宮市在住65歳以上の方(要証明書呈示)は
 企画展:一般料金の半額
 コレクション展:無料
※心身に障害のある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
※ココロンカード・のびのびパスポートを呈示の小中生は無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
にしのみやしおおたにきねんびじゅつかん

西宮市大谷記念美術館についての感想・評価REVIEWS

4.0

閑静な住宅地にある美術館でくつろぐ

この美術館は毎年「ボローニャ国際絵本原画展」を巡回開催していまして、多くの鑑賞者を集めます(2020年は中止)。
館前の駐車場もすぐに満車になり臨時駐車場が設けられ、けっこう待ち時間も発生します。
展覧会間の入れ替え期間は休館となります。いわゆる常設展示はありません。
庭園は自由に散策ができます。岡本太郎や元永定正などの作品も展示されています。
館内に喫茶コーナーがありますが、お安い自動販売機があればよいのですが。

THANKS!をクリックしたユーザー
tonoさん

5.0

落ち着く美術館

こじんまりした2階建ての美術館ですが、展覧会はいつも凝って展示しているし、伴うイベント(例えばコンサート、例えばトークショー等)も楽しめます。庭園は素晴らしいです。コーヒーを飲めるスポットがあります。大谷ブレンドは、ここでしか飲めません。過去にはちょっとした喫茶店がありましたが、現在は、軽食などはありません。

THANKS!をクリックしたユーザー
tonoさん、Audreyさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

西宮市大谷記念美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

2021イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

2021イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

開催予定

会期:

本展はご招待チケットプレゼント中!
1964年から続く、世界で唯一の子どもの本専門の国際見本市「ボローニャ・チル...

西宮市大谷記念美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに西宮市大谷記念美術館で開催された展覧会

石内都展 見える見えない、写真のゆくえ

石内都展 見える見えない、写真のゆくえ

会期終了

会期:

日本を代表する写真家、石内都の個展を開催します。 石内は1947年に群馬県桐生市で生まれ、多摩美術大学で染織を学んだ後...

近代日本画【新】【旧】コレクションの魅力  【特集展示】 没後10 年 奥田善巳 -ネガとポジ・空間と平面-

近代日本画【新】【旧】コレクションの魅力 【特集展示】 没後10 年 奥田善巳 -ネガとポジ・空間と平面-

会期終了

会期:

恒例の近代日本画を一堂に展示するコレクション展を開催します。このたびは大谷...

没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア

没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア

会期終了

会期:

「今竹七郎」という名前は知らずとも、輪ゴム「オーバンド」の黄色と茶色のパッケージ、メンソレータムのナースなど、どこ...

西宮市大谷記念美術館の<展覧会とコレクション>2 ひもとく美術館ヒストリー

西宮市大谷記念美術館の<展覧会とコレクション>2 ひもとく美術館ヒストリー

会期終了

会期:

美術作品を展示して展覧会を開催すること、作品を収集保存することは美術館の大...

エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展

エッシャーが命懸けで守った男 メスキータ展

会期終了

会期:

サミュエル・イェスルン・デ・メスキータ(1868-1944)は、19世紀末から20世紀初頭のオランダで活躍した画家、版画家、デ...

2018年度受贈 新収蔵品展 <小企画>須田剋太と西宮の仲間たち

2018年度受贈 新収蔵品展 <小企画>須田剋太と西宮の仲間たち

会期終了

会期:

西宮市大谷記念美術館は2018年度に、4作家32点の寄贈を受けました。フランス近代絵画にはジャン=バティスト・カミーユ・...

生誕130年記念 山下摩起をめぐる画家たち

生誕130年記念 山下摩起をめぐる画家たち

会期終了

会期:

新年恒例の西宮市大谷記念美術館コレクションによる日本画の展覧会を開催します。このたびは2020年に生誕130年を迎える西...

開校100年 きたれ、バウハウス ー造形教育の基礎ー

開校100年 きたれ、バウハウス ー造形教育の基礎ー

会期終了

会期:

1919年、ドイツの古都ヴァイマールに、建築家ヴァルター・グロピウスにより造形学校「バウハウス」が開校されました。今年...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE