美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

福岡県の展覧会

展覧会情報を登録申請する

検索

並び順

表示地域設定変更 全国の展覧会

福岡市博物館|福岡県会期終了中世博多の風景展

会期:

前に入海遙かにして、志賀の島を見渡して、沖には大船多くかかれり。唐土人もや乗けんと見ゆ。左には夫となき山ども重なり、右は箱崎の松原遠く連なり、仏閣僧坊数も知らず、人民の上下門を並べ軒を争ひ...

中世博多の風景展

福岡市博物館|福岡県会期終了海と遺跡ー弥生時代ー

会期:

博多湾沿岸には古くから砂丘が形成されていましたが、これまでの発掘調査で弥生時代の遺跡が多く明らかになってきました。 弥生時代といえば、水田稲作のイメージが強いのですが、周辺の環境が農耕には...

海と遺跡ー弥生時代ー

福岡アジア美術館|福岡県会期終了闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s

会期:

木版画は、1930年代から近年まで、中国・日本・韓国・シンガポール・インドネシア、ベトナムなどで、反植民地闘争・民主化運動・労働運動などの政治的...

闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s

福岡県立美術館|福岡県会期終了印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション

会期:

産業革命期にイギリスの海港都市として繁栄したグラスゴー。その地に生まれ、海運業により莫大な財を築いたウィリアム・バレル(1861-1958)は、古今東...

印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション

福岡県立美術館|福岡県会期終了泰光コレクション寄贈記念展「鹿児島寿蔵の人形と短歌」

会期:

福岡市出身の鹿児島寿蔵(かごしまじゅぞう 1898~1982)は、自ら創始した紙塑のわざで重要無形文化財保持者(人間国宝)となり、同時に、宮中歌会始の...

泰光コレクション寄贈記念展「鹿児島寿蔵の人形と短歌」

九州国立博物館|福岡県会期終了明治150年記念 特別展 オークラコレクション

会期:

明治維新による激動の時代、日本の近代化に貢献し、美術文化の保護・発展に寄与した実業家がいました。 大倉喜八郎(1837〜1928)は、その最も重要な...

明治150年記念 特別展 オークラコレクション

福岡アジア美術館|福岡県会期終了横尾忠則とアジア’89

会期:

1989年、横尾忠則は2つのアジア美術の展覧会「第3回アジア美術展」(福岡市美術館)と「第4回バングラデシュ・アジア美術ビエンナーレ」に参加しました。 本展では「第3回アジア美術展」のポスター原画...

横尾忠則とアジア’89

福岡アジア美術館|福岡県会期終了夏休みこども企画「サイエンスの眼」

会期:

新しくオープンした福岡市科学館と連携し、アートとサイエンス(科学)をテーマに展示を行います。 一見すると、まるで異なる二つの領域ですが、どち...

夏休みこども企画「サイエンスの眼」

九州国立博物館|福岡県会期終了京都・仁和寺観音堂(にんなじかんのんどう) 千手観音像とその仲間たち

会期:

京都洛西に大伽藍をかまえる仁和寺は1130年の歴史を誇る京都有数の名刹です。 このたび観音堂(重...

京都・仁和寺観音堂(にんなじかんのんどう) 千手観音像とその仲間たち

福岡県立美術館|福岡県会期終了コレクション展Ⅱ 夏休み特集:アートたんけん アートたいけん

会期:

このたびのコレクション展は、夏にちなんで「大地」、「山」、「空」、「海」そして「人」にまつわる作品をたんけんしようというテーマ展です。 油絵...

コレクション展Ⅱ 夏休み特集:アートたんけん アートたいけん

福岡県立美術館|福岡県会期終了コレクション展Ⅰ 特集 昭和戦前期の美術ー時代を映す鏡ー

会期:

このたびのコレクション展では、主に昭和戦前期(1926~1945)の約20年間に生み出された美術作品を特集します。 明治・大正期を経た昭和戦前期は、日...

コレクション展Ⅰ 特集 昭和戦前期の美術ー時代を映す鏡ー

九州国立博物館|福岡県会期終了特別展 至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

会期:

スイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)は、生涯を通じ絵画収集に情熱を注いだ傑出したコレクターとして知られています。 主...

特別展 至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

福岡県立美術館|福岡県会期終了息を呑む繊細美 切り絵アート展

会期:

人々は古くから紙を切り貼りし、窓辺や壁を飾り、生活空間を満たしてきました。紙を使ったこうした文化はそれぞれの国や自然、歴史の中で熟成され、個性豊かな独自の切り絵文化として成長しました。 「...

息を呑む繊細美 切り絵アート展

福岡アジア美術館|福岡県会期終了海を渡った宝石箱―ガラス・象牙・漆

会期:

私たちがよく見る絵画といえば、紙や布などの平面に描かれたものが大半です。 しかし、19世紀のアジアでは、ガラスや象牙など貴重な素材そのものにも...

海を渡った宝石箱―ガラス・象牙・漆

九州国立博物館|福岡県会期終了特別展 王羲之と日本の書

会期:

書は、漢字とともに生まれ、手で書くことで実用と芸術の要素をあわせもつ文字文化です。硯に水を注いで墨を磨り、筆で文字を書けば、筆線に生じた濃淡、潤渇に毛筆が動いた軌跡を確認できます。 また、...

特別展 王羲之と日本の書

福岡県立美術館|福岡県会期終了没後50年 中村研一展

会期:

昭和期の官展アカデミズムを牽引したことで知られる洋画家の中村研一(1895-1967)の没後50年の節目に、作家ゆかりの地にある宗像市、新居浜市美術館と連携し、「没後50年 中村研一展」を開催します。 本...

没後50年 中村研一展

福岡アジア美術館|福岡県会期終了冬のおとなミュージアム 異境にて─日本作家の見たアジア

会期:

日本は、20世紀はじめに台湾や朝鮮半島を統治下において以降、1945年の太平洋戦争の終結までアジア進出を続け、美術作家を含む多くの日本人がアジア各...

冬のおとなミュージアム 異境にて─日本作家の見たアジア

福岡アジア美術館|福岡県会期終了西元祐貴 龍のキセキ

会期:

新進気鋭の墨絵アーティスト西元祐貴(にしもとゆうき)・初の全国巡回展「西元祐貴 龍のキセキ」福岡展を開催します。 西元祐貴は、鹿児島県出身、福岡県在住の29才。国内はもちろん、海外でも活躍して...

西元祐貴 龍のキセキ

PAGE TOPPAGE TOP

検索対象地域設定

最大12か所までお選びいただけます。
※地域設定を指定しない場合、全国(全都道府県)が対象に表示されます。

都道府県別のチェックをすべて外す

関東地方

近畿地方

東北地方

中部地方

中国地方

九州地方

北海道

四国地方

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE