美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

福岡市美術館Fukuoka Art Museum

福岡市美術館

福岡市美術館についてABOUT Fukuoka Art Museum

福岡市美術館は、常設展示室および特別企画展示室の他、美術図書書室、講堂、講座室、市民の作品発表の場としての市民ギャラリーを備えた美術館として、1979年に開館。都心部に近接しながら水と緑に恵まれた大濠公園の中にあり、近隣の舞鶴公園、福岡城跡、鴻臚館跡などと合わせて、福岡の都市と文化を感じることのできる環境にある。

そのコレクションは非常に幅広く、昭和の大茶人・松永安左エ門の茶道具、近代以前のアジアの陶磁器・染織・仏教美術などの古美術作品から、青木繁、坂本繁二郎など九州出身の近代洋画家、ミロ、ダリ、ウォーホルをはじめとする20世紀の重要な国内外の作家の作品、さらには21世紀の美術動向を示す現代美術作品まで、世界的な名品を含む約16000点を収蔵。これらの豊富な作品をさまざまな角度から紹介するコレクション展や特別企画展も開催している。

主な収蔵作品に、薬王密寺東光院(福岡市博多区)から寄贈された、薬師如来立像(平安時代)や十二神将立像(平安時代)など、重要文化財6件25点を含む仏像、野々村仁清作『吉野山図茶壺』(重要文化財)をはじめとする松永安左エ門旧蔵の茶道具、サルバドール・ダリ 『ポルト・リガトの聖母』、ジョアン・ミロ 『ゴシック聖堂でオルガン演奏を聞いている踊り子』、マルク・シャガール 『空飛ぶアトラージュ』、アンディ・ウォーホル 『エルヴィス』、青木繁 『秋声』、坂本繁二郎 『大島の一部』、三岸好太郎 『海と射光』など。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒810-0051 福岡県福岡市中央区大濠公園1-6  TEL 092-714-6051
福岡市美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

福岡市美術館 公式サイトURL
http://www.fukuoka-art-museum.jp/
所在地
〒810-0051 福岡県福岡市中央区大濠公園1-6
TEL 092-714-6051
最寄駅
福岡空港駅から15分、博多駅から10分、天神駅から5分大濠公園駅下車 3・6番出口より徒歩10分

七隈線 天神南駅から8分で六本松駅下車、2番出口より徒歩10分

<バス> JR博多駅から 博多バスターミナルより[系統番号13]で福岡市美術館東口下車 徒歩3分、[系統番号12・113・114・200~204・208]で赤坂三丁目下車、徒歩5分
その他アクセスについてはこちら
開館時間
開館時間 09:30〜17:30
開館時間についての追記事項
※夏期(7月~10月)開館時間
金・土曜日のみ午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・ただし月曜日が祝・休日の場合は開館し、翌平日が休館
・12月28日~1月4日
入館料・観覧料
<常設展示>
一般 200円(150円)
高大生 150円(100円)
小中生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金

<特別展示>
各展覧会によって料金が異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※次の手帳等をご提示の方は無料。療育手帳・身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳(以上は介護者1人を含む)/その他医療受給者(お問合せください)/福岡市、北九州市、熊本市、鹿児島市在住、住所と65歳以上を確認できる証明書
※<わの会会員> 常設展示をフリーパスでご覧になれるほか、特別展示が割引でご覧になれるなどの特典があります。入会方法、特典などの詳細についてはこちらをご覧ください。(財)福岡市文化芸術振興財団「わの会」
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ふくおかしびじゅつかん

福岡市美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

福岡市美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催予定ギュスターヴ・モロー展 ― サロメと宿命の女たち ―

会期:

こちらの展覧会はご招待チケットプレゼント中!
ギュスターヴ・モロー(1826‐1898)は、フランス象徴主義を代表する画家...

ギュスターヴ・モロー展 ― サロメと宿命の女たち ―

福岡市美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに福岡市美術館で開催された展覧会

会期終了富野由悠季の世界 -ガンダム、イデオン、そして今

会期:

『機動戦士ガンダム』(1979年)、『ガンダム Gのレコンギスタ』(2014年)などの「ガンダム」シリーズの他、『伝説巨神イデオン』(1980年)、『聖戦...

富野由悠季の世界 -ガンダム、イデオン、そして今

会期終了福岡市美術館リニューアルオープン記念展 「これがわたしたちのコレクション+インカ・ショニバレC…

会期:

福岡市美術館のリニューアルオープン記念展「これがわたしたちのコレクション+インカ・インカ・シ...

福岡市美術館リニューアルオープン記念展 「これがわたしたちのコレクション+インカ・ショニバレCBE: Flower Power」

会期終了ゴジラ展-大怪獣、創造の軌跡(あしあと)

会期:

1954(昭和29)年に公開された東宝映画「ゴジラ」は、ミニチュアと合成を駆使した迫真の特撮、そして水爆実験の影響で怪獣が生まれる、という人類規模...

ゴジラ展-大怪獣、創造の軌跡(あしあと)

会期終了This Is Our Collection/これがわたしたちのコレクション

会期:

古美術と近現代美術。紀元前の土器から21世紀の現代アート。アジア、アフリカ、ヨーロッパ・・・見ている世界は地球規模。広大な時空間を対象とした福...

This Is Our Collection/これがわたしたちのコレクション

会期終了TRACES|轍 近現代美術コレクション形成のあゆみをたどる

会期:

福岡市の近現代美術セクションでは、20世紀以降(明治時代以降)の国内外および九州・山口地域の様々な美術動向を代表する作品を収集対象としています...

TRACES|轍 近現代美術コレクション形成のあゆみをたどる

会期終了物・語(ものがたり) - 近代日本の静物画 -

会期:

優れた静物画はいつも、絵画とは何かという問いを私たちに投げかけます。 近代の日本において、静物画は身近な素材でだれもが描くことのできる画題と...

物・語(ものがたり) - 近代日本の静物画 -

会期終了サロンクバヤ―シンガポール 麗しのスタイル つながりあう世界のプラナカン・ファッション

会期:

プラナカン(Peranakan)とは、東南アジアにわたり、現地の女性と結婚して定住した主に中国からの移...

サロンクバヤ―シンガポール 麗しのスタイル つながりあう世界のプラナカン・ファッション

会期終了マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 「印象、日の出」から「睡蓮」まで

会期:

クロード・モネ(1840-1926)は、生前に成功した画家で、晩年のものを中心に多くの作品を最期まで...

マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 「印象、日の出」から「睡蓮」まで

会期終了九州派展 戦後の福岡で産声を上げた、奇跡の前衛集団。その歴史を再訪する

会期:

福岡の戦後美術史を語る上で忘れてはならない動向が、前衛美術集団「九州派」の活動です。 1957(...

九州派展 戦後の福岡で産声を上げた、奇跡の前衛集団。その歴史を再訪する

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE