久留米市美術館KURUME CITY ART MUSEUM

久留米市美術館

久留米市美術館についてABOUT KURUME CITY ART MUSEUM

久留米市美術館は、株式会社ブリヂストンの創業者である石橋正二郎氏が会社創立25周年を記念して久留米市に建設した石橋文化センターの中心施設です。前進の石橋美術館が、石橋文化センター開園60周年を機に、2016年10月より久留米市に引き継がれ、名称も久留米市美術館と改めて、開館した市立美術館である。

石橋財団の創設者 石橋正二郎は1889年、福岡県久留米市に生まれ、17歳のとき家業の仕立物屋を継ぎ、地下足袋の創製やゴム靴の製造を通じて全国的な企業へと拡大。1931年にはブリッヂストンタイヤ株式会社(現・株式会社ブリヂストン)を創業し、自動車タイヤの国産化に成功して、同社を日本を代表する企業へと発展させた。

その一方で、若年の頃から文化事業に取り組み、美術館や文化センターの建設、教育機関への支援など、文化の向上を中心に数々の事績を残している。

近代以降、すぐれた洋画家たちを輩出してきた久留米の歴史と、同じく多くの洋画家たちを生んだ九州全域に目を向け、久留米ゆかりの作家を核とした九州洋画の体系的なコレクションの形成を目指している。所蔵する作品の主な作家は、坂本繁二郎、髙島野十郎、児島善三郎、東郷青児など。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒839-0862福岡県久留米市野中町1015 (石橋文化センター内) TEL 0942-39-1131
久留米市美術館

利用案内INFORMATION

久留米市美術館 公式サイトURL
https://www.ishibashi-bunka.jp/kcam/
所在地
〒839-0862福岡県久留米市野中町1015 (石橋文化センター内)
TEL 0942-39-1131
最寄駅
JR久留米駅より西鉄バスで15分(文化センター前下車)

西鉄久留米駅より約5分(文化センター前下車)

久留米インターより約10分(石橋文化センター内に有料駐車場あり)
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※ただし祝日・振替休日の場合は開館
年末年始 (12/28-1/3)
臨時休館 (展示替え期間など)
※詳細は久留米市美術館の開館カレンダーをご覧ください。
入館料・観覧料
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
くるめしびじゅつかん

久留米市美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

久留米市美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

没後35年 鴨居玲展 静止した刻

没後35年 鴨居玲展 静止した刻

開催中

会期:

石川県出身の画家、鴨居玲(1928-1985)。18歳で金沢美術工芸専門学校に入学して宮本三郎に教えを受けます。 その後は、パリやスペインなどでの滞在を経て、慟哭する...

生誕130年記念 髙島野十郎展

生誕130年記念 髙島野十郎展

開催予定

会期:

本展はご招待チケットプレゼント中!
2020年は、孤高の洋画家・髙島野十郎(1890-1975)の生誕130年にあたります。 本展は、野十郎の生まれ故郷・久留米のほか...

久留米市美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに久留米市美術館で開催された展覧会

白馬のゆくえ 小林萬吾と日本洋画50年

白馬のゆくえ 小林萬吾と日本洋画50年

会期終了

会期:

香川県生まれの小林萬吾(こばやしまんご 1868-1947)は、 東京美術学校に学び、白馬会、光風会、帝展などで活躍した、日本...

久留米市美術館のコレクションing 絵かきになりたい!

久留米市美術館のコレクションing 絵かきになりたい!

会期終了

会期:

久留米市美術館の所蔵作品を中心として、九州ゆかりの洋画家たちの作品を新 たな切り口で紹介する「久留米市美術館のコレ...

日本・ポーランド国交樹立100周年記念  ショパン-200年の肖像

日本・ポーランド国交樹立100周年記念  ショパン-200年の肖像

会期終了

会期:

繊細な調べで知られる作曲家フリデリク・ショパン(1810-1849)。故郷ポーランドからパリへ。 「ピアノの詩人」の短く燃えた...

熊谷守一 いのちを見つめて

熊谷守一 いのちを見つめて

会期終了

会期:

岐阜に生まれた熊谷守一(1880-1977)。子どもの頃から絵を描くことが好きだった守一は、東京美術学校(現 東京藝術大学)に入学し、黒田清輝らに指導を受けながら...

タータン 伝統と革新のデザイン

タータン 伝統と革新のデザイン

会期終了

会期:

タータンはスコットランド北西部で発展した織物です。その普遍的なデザインは、ファッションにかぎらず、日用雑貨や室内装飾などでも幅広く親しまれていますが、タ...

ラファエル前派の軌跡 —ターナー、ラスキンからロセッティ、バーン=ジョーンズ、モリスまで

ラファエル前派の軌跡 —ターナー、ラスキンからロセッティ、バーン=ジョーンズ、モリスまで

会期終了

会期:

「皆が分かち合えない芸術に何の意味があろう」。 イギリスの美術評論家ジョン...

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展

会期終了

会期:

亀山達矢と中川敦子による二人組ユニットtupera tupera(ツペラ ツペラ)は、絵本やイラストレーションをはじめ、工作や舞...

没後50年 坂本繁二郎展

没後50年 坂本繁二郎展

会期終了

会期:

「巨星が落ちた」。坂本繁二郎の死を筑後地方の新聞ではそう大きく伝えました。それから50年経った今年、彼の生まれ故郷である久留米で、展覧会を開催します。 坂...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE