美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

福岡アジア美術館Fukuoka Asian Art Museum

福岡アジア美術館

福岡アジア美術館についてABOUT Fukuoka Asian Art Museum

福岡アジア美術館は、1999年(平成11年)3月6日、福岡市博多区の文化施設・商業施設の博多リバレイン7階・8階に開館した美術館である。

福岡市は、古代からアジア文化の受容窓口であったという地理的、歴史的な特質をふまえて、長年にわたり、アジアの交流拠点都市としての役割を歴史的に果たしてきた。福岡アジア美術館は、その福岡市のアジアとの交流への先進的な取り組みのひとつとして誕生し、アジアの近現代の美術作品を系統的に収集し展示する世界に唯一の美術館である。

福岡アジア美術館は、アジアの美術作家や研究者を招へいし、滞在制作やアジア美術の研究など様々な美術交流を通して、人々がアジアの美術・文化に親しむ場として機能している。

福岡・日本とアジアが、また市民と美術にたずさわる人々が、単に出会うだけではなく、互いに理解し、共に創造し発信していくことを目指す交流型の美術館である。

また、福岡アジア美術館では、優れた芸術性と独自性をもつアジア近現代美術の絵画、彫刻、版画、工芸など多様な作品を系統的に収集している。原則として19世紀から現代までの近現代の作品を中心に、パキスタン以東、モンゴル以南、インドネシアの以北以西の23の国と地域の作品を対象としており、平成29年現在、約2900点を所蔵する。

また、福岡アジア美術館は、博多旧市街における回遊拠点として、1階エントランスに中国人作家ブー・ホァ(卜樺)氏の壁画を設置したほか、7階ラウンジには国内外のアジア・アート・旅に関する約1万冊の書籍が置かれた「アートカフェ」をオープン。「アートカフェ」はすべて入場無料で利用ができる。

◆1階エントランス壁画
≪最良のものはすでにある≫(2018年制作)
原画制作:ブー・ホァ(卜樺)
壁画制作:福岡在住のアーティスト・美大生総勢24名
サイズ:高387㎝×幅1112㎝
公開時間:朝9時半~夜9時まで
※写真撮影OK

◆7階アートカフェ
図書閲覧時間:午前10時~午後8時
カフェ営業時間:午前11時~午後8時
配架図書:自由閲覧可(貸出不可)
※カフェ側は飲食・持ち込み可。ギャラリー側はドリンクのみ

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒812-0027 福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7階  TEL 092-263-1100
福岡アジア美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

福岡アジア美術館 公式サイトURL
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/home.html
所在地
〒812-0027 福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7階
TEL 092-263-1100
最寄駅
市営地下鉄 中洲川端駅下車、6番出口より徒歩すぐ

西鉄バス 川端町博多座前バス停下車 徒歩すぐ

福岡空港駅より9分
JR博多駅より3分
西鉄福岡(天神)駅より1分
開館時間
開館時間 10:00〜20:00(最終入館時間 19:30)
開館時間についての追記事項
※但し、特別展等については、作業のために展覧会最終日は早く閉室する場合があります。
定休日
水曜日 
定休日についての追記事項
・水曜が休日の場合はその翌平日
・年末年始(12月26日~1月1日)
入館料・観覧料
<入館料>
無料

<観覧料 アジアギャラリー>
一般 200円(150円)
高・大生 150円(100円)
中学生以下 無料
※( )内は、20人以上の団体料金
入館料・観覧料についての追記事項
※特別展観覧料は別に定めます。
※次の方はアジアギャラリーを無料で観覧できます。
身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の提示者本人と介護者1人、特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾患医療受診券の提示者本人。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ふくおかあじあびじゅつかん

福岡アジア美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

夏休みこども企画「サイエンスの眼」

開催期間:

新しくオープンした福岡市科学館と連携し、アートとサイエンス(科学)をテーマに展示を行います。 一見すると、まるで異なる二つの領...

夏休みこども企画「サイエンスの眼」

アートとサイエンスをテーマにした展示
ただいま開催中

これまでに福岡アジア美術館で開催された展覧会

海を渡った宝石箱―ガラス・象牙・漆

開催期間:

私たちがよく見る絵画といえば、紙や布などの平面に描かれたものが大半です。 しかし、19世紀のアジアでは、ガラスや象牙など貴重な素...

海を渡った宝石箱―ガラス・象牙・漆

ベトナム、中国の作品もあわせて紹介
会期終了

冬のおとなミュージアム 異境にて─日本作家の見たアジア

開催期間:

日本は、20世紀はじめに台湾や朝鮮半島を統治下において以降、1945年の太平洋戦争の終結までアジア進出を続け、美術作家を含む多くの日...

冬のおとなミュージアム 異境にて─日本作家の見たアジア

「異境」で作家が見つめ、作りあげたもの
会期終了

西元祐貴 龍のキセキ

開催期間:

新進気鋭の墨絵アーティスト西元祐貴(にしもとゆうき)・初の全国巡回展「西元祐貴 龍のキセキ」福岡展を開催します。 西元祐貴は、...

西元祐貴 龍のキセキ

約30mを超える大型作品を含む約100点
会期終了

サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで

開催期間:

近年、めざましい経済発展とともに、国際的な注目を集める東南アジアの現代美術。その歩みは、晴れていながら雨が降るサンシャワー(天...

サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで

約29組・約80点の作品から9つの視点で
会期終了

おいでよ!絵本ミュージアム2017

開催期間:

夏休み恒例イベント。11回目を迎える今回のテーマは、「いっしょに」。 絵本を通して、いっしょに遊んだり、創ったり、暮らしたり、冒...

おいでよ!絵本ミュージアム2017

約1000冊の絵本と原画の展示やイベント
会期終了

ルーヴル美術館特別展「ルーヴル№9~漫画、9番目の芸術~」

開催期間:

古代文明から19世紀中頃までの膨大な作品を所蔵する、世界最大級かつ最高峰の美術の殿堂「ルーヴル美術館」――1793年の開館以来、200年...

ルーヴル美術館特別展「ルーヴル№9~漫画、9番目の芸術~」

ルーヴルが欲しがった9番目の芸術「漫画」
会期終了

篠山紀信展 写真力

開催期間:

写真家・篠山紀信(1940-)は、1950年代後半から今日に至るまで、「今」を敏感に感じ取りながら写真界の第一線を走り続け、時代の先端...

篠山紀信展 写真力

「写真力」で日本が歩んできた時代を体感
会期終了

日本・フィリピン国交正常化60周年記念  タイム・トラベル―美術で知るフィリピン

開催期間:

私たちはフィリピンについて、どれだけのことを知っているのでしょうか。 膨大な数の人...

日本・フィリピン国交正常化60周年記念  タイム・トラベル―美術で知るフィリピン

フィリピンの歴史や文化にタイムラベル
会期終了

アートたけし展

開催期間:

歴史に残るギャグコマネチでお茶の間を賑わせ、ある時はたけし軍団を引き連れ、そしてある時は鋭い切り口で時評を語るビートたけし。お...

アートたけし展

狙いもメッセージも作品タイトルもなし!
会期終了

第31回夏季オリンピック・第15回夏季パラリンピック   スポーツの祭典―めざせ金メダル!

開催期間:

今年はオリンピック、パラリンピックの年。 競技種目に選ばれたサッカーや水泳などのス...

第31回夏季オリンピック・第15回夏季パラリンピック   スポーツの祭典―めざせ金メダル!

オリンピック、パラリンピックの年に!
会期終了

びっくり!そっくり!~究極のリアル~

開催期間:

絵画や彫刻で本物そっくりに表現された「ひと」や「もの」。 いまにも動きだしそうな「リアル」に迫る企画です。 そこにあるのは、対...

びっくり!そっくり!~究極のリアル~

いまにも動きだしそうな「リアル」に迫る
会期終了

おいでよ!絵本ミュージアム2016

開催期間:

夏休みの子どものための文化事業として、2007年から毎年福岡アジア美術館で開催される「NTT西日本スペシャル おいでよ!絵本ミュージア...

おいでよ!絵本ミュージアム2016

子どもたちに夢と感動を!
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE