福岡アジア美術館Fukuoka Asian Art Museum

福岡アジア美術館

福岡アジア美術館についてABOUT Fukuoka Asian Art Museum

福岡アジア美術館は、1999年(平成11年)3月6日、福岡市博多区の文化施設・商業施設の博多リバレイン7階・8階に開館した美術館である。

福岡市は、古代からアジア文化の受容窓口であったという地理的、歴史的な特質をふまえて、長年にわたり、アジアの交流拠点都市としての役割を歴史的に果たしてきた。福岡アジア美術館は、その福岡市のアジアとの交流への先進的な取り組みのひとつとして誕生し、アジアの近現代の美術作品を系統的に収集し展示する世界に唯一の美術館である。

福岡アジア美術館は、アジアの美術作家や研究者を招へいし、滞在制作やアジア美術の研究など様々な美術交流を通して、人々がアジアの美術・文化に親しむ場として機能している。

福岡・日本とアジアが、また市民と美術にたずさわる人々が、単に出会うだけではなく、互いに理解し、共に創造し発信していくことを目指す交流型の美術館である。

また、福岡アジア美術館では、優れた芸術性と独自性をもつアジア近現代美術の絵画、彫刻、版画、工芸など多様な作品を系統的に収集している。原則として19世紀から現代までの近現代の作品を中心に、パキスタン以東、モンゴル以南、インドネシアの以北以西の23の国と地域の作品を対象としており、平成29年現在、約2900点を所蔵する。

また、福岡アジア美術館は、博多旧市街における回遊拠点として、1階エントランスに中国人作家ブー・ホァ(卜樺)氏の壁画を設置したほか、7階ラウンジには国内外のアジア・アート・旅に関する約1万冊の書籍が置かれた「アートカフェ」をオープン。「アートカフェ」はすべて入場無料で利用ができる。

◆1階エントランス壁画
≪最良のものはすでにある≫(2018年制作)
原画制作:ブー・ホァ(卜樺)
壁画制作:福岡在住のアーティスト・美大生総勢24名
サイズ:高387㎝×幅1112㎝
公開時間:朝9時半~夜9時まで
※写真撮影OK

◆7階アートカフェ
図書閲覧時間:午前10時~午後8時
カフェ営業時間:午前11時~午後8時
配架図書:自由閲覧可(貸出不可)
※カフェ側は飲食・持ち込み可。ギャラリー側はドリンクのみ

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

福岡アジア美術館
〒812-0027福岡県 福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7階  TEL 092-263-1100

利用案内INFORMATION

福岡アジア美術館 公式サイトURL
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/home.html
所在地
〒812-0027 福岡県 福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7階
TEL 092-263-1100
最寄駅
市営地下鉄 中洲川端駅下車、6番出口より徒歩すぐ

西鉄バス 川端町博多座前バス停下車 徒歩すぐ

福岡空港駅より9分
JR博多駅より3分
西鉄福岡(天神)駅より1分
開館時間
開館時間 09:30〜18:00 (最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※金曜・土曜は20:00まで
※特別展等については、作業のために展覧会最終日は早く閉室する場合があります。
定休日
水曜日 
定休日についての追記事項
・水曜が休日の場合はその翌平日
・年末年始(12月26日~1月1日)
入館料・観覧料
<入館料>
無料

<観覧料 アジアギャラリー>
一般 200円(150円)
高・大生 150円(100円)
中学生以下 無料
※( )内は、20人以上の団体料金
入館料・観覧料についての追記事項
※特別展観覧料は別に定めます。
※次の方はアジアギャラリーを無料で観覧できます。
身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の提示者本人と介護者1人、特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾患医療受診券の提示者本人。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ふくおかあじあびじゅつかん

福岡アジア美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

福岡アジア美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

福岡アジア美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに福岡アジア美術館で開催された展覧会

感覚の宇宙―アジアの抽象美術

感覚の宇宙―アジアの抽象美術

会期終了

会期:

20世紀前半の西洋で発達した抽象表現。その起源は、音楽や原始美術、宗教観や自然観と結びついていると言われています。 本展は、福岡...

あじびコレクションX―③「スマイル、プリーズ!」

あじびコレクションX―③「スマイル、プリーズ!」

会期終了

会期:

所蔵品1点を詳細に紹介した「あじび研究所」をバージョンアップ! 制作年・場所・主題・...

あじびレジデンスの部屋 第3期―川端通商店街から生まれた

あじびレジデンスの部屋 第3期―川端通商店街から生まれた

会期終了

会期:

アジア美術館の向かいに位置する川端通商店街では、他のどの地域よりも多くのアーティス...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE