福岡県立美術館Fukuoka Prefectural Museum of Art

福岡県立美術館

福岡県立美術館についてABOUT Fukuoka Prefectural Museum of Art

福岡県立美術館は、福岡市天神に位置する須崎公園内の現在の地に、図書館と美術ギャラリーの併設施設として昭和39年(1964年)11月3日にオープンした「福岡県文化会館」を前身とし、昭和60年(1985年)11月3日に全面改装を経て、「福岡県立美術館」として、再オープンした美術館である。

佐藤武夫の建築による旧「福岡県文化会館」時代には、ツタンカーメン展や泰西名画展、ピカソ展などが開催された。
また、戦後美術の動向に一石を投じた前衛美術家集団「九州派」の過激な活動の舞台ともなった。加えて、自主企画展では福岡県ゆかりの作家たちを数々紹介し、高い評価を得るなど、文化芸術振興に役割を果たしてきた。

全面改装した福岡県立美術館でもその業績を受け継ぎ、発展を進めている。さらに開館記念展となった「現代美術の展望 変貌するイマジネーション」に象徴されるように、いま生まれつつあるアートシーンにも目を向け、積極的に紹介している。

収蔵品には、青木繁、坂本繁二郎、髙島野十郎、児島善三郎、川辺御楯などの福岡県にゆかりのある作家の作品を中心に、福岡藩御用絵師であった尾形家の絵画資料、久留米絣や九州古陶磁など幅広くコレクションしている。

ほかにも長い歴史を誇る公募展「福岡県美術展覧会(県展)」や県内各所での移動美術館展の開催、独自のプログラムによる学校団体鑑賞の受け入れ、ギャラリートークやレクチャーの実施、美術館ニュースレターの発行などを行っている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒810-0001福岡県福岡市中央区天神5-2-1 TEL 092-715-3551
福岡県立美術館

利用案内INFORMATION

福岡県立美術館 公式サイトURL
http://fukuoka-kenbi.jp/
所在地
〒810-0001福岡県福岡市中央区天神5-2-1
TEL 092-715-3551
最寄駅
<博多から西鉄バス>
◎「博多駅前A」から44・300・301・302・303・305・307番に乗車「天神北」下車 徒歩5分
◎「博多駅シティ銀行前F」から46番に乗車「市民会館前」下車 徒歩2分

<天神から西鉄バス>
◎「天神ソラリアステージ前2A」から80・90番に乗車「市民会館前」下車 徒歩2分

<電車>
◎西鉄大牟田線 福岡駅下車 徒歩15分
◎地下鉄 市営地下鉄天神駅下車 徒歩10分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※美術図書室は、9:00~17:30
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝祭日の場合はその翌日
※年末年始
※その他臨時に休館する場合があります
入館料・観覧料
※展覧会により異なります
開催展覧会情報をご確認ください

入館料・観覧料についての追記事項
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者は、常設展観覧料が無料
※毎週土曜日、高校生以下の方は常設展観覧料が無料
※65歳以上の方は、常設展観覧料が無料
※館内に身障者トイレ、車椅子、ベビーカー、ベビーシート、授乳室があります
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ふくおかけんりつびじゅつかん

福岡県立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)

感想・評価を投稿する

福岡県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

 没後70年 吉田博展

没後70年 吉田博展

開催予定

会期:

明治、大正、昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した吉田博(1876-1950)。本展では、近年急速に再評価が進み、高い人気を誇る吉田博の木版画を一挙に公開します...

これまでに福岡県立美術館で開催された展覧会

コレクション展Ⅱ 特集:赤と黒

コレクション展Ⅱ 特集:赤と黒

会期終了

会期:

色には様々な象徴的意味が込められています。 文化や時代による差異もありますが、美術作品のイメージを決定づける要素のひとつは、そこに使われている色であるこ...

 赤星孝と赤星信子展

赤星孝と赤星信子展

会期終了

会期:

本展は、ともに独立美術協会に所属し、戦後の福岡の洋画壇を牽引した画家夫妻である赤星孝(あかぼしたかし 1912-1983)と赤星信子(あかぼしのぶこ 1914-2014)を、...

 コレクション展Ⅲ 山口睦男と福岡の美術家たち

コレクション展Ⅲ 山口睦男と福岡の美術家たち

会期終了

会期:

山口睦男(1942~2012)は片山写真館において片山攝三に師事、後にその経営を受け継ぐ一方で、師の勧めもあって主に福岡在...

 大相撲展福岡 ~Oh ! SUMO EXHIBITION~

大相撲展福岡 ~Oh ! SUMO EXHIBITION~

会期終了

会期:

敷居が高いと思われがちな大相撲。 大相撲の持つ文化的・歴史的価値や背景を大切にしながら、ビジュアルや空間演出、そし...

 郷土の美術をみる・しる・まなぶ 2019 新たな髙島野十郎展―4つのキセキの物語

郷土の美術をみる・しる・まなぶ 2019 新たな髙島野十郎展―4つのキセキの物語

会期終了

会期:

明治23年に現在の福岡県久留米市に生まれた洋画家・髙島野十郎(たかしまやじゅう...

コレクション展Ⅱ 江上茂雄特集

コレクション展Ⅱ 江上茂雄特集

会期終了

会期:

クレヨンやいわゆる「クレパス」と呼ばれるパス、水彩、鉛筆といった画材は、一度は手にしたことがある身近な画材ではないでしょうか。 風景画家・江上茂雄(1912-...

コレクション展Ⅰ おりおりのおり―四季と着物の折と織

コレクション展Ⅰ おりおりのおり―四季と着物の折と織

会期終了

会期:

衣食住は人の生活に欠かせないものであり、時代の移り変わりによってそのスタイルは刻々と変化しています。 「衣」につい...

ウォルト・ディズニー・アーカイブス展 ~ミッキーマウスから続く、未来への物語~

ウォルト・ディズニー・アーカイブス展 ~ミッキーマウスから続く、未来への物語~

会期終了

会期:

ウォルト・ディズニーとウォルト・ディズニー・カンパニーに関する史料を収集・...

コレクション展Ⅲ おしゃべりな絵画と寡黙な絵画

コレクション展Ⅲ おしゃべりな絵画と寡黙な絵画

会期終了

会期:

歴史の一幕に神話や昔話、奇矯な人物の逸話など、絵画には様々な「物語」が描かれていることがあります。 かつて、美術が...

平成30年度独立行政法人国立美術館巡回展「国立国際美術館コレクション 美術のみかた 自由自在」

平成30年度独立行政法人国立美術館巡回展「国立国際美術館コレクション 美術のみかた 自由自在」

会期終了

会期:

大阪のビジネス街・中之島にある国立国際美術館は、1977年の開館以来、主に国内...

印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション

印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション

会期終了

会期:

産業革命期にイギリスの海港都市として繁栄したグラスゴー。その地に生まれ、海運業により莫大な財を築いたウィリアム・バ...

泰光コレクション寄贈記念展「鹿児島寿蔵の人形と短歌」

泰光コレクション寄贈記念展「鹿児島寿蔵の人形と短歌」

会期終了

会期:

福岡市出身の鹿児島寿蔵(かごしまじゅぞう 1898~1982)は、自ら創始した紙塑のわざで重要無形文化財保持者(人間国宝)...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE