大哺乳類展-わけてつなげて大行進

福岡市博物館

  • 開催期間:2024年7月3日(水)~2024年8月25日(日)
  • クリップ数:1 件
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-1
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-2
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-3
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-4
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-5
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-6
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-7
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-8
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-9
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-10
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-11
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-12
東京会場での「哺乳類大行進」の様子(撮影:山本倫子)
東京会場での「アジアゾウの全身交連骨格」の展示の様子(撮影:山本倫子)
皮膜を持つ哺乳類(左からニホンモモンガ、フクロモモンガ、ムササビの剝製標本/国立科学博物館所蔵)
鯨偶蹄目に分類される哺乳類(左からコビトカバの剝製標本、スジイルカのFRP 標本/国立科学博物館所蔵)
キタゾウアザラシの剝製標本(国立科学博物館所蔵)
アジアゾウの全身交連骨格(国立科学博物館所蔵)
プーズーの剝製標本(国立科学博物館所蔵)
シロナガスクジラの心臓の実物大レプリカ
Courtesy of ROM (Royal Ontario Museum), Toronto, Canada(撮影:山本倫子)
クロサイの赤ちゃんの剝製標本(国立科学博物館所蔵)
キボシイワハイラックスの剝製標本(国立科学博物館所蔵)
イッカクの全身交連骨格(国立科学博物館所蔵)
メインビジュアル
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-1
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-1
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-1
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-1
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-1
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-1
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-1
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-1
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-1
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-1
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-1
大哺乳類展-わけてつなげて大行進 福岡市博物館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

3月~6月に東京・国立科学博物館で開催の「大哺乳類展3―わけてつなげて大行進」の巡回展が福岡市博物館にやってきます。国立科学博物館では2010年から続く人気シリーズが九州に初上陸。東京展をベースに、大哺乳類展に初めてふれる皆様にもわかりやすく一部再構成してお届けします。

本展は生物多様性研究の礎となる「分類」と「系統」がテーマ。現在6,500種以上存在するとされ、世界中の陸上、水中、地中、さらに空とさまざまな環境で生きる哺乳類を、見た目や内部の特徴、DNAなどをもとに分類し関係性をつなぎあわせることで浮かび上がるさまざまな「ふしぎ」に迫ります。

国立科学博物館が誇る剝製標本が約200点「大行進」するエリアが最大のみどころ。トラ、パンダ、オカピやアザラシに、小さなモモンガやモグラまで、自然界でも動物園でも見られない賑やかな「共演空間」をお楽しみください。アジアゾウの全身骨格や、シロナガスクジラの心臓の実物大レプリカなどにも注目です。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2024年7月3日(水)~2024年8月25日(日)
会場 福岡市博物館 Google Map
住所 福岡県福岡市早良区百道浜3丁目1-1
時間 9:30~17:30 (最終入場時間 17:00)
休館日 月曜日、7月16日(火)、8月16日(金)
※ただし、7月15日(月・祝)、8月12日(月・休)は開館
観覧料 一般 2,000円(1,900円)
高大生 1,200円(1,100円)
小中生 800円(700円)
3歳以上未就学児 300円(200円)
  • ※( )内は前売料金
    ※前売販売期間:2024年5月24日(金) ~7月2日(火)
    ※障がい者手帳をお持ちの方は、チケット1枚購入につき介助者1名まで無料
TEL福岡会場事務局
(西日本新聞イベントサービス内)
092-711-5491(平日 9:30~17:30)
URLhttps://rkb.jp/event/mammals_fukuoka/

福岡市博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

福岡市博物館 福岡市博物館

巡回展TRAVELING EXHIBITION

大哺乳類展-わけてつなげて大行進 巡回情報
※巡回先は、全情報が載っていない場合もございます。最新の巡回先一覧は、展覧会公式サイトなどでご確認いただけますよう、お願いいたします。
また、会期が変更など開催情報に変更が生じる場合がありますので、お出かけの際には、公式サイトにて最新情報をご確認ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
福岡県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

東京会場での「哺乳類大行進」の様子(撮影:山本倫子)

東京会場での「アジアゾウの全身交連骨格」の展示の様子(撮影:山本倫子)

皮膜を持つ哺乳類(左からニホンモモンガ、フクロモモンガ、ムササビの剝製標本/国立科学博物館所蔵)

鯨偶蹄目に分類される哺乳類(左からコビトカバの剝製標本、スジイルカのFRP 標本/国立科学博物館所蔵)

キタゾウアザラシの剝製標本(国立科学博物館所蔵)

アジアゾウの全身交連骨格(国立科学博物館所蔵)

プーズーの剝製標本(国立科学博物館所蔵)

シロナガスクジラの心臓の実物大レプリカ
Courtesy of ROM (Royal Ontario Museum), Toronto, Canada(撮影:山本倫子)

クロサイの赤ちゃんの剝製標本(国立科学博物館所蔵)

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE