美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

福岡市博物館Fukuoka City Museum

福岡市博物館

福岡市博物館についてABOUT Fukuoka City Museum

福岡市博物館は、1990年(平成2年)10月に、地域の歴史と民俗を研究・展示する博物館として、福岡湾沿いの福岡市早良区に開館。

福岡市博物館では、アジアとの人・もの・文化の交流がつくってきた特色ある歴史と、そこに生きる人びとのくらしを、さまざまなかたちで発信している。

福岡は、弧を描く日本列島の西の端にあり、ユーラシア大陸と朝鮮半島に近接している。この地に住む人々は、古来、この国の誰もが知らなかった文化に最初に触れ、経験したことのない生産手段や経済活動を発展させ、遭遇したことのない脅威を克服し、豊かな都市を営みつづけてきた。

面積約50,000平方メートルの敷地に建つ福岡市博物館は、上からみると100m×100mの正方形をしている。開館に先だって、平成元(1989)年に開催されたアジア太平洋博覧会のテーマ館としても利用された。

また、正面ゲートと博物館の間には、広さ2,000平方メートルもある池があり、ハーフミラーで覆われた博物館の姿を水面に映し出している。この池の深さは、一番深いところでも27cm程度である。池の水は、館内で一度使われた水を再利用し、池の中に藻がはえないように塩素処理されている。

正面入口の両側に立っている4体のブロンズ像は、フランス近代彫刻の巨匠、エミール・アントワーヌ・ブールデル(1861~1929)の作品である。1918年~22年に鋳造されたもので、向かって左に「雄弁」「力」と名付けられた男性像、右側に「勝利」「自由」と名付けられた女性像が80cmの高さの台の上に立っている。

この高さ3.75m、重さ1tの巨人たちは、福岡市が市制100年を記念してパリのブールデル美術館から購入したものである。作者ブールデルは、ロダンの助手をへて、1910年の「弓をひくヘラクレス」で世に認められた。

4体の像は、もともとアルゼンチン大統領、アルベール将軍の記念碑の一部として制作されたもので、全部で8組作られたうち、福岡市博物館のものは「雄弁」が6組目、他の3体が7組目に鋳造された。国内では、同じ像1組が神奈川県の彫刻の森美術館、「力」が北海道立近代美術館に展示されている。

国宝 金印「漢委奴国王」や「呑み取りの鎗」として知られている名鎗「日本号」は、常時展示。また、年に1回公開される刀 名物「圧切長谷部」も展示されている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜3丁目1-1  TEL 092-845-5011
福岡市博物館

利用案内INFORMATION

福岡市博物館 公式サイトURL
http://museum.city.fukuoka.jp/
所在地
〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL 092-845-5011
最寄駅
◎市営地下鉄…博多駅[K11]から約13分、天神駅[K08]から約7分/西新駅[K04]下車(1番出口)徒歩15分

◎西鉄バス…博多バスターミナル1F5・6番のりばから約25分、天神高速バスターミナル前1Aのりばから約20分ー博物館北口、福岡タワー南口、博物館南口、福岡タワー(TNC放送会館)下車徒歩約5分

◎車…都市高速百道ランプより約3分、無料駐車場(250台・大型バス10台)
開館時間
開館時間 09:30〜17:30(最終入館時間 17:00)
開館時間についての追記事項
※夏期開館時間は変更可能性あり
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※ただし月曜日が祝休日の場合、翌平日が休館
年末年始 12月28日~1月4日
入館料・観覧料
<常設展・企画展観覧料(共通)>
一般 200円(150円)
高・大生 150(100円)
中学生以下 無料

<特別展観覧料>
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※( )内は、20人以上の団体料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳(以上の手帳を提示された方の介護者1人を含む)及び、特定疾患医療受給者証・特定医療費(指定難病)受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾病医療受給者証、福岡市・北九州市・熊本市・鹿児島市民でシルバー手帳など65歳以上が確認できるものをご提示の場合は無料
※文化の日(11月3日)は常設展は無料で観覧できます。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ふくおかしはくぶつかん

福岡市博物館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)

感想・評価を投稿する

福岡市博物館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中チベットのマンダラ

会期:

福岡市博物館では福岡県篠栗町の南蔵院から寄贈を受けた、チベット仏教コレクションを収蔵しています。 この資料は1983年に全国巡回した「大チベット展」で用いら...

チベットのマンダラ

開催中戦争とわたしたちのくらし29

会期:

太平洋戦争の終結(昭和20(1945)年)から75年が過ぎました。福岡市には、終戦直前の6月19日の深夜から未明にかけて、マリアナ諸島を出発したアメリカ軍の長距離爆...

戦争とわたしたちのくらし29

開催中PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス

会期:

本展は世界初の長編3Dアニメーション映画『トイ・ストーリー』をはじめ『モンスターズ・インク』、『カーズ』などを手掛け...

PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス

開催中戦国時代の博多展9 “筑前表錯乱” ─1550年代の動乱

会期:

永禄三年(1560)、織田信長は桶狭間の戦いで今川義元を討ち取り、隣国を平定し京都に進出していく大きなきっかけとなりま...

戦国時代の博多展9 “筑前表錯乱” ─1550年代の動乱

開催中ダルマさん大集合

会期:

達磨(ボーディダルマ/菩提達磨(ぼだいだるま))は6世紀頃のインド出身の仏教僧で、中国に来て禅(ぜん)の教えを伝えたとされる人物です。 達磨を祖とする中国...

ダルマさん大集合

福岡市博物館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに福岡市博物館で開催された展覧会

会期終了『日本書紀』の時代の筑紫

会期:

今年、令和2年(2020)は、養老4年(720)5月に『日本書紀』が完成してから、ちょうど1300年目です。 『日本書紀』は神代(かみよ)の巻からはじまり、持統(じと...

『日本書紀』の時代の筑紫

会期終了手仕事の美と技 ―博多張子―

会期:

「博多張子(はりこ)」は、日々の暮らしの中で愛され続けている伝統工芸品の一つです。 十日恵比須で売られている福笹の鯛や福引の景品である「福おこし(ダルマ...

手仕事の美と技 ―博多張子―

会期終了農耕図

会期:

農耕図とは、農民たちの労働のようすを描いた絵で、専門的には耕作図とも呼ばれます。 その歴史は古く、平安時代の四季絵の中にも田植えなどのようすが描かれていた...

農耕図

会期終了電気紋織-博多織から生まれた技術革新-

会期:

昭和の初め、博多織のふるさと・福岡で、ある織機が誕生します。 それは博多織元であった中西金次郎の家に生まれた金作が...

電気紋織-博多織から生まれた技術革新-

会期終了福岡城下で暮らす

会期:

現在、159万人あまりが暮らす福岡市の中心部には、かつてこの地域を治めた大名・黒田氏の居城「福岡城」があります。お城の周りには武家屋敷や町家、寺院や神社が立...

福岡城下で暮らす

会期終了挑む浮世絵 国芳から芳年へ

会期:

歌川国芳(1797-1861)は、ダイナミックな武者絵やユニークな戯画で、幕末の浮世絵に新機軸を打ち出した“奇想”の絵師です。 親分肌の国芳の元には多くの弟子が集い、...

挑む浮世絵 国芳から芳年へ

会期終了特別展 侍 ~もののふの美の系譜~The Exhibition of SAMURAI

会期:

平安時代に発生した侍(武士/もののふ)は、軍事的な力量をたくわえ、幕府を開き、公家に代わって長く日本の社会を構築する...

特別展 侍 ~もののふの美の系譜~The Exhibition of SAMURAI

会期終了博多祇園山笠展19-堂山と描かれた近世福博の女性たち-

会期:

江戸時代の博多の夏の祭礼の主役といえば、勇壮で優美な山笠でしょう。この展示では、福岡市博物館が収蔵している黒田資料...

博多祇園山笠展19-堂山と描かれた近世福博の女性たち-

会期終了死絵 -明るく笑ってさようなら-

会期:

歌舞伎役者など有名人の訃報を伝える浮世絵を、「死絵」と呼びます。 字面は陰気ですが、絵面は意外とユーモラス。 憧れの芸能人を思い浮かべながらご覧ください。

死絵 -明るく笑ってさようなら-

会期終了FBS開局50周年記念 ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~

会期:

「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、これまでのジブリ作品が、...

FBS開局50周年記念 ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~

会期終了筑前の女性文化人展3 -二川玉篠の絵画とゆかりの人々ー

会期:

江戸時代後期の福岡藩の書家 二川相近(ふたがわすけちか)の娘に生まれた二川玉篠。 独特の絵画作品を残した玉篠(ぎょく...

筑前の女性文化人展3 -二川玉篠の絵画とゆかりの人々ー

会期終了ゆるカワ日本美術

会期:

「ゆるカワ」とは、「ゆるくてカワイイ」すなわち「リラックスした雰囲気で可愛らしい」ことを意味する現代語。 とぼけた表情やぽっちゃり体型のキャラクター、ゆ...

ゆるカワ日本美術

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE