morinousagisanさんのページ

フォローする

鑑賞レポート

神戸市立博物館開館40周年記念特別展 よみがえる川崎美術館 ―川崎正蔵が守り伝えた美への招待―

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
1つの大コレクションが散逸していくまで

内覧会に出かけてブログも書かせて頂きました。
京都や大阪と違って、神戸となると地元意識があって、思い入れも強い展覧会です。
(神戸市民ではありませんが、神戸ならなにかあっても六甲山と瀬戸内海を確認しながら歩いて帰ってくることができる)
「日本初の私立の… Read More

ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
安藤建築で楽しむ「血湧き肉躍る」武者絵と一級の刀剣

「刀剣」も「武者絵」もそれほど興味がない私で、今回はパスでもいいかなくらいに思ってました。
今回の展覧会で一番気になったのは、展示の仕方でした。人気を博した「怖い絵」展でのポール・ドラローシュ《レディ・ジェーン・グレイの処刑》やプラド美術館展でのベラス… Read More

ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
繰り返し目にはしてきたが、私は何を知っていたと言うのかと自問する 今年のベスト入り確定か?

混む前にと始まって早々に行ってきました。平日にも関わらず老若男女、小さなお子さん連れの家族(この子はなーんてラッキーなんだ!こんな小さな時から美術館へ連れて行ってもらえるなんて‼)世代も様々で結構混んでいました。
誰もが彼の作品を観たことはあり、つま… Read More

一笑一顰(いっしょういっぴん)-日本美術に描かれた顔-

イベント詳細ページを見る

  • 会場:大和文華館
  • 開催期間:
  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
佐竹本三十六歌仙絵「小大君像」と再会す。

大和文華館コレクションのうちから人物像を「物語絵」「歌仙絵」「道釈画」「肖像画」「美人画」の5章だてで紹介する展覧会です。
伺った日はたまたま「無料招待デー」とのことで、いつもより来館者多めでした。
お目当ては、2019年秋に京博で開催された「流転100年 佐… Read More

武家政権の軌跡ー権力者と寺

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
牧谿筆『江天暮雪図』とちょっと眉唾な伝牧谿筆『竹虎図』

室町幕府三代将軍の足利義満により創建された相国寺ということで、第一展示室は室町将軍像が並んでいました。
皆様もご存じの通り、若冲の『動植綵絵』は元はこの相国寺へ若冲が寄進したもので、毎年この寺にずらっと掛けられていたが、
明治の廃仏毀釈で疲弊した折に… Read More

貞享本當麻曼荼羅修理完成記念 特別展 中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語―

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
《當麻曼荼羅》が繋がった展覧会。當麻寺へ、「練供養」へでかけたい。

夏の奈良は鹿さんの落し物が発酵して臭うので、出かけるのに躊躇する。ましてやコロナの感染者が急増しているこの時期は。
そうこうしているうちに展示替えで後期展示になり、お盆が近づき、その前には出かけなくてはと意を決して出かけてきました。
(帰宅後はいつも… Read More

綺羅(きら)めく京の明治美術―世界が驚いた帝室技芸員の神業

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
京都ゆかりの明治初期の「帝室技芸員」その技量に改めて驚く。

京セラ美メンバーシップ向けギャラリートークに参加して、担当学芸員さんからお話を伺ってきました。
京都にある美術館のうち、京都国立博物館は近世まで、京都市京セラ美術館は近代以降を専門としています。この専門分野を分ける幕末から明治初期、ある意味エアポケッ… Read More

生誕100年 清水九兵衞/六兵衞

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
「立体造形家」清水九兵衞と七代六兵衞 初の大回顧展、初めて知る事いっぱいでした。

清水九兵衞の朱色のバーンと目につくパブリックアート(とよんでいいのだろか?)京都市内(の作品マップは展覧会で配布中)だけでなく、各地で目にしてきました。
私の認識は、この朱色のパブリックアートの「人」で、七代清水六兵衛としての陶芸作品は?と思っても、… Read More

特集展示 新発見!蕪村の「奥の細道図巻」

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
新発見!蕪村が最初に手掛けた「奥の細道図巻」、芭蕉への敬愛の念も込めて

『おくのほそ道』は、松尾芭蕉が門人の曽良を伴って出かけた旅を記した俳諧紀行で、高校生の時冒頭を暗唱した記憶のある方もおいででしょう。紀行文は旅の途中にただ書かれたものではなく、何度も推敲を重ね、筆写本のほかに、芭蕉自筆のものも現存が確認されているそ… Read More

特別展「大安寺のすべて―天平のみほとけと祈り―」

イベント詳細ページを見る

  • 訪問年月:-
  • 投稿日:
あんまり聞いたことないけど「大安寺」ってどんなお寺さん?

展覧会のチラシや美術館広報誌などに目を通しても
感想のタイトル通り「大安寺」で私の中では????ということで、友の会解説会に参加してきました。
担当研究員さんから展覧会の構成と見どころ、仏教史における大安寺などについて30分ほどお話しいただきました。
こ… Read More

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE