美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

相国寺承天閣美術館The Jotenkaku Museum

相国寺承天閣美術館

Photo:左から 正面玄関/重要文化財 「鹿苑寺大書院旧障壁画」月夜芭蕉図床貼付 伊藤若冲筆/重要文化財「鹿苑寺大書院旧障壁画」葡萄小禽図床貼付 伊藤若冲筆(上段)/夕佳亭(下段)

相国寺承天閣美術館についてABOUT The Jotenkaku Museum

相国寺(正式名称・萬年山相国承天禅寺)は、明徳3年(1392)に夢窓疎石を開山とし、室町幕府第三代将軍足利義満によって創建された臨済宗相国寺派の大本山である。

京都五山の第二位に列せられ、絶海中津や横川景三といった五山文学を代表する禅僧や、如拙・周文・雪舟らの日本水墨画の規範を築いた画僧を多く輩出し、地理的にも、文化的にも京都の中心に在り続けてきた。

このような600年余の歴史により、中近世の墨蹟・絵画・茶道具を中心に多数の文化財が伝来している。

相国寺承天閣美術館は、昭和59年4月、相国寺創建600年記念事業の一環として本山相国寺・鹿苑寺(金閣)・慈照寺(銀閣)・他塔頭寺院に伝わる美術品を受託し、保存及び展示公開、修理、研究調査、禅文化の普及を目的として、建設された。現在では、国宝5点、重要文化財144点を含む多くの優れた文化財が収蔵されており、様々な展観を行っている。

第一展示室には、鹿苑寺境内に建つ金森宗和造と伝えられる「夕佳亭(せっかてい)」を復元、第二展示室には近世京都画壇の奇才、伊藤若冲による水墨画の傑作である重要文化財「鹿苑寺大書院旧障壁画」の一部を移設しており、古刹の境内の静謐な空間で、間近に作品を鑑賞できる。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒602-0898 京都府京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701  TEL 075-241-0423
相国寺承天閣美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

相国寺承天閣美術館 公式サイトURL
http://www.shokoku-ji.jp/j_nyukan.html
所在地
〒602-0898 京都府京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701
TEL 075-241-0423
最寄駅
京都市営地下鉄 烏丸線「今出川」駅下車 徒歩10分

京都市バス 59、201、203、102系統にて「同志社前」下車 徒歩10分
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
年中無休 
定休日についての追記事項
・年末年始
・展示替期間(展覧会の会期中は無休)
入館料・観覧料
開催中の展示により下記入館料と異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。

一般 800円
65歳以上・大学生 600円
中・高生 300円
小学生 200円
※一般の方に限り、20名様以上は100円団体割引いたします。
入館料・観覧料についての追記事項
※障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料とさせていただきます。
※バリアフリー対応
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
じょうてんかくびじゅつかん

相国寺承天閣美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

相国寺承天閣美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中茶の湯-禅と数寄

会期:

日本文化を代表する、茶の湯。その歴史は禅とともにありました。禅の精神性は茶の湯には欠かせないもので、多くの禅宗美術のなかにその痕跡がうかがえます。高僧の墨蹟も、その多くが茶の湯で賞翫される...

茶の湯-禅と数寄

これまでに相国寺承天閣美術館で開催された展覧会

会期終了言祝(ことほ)ぎの美―寺宝でつづる吉祥

会期:

ことほぎとは、言葉で祝うことを意味します。言葉には現実をあやつる力があるという「言霊(ことだま)」思想が古来よりあり、そこから和歌や物語が生...

言祝(ことほ)ぎの美―寺宝でつづる吉祥

会期終了温故礼讃(おんこらいさん)―百花繚乱・相国寺文化圏

会期:

今から約六百年前、室町三代将軍・足利義満によって創建された相国寺は、金閣、銀閣の世界文化遺産を有し、今もなお禅の古刹としての存在を誇っていま...

温故礼讃(おんこらいさん)―百花繚乱・相国寺文化圏

会期終了サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい―

会期:

米国サンタフェ在住のリー・ダークス氏は、空軍士官として日本に駐留したのを契機に日本文化に関心...

サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい―

会期終了春燦燦(はるさんさん)―清婉峭雅の系譜

会期:

春燦燦(はるさんさん)。名画に春を満喫する。 清婉峭雅(せいえんしょうが)とは、きよらかで美しく、おごそかで気品がある、の意。相国寺の高僧・...

春燦燦(はるさんさん)―清婉峭雅の系譜

会期終了相国寺 金閣 銀閣の名品より『山水』-隠谷の声 遊山の詩 (いんこくのこえ ゆさんのうた)

会期:

相国寺の開山国師・夢窓疎石(むそうそせき)は「父にはぐれた流浪の子には財産などなく、ただ渓に...

相国寺 金閣 銀閣の名品より『山水』-隠谷の声 遊山の詩 (いんこくのこえ ゆさんのうた)

会期終了禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展

会期:

臨済義玄(不詳~867)は臨済宗の宗祖。「喝」に代表される峻烈な禅風で多くの弟子を育て、初祖菩提達磨から六祖慧能により中国に土着した禅を、さらに広...

禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展

会期終了生誕300年記念「伊藤若冲展 後期」

会期:

伊藤若冲(1716~1800)生誕300年を記念し、引続き後期の展観を行います。若冲は鳥の絵を生涯描き続けました。中でも鶏は特に好みました。様々な鳥達を...

生誕300年記念「伊藤若冲展 後期」

会期終了生誕300年記念 伊藤若冲 展

会期:

今年は伊藤若冲(1716~1800)生誕300年を迎えます。これを記念し、若冲の名品の数々を展示いたします。 宝暦9年(1759)鹿苑寺(金閣寺)大書院に描いた障壁画50面(重要文化財)全て。また明和7年(1770...

生誕300年記念 伊藤若冲 展

会期終了金閣寺方丈杉戸絵奉納10周年記念 いのち賛歌「森田りえ子展」

会期:

日本画家・森田りえ子氏は、1980年に京都市立芸術大学日本画専攻科(現大学院)を修了し、翌年の第7回春季創画展での春季展賞受賞を皮切りとして各賞に...

金閣寺方丈杉戸絵奉納10周年記念 いのち賛歌「森田りえ子展」

会期終了岩澤重夫展 -日本の心を風景に描く-

会期:

このたび鹿苑寺(金閣寺)客殿に障壁画を奉納した岩澤重夫(1927-2009)画伯の作品を展覧する「岩澤重夫展」を開催いたします。 岩澤重夫画伯は雄大な...

岩澤重夫展 -日本の心を風景に描く-

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE