美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

野村美術館Nomura Art Museum

野村美術館

野村美術館についてABOUT Nomura Art Museum

2018年12月10日(月)~2019年3月8日(金)の期間、休館。次回の展覧会は2019年3月9日(土)より

野村美術館は、野村證券、旧大和銀行などの創業者 野村徳七(とくしち 1878-1945) のコレクションをもとに、1984年(昭和59年)に開館した。

野村徳七は、明治11年に大阪に生まれ、27歳で家業の両替商を継ぎ、有価証券売買の将来性に着目し、証券業をはじめ、金融・海外事業など多数の企業をおこし、野村財閥を築きあげた。戦前は貴族院議員としても活躍した。

一方で、得庵 (とくあん)と号して、茶の湯や能楽などに親しみ、南禅寺近くに別邸碧雲荘 (現在、非公開)を構え、趣味活動も展開させた。

現在、美術館では、得庵のコレクションであった茶道具・能面・能装束をはじめ、得庵の遺作も含めて約1700点を所蔵している。

そのなかには、重要文化財7点「伝紀貫之筆寸松庵色紙」「佐竹本三十六歌仙・紀友則」「清拙正澄筆秋来偈頌」「宗峰妙超筆 白雲偈頌」「雪村周継筆風濤図」「千鳥蒔絵面箱」「藤原定家筆讃岐入道集」や、重要美術品9点など指定美術品も含まれている。

野村美術館のある南禅寺周辺は、哲学の道や永観堂も近く、桜や紅葉の名所としても知られる。そのような環境にある美術館では、得庵コレクションを中心に、春季(3月上旬~6月上旬) と秋季(9月上旬~12月上旬) の年2回、毎回テーマをかえて展示している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒606-8434 京都府京都市左京区南禅寺下河原町61  TEL 075-751-0374
野村美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

野村美術館 公式サイトURL
http://nomura-museum.or.jp/
所在地
〒606-8434 京都府京都市左京区南禅寺下河原町61
TEL 075-751-0374
最寄駅
京都駅バスターミナルより、市バス⑤番 [銀閣寺・岩倉]行き「南禅寺・永観堂道」下車。山側に向かって徒歩約5分ほど

京都駅から地下鉄 京都駅より烏丸線 [国際会館]行き「烏丸御池駅」で地下鉄東西線 [六地蔵]行き、又は [浜大津]行きに乗り換え、「蹴上駅」下車。①番出口を出て、南禅寺の北門を出た所まで徒歩約10分ほど

その他、アクセス方法についてはこちらから
開館時間
開館時間 10:00〜16:30(最終入館時間 16:00)
開館時間についての追記事項
※開館期間
春季(3月上旬から6月上旬)
秋季(9月上旬から12月上旬)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日の場合は開館、翌火曜日休館
入館料・観覧料
大人 800円
大・高生 300円
中学生以下無料
障がい者 300円
団体(20人以上) 600円
入館料・観覧料についての追記事項
<立礼茶室> 椅子席で、作法などは気にせずに京老舗の季節の上生菓子と宇治の抹茶をお楽しみください(料金 700円)
※5名様以上ご利用の場合は、要予約
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
のむらびじゅつかん

野村美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

野村美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中見て、知って、楽しむ 茶碗の世界

会期:

茶を飲むための茶碗は、16世紀に茶の湯が確立する頃には天目類が多く使用され、その後中期には朝鮮半島製のもの、ついで備前や信楽などが使われるよう...

見て、知って、楽しむ 茶碗の世界

これまでに野村美術館で開催された展覧会

会期終了茶道具で花見

会期:

「花鳥風月」「雪月花」などと日本人は古くより自然の移ろいを肌で感じ、愛でてきました。 とりわけ花に対しては特別な思いを抱いたようで、和歌をはじめ物語などの文学作品、やきものやぬりものなどの...

茶道具で花見

会期終了リニューアルオープン記念 開館35周年名品展 -茶の湯の美・能楽の美・日本の美-

会期:

野村美術館は今年で開館35周年を迎え、それを機に館内を全面的にリニューアルいたしました。 それ...

リニューアルオープン記念 開館35周年名品展 -茶の湯の美・能楽の美・日本の美-

会期終了平成28年秋季特別展 いとをかし 和もの茶わんの世界

会期:

茶の湯で用いられる茶碗の中で、日本で作られたものは和物茶碗と呼ばれます。 それには千利休の指導により樂長次郎が作り始めた楽焼、野々村仁清・尾...

平成28年秋季特別展 いとをかし 和もの茶わんの世界

会期終了書を愛でる 茶の湯の掛物

会期:

日本には古来より書を愛でる歴史がありました。まず美しい料紙に流麗に書かれた仮名の書が平安時代、貴族に賞翫されました。 鎌倉時代には中国から禅宗が伝わり、その中で禅の高僧の書いた墨蹟は、高く...

書を愛でる 茶の湯の掛物

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE