美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

泉屋博古館Sen-oku Hakuko Kan

泉屋博古館

Photo:撮影:河合止揚

泉屋博古館についてABOUT Sen-oku Hakuko Kan

泉屋博古館は、住友家が収集した中国古代青銅器の保存と、考古学研究者への研究協力を主な目的として、昭和35年に財団法人として設立されました。その後、住友家よりその他の美術品の寄贈を受けて順次収蔵品を拡大し、昭和55年京都において登録博物館として広く一般に美術品の公開を開始し、平成14年には東京に分館を開設して現在に至っている。

現在、泉屋博古館は、京都と東京分館の2カ所で収蔵品やそれに関連する作品の展覧会を開催している。京都の泉屋博古館は春翠が別荘として求めた鹿ヶ谷の地にあり、東山の穏やかな山容を望む風光明媚な環境の中にある。また「泉屋博古館 分館」は交通至便な六本木の地にありながらも、緑が多く静寂な環境の中に位置している。

住友家の美術品で最も有名なものは、第15代当主 住友春翠(すみとも しゅんすい 1864-1926)が明治中頃から大正期にかけて蒐集した中国古銅器と鏡鑑である。これは中国以外では質量ともに最も充実したコレクションとして世界的にも高く評価されている。
泉屋博古館はこの貴重な青銅器と鏡鑑500点余りを保存公開するための財団法人として昭和35年に発足し、昭和45年には京都鹿ヶ谷の地に4室からなる青銅器と鏡鑑の展示室が完成した。
泉屋博古館の名称は、江戸時代の住友の屋号「泉屋」と900年前に中国で皇帝の命によって編纂された青銅器図録『博古図録』からとられている。

その後も住友家から数々の美術品の寄贈を受けた泉屋博古館の収蔵品は、現在3000点以上を数える。収蔵品の増加に伴い、昭和61年に青銅器展示館の傍らに新展示室を増築し、さらに平成14年に東京六本木に「泉屋博古館 分館」を開設した。

◆ 泉屋博古館の収蔵品

泉屋博古館が所蔵する美術品は、先に述べた中国青銅器・鏡鑑の他に中国・日本の書画、洋画、近代陶磁器、茶道具、文房具、能面・能装束など多様である。そしてこれら収蔵品の多くも、住友家第15代当主春翠が蒐集したものである。春翠は青銅器コレクターとして有名であったが、彼の美術品に対する関心は青銅器に留まらず、大変広い範囲に及ぶものであった。

春翠は、茶の湯や能楽といった日本の古典芸能を嗜み、日本家屋で日本画を鑑賞するといった伝統的な数寄者の生活を楽しみ、その一方で当時としては先進的な西洋風の生活も楽しみ、洋画をはじめとRead Moreする近代美術にも深い理解を見せている。さらに中国文人の生活にも憧れ、青銅器や文房具に囲まれた書斎で篆刻を嗜むといった文人的生活も楽しんでいた。

このように様々な文化に興味をもった春翠は、美術品も自らの美意識にかなったものを洋の東西、新旧を問わずに蒐集しており、これが今日の泉屋博古館収蔵品の母胎となっている。

春翠以外の収集品では、春翠の長男である寛一の中国明清代の絵画を中心とするコレクションや16代当主友成が蒐集した作品、また春翠以前から住友家に伝来したものも若干あり、コレクションに一層の彩りを添えている。
Close

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒606-8431 京都府京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24  TEL 075-771-6411
泉屋博古館 [MAP]

利用案内INFORMATION

泉屋博古館 公式サイトURL
http://www.sen-oku.or.jp/kyoto/
所在地
〒606-8431 京都府京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
TEL 075-771-6411
最寄駅
京都市バス(5)(93)(203)(204)系統「東天王町」下車 東へ200m角、(32)(100)系統「宮ノ前町」下車すぐ
JR・新幹線・近鉄電車 京都駅より(5)(100)系統
阪急電車 河原町駅より(5)(203)(32)系統
京阪電車 三条駅より(5)系統
地下鉄烏丸線 丸太町駅より(93)(204)系統
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
定休日についての追記事項
企画展により異なります。こちらをご参照ください。
入館料・観覧料
一般 800円
高大生 600円
中学生 350円(小学生以下無料)
入館料・観覧料についての追記事項
※20名様以上は団体割引20%
※障害者手帳ご呈示の方は無料
割引クーポン
特になし
美術館・博物館名 よみがな
せんおくはくこかん

泉屋博古館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

泉屋博古館生誕140年記念 特別展 木島櫻谷-近代動物画の冒険

開催期間:

明治から昭和にかけて活躍した京都の日本画家 木島櫻谷(このしま おうこく 1877-1938)。2013年の久々の回顧展では平明で清澄な画風が...

 生誕140年記念 特別展 木島櫻谷-近代動物画の冒険

再評価の気運が高まる日本画家 木島櫻谷
開催スタートまであと4日

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE