ボストン美術館所蔵
THE HEROES
刀剣×浮世絵―武者たちの物語

兵庫県立美術館

  • 開催期間:2022年9月10日(土)〜2022年11月20日(日)
  • クリップ数:20 件
  • 感想・評価:3 件
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-2
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-3
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-4
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-5
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-6
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-7
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-8
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-9
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-10
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-11
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-12
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-13
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-14
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-15
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-16
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-17
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-18
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-19
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-20
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-21
歌川国芳「小子部栖軽豊浦里捕雷」天保5〜6年(1834~35)頃 Bequest of Maxim Karolik
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
「太刀 銘 安綱」平安時代(11世紀) William Sturgis Bigelow Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
歌川国貞「渡辺ノ綱 坂田金時 平井保昌 源頼光」文化12年(1815)頃 William Sturgis Bigelow Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
「土蜘蛛退治図鐔 銘 松涛軒吾竹貞勝(花押)」明治時代(19世紀) Charles Goddard Weld Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
歌川国芳「源頼光の四天王土蜘退治之図」天保10〜11年(1839〜40)頃 William Sturgis Bigelow Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
歌川国貞「茨鬼 戻橋綱逢変化」文化12年(1815)頃 Bequest of Maxim Karolik
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
歌川国貞「武蔵坊弁慶 御曹子牛若丸」文化10〜11年(1813~14)頃 William Sturgis Bigelow Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
北尾政美「巴御前」天明7〜寛政2年(1787~90)頃 William Sturgis Bigelow Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
「刀 折返銘 長円(薄緑)」平安時代(12世紀) 個人蔵
歌川国貞「源頼朝公富士之裾野牧狩之図 三枚続」文化10年(1813)頃 William Sturgis Bigelow Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
歌川国芳「勇魁三十六合戦 四」新田義貞 嘉永4〜5年(1851〜52)頃 Gift of the Anne Gordon Keidel Trust of June 2016
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
歌川国芳「川中島信玄謙信旗本大合戦之図」弘化2年(1845)頃 William Sturgis Bigelow Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
卍楼北鵞「椿説弓張月 巻中略図 山雄(狼ノ名也)主のために蟒蛇を噛んで山中に骸を止む」天保11年(1840)頃 William Sturgis Bigelow Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
歌川国芳「本朝水滸伝剛勇八百人一個 宮本無三四」天保4〜6年(1833~35)頃 Bequest of Maxim Karolik
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
「太刀 銘 備州長船住兼光」鎌倉時代(14世紀) Charles Goddard Weld Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
「金梨子地家紋散糸巻太刀拵」江戸時代(17世紀) Charles Goddard Weld Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
歌川国芳「源頼光」文政3年(1820)頃 William Sturgis Bigelow Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
「大江山図鐔(小) 銘 起龍軒美盛(花押)」明治時代(19世紀) William Sturgis Bigelow Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
歌川国芳「生田森追手源平大合戦」弘化2〜3年(1845〜46)頃 個人蔵
歌川国芳「義経之軍兵一ノ谷逆落シ之図」天保11〜12(1840〜41)頃 個人蔵
葛飾北為「摂州大物浦平家怨霊顕る図」弘化4〜嘉永3年(1847~50)頃 William Sturgis Bigelow Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1
ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 兵庫県立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

勇壮な英雄たち、ひるがえる刀剣、恐ろしげな怪異。スサノオノミコトとヤマタノオロチの戦いや源平合戦、そして上杉謙信と武田信玄の合戦など、軍記物語や武勇伝説に見られる英雄たちの姿を描いた武者絵は、浮世絵の祖と呼ばれる菱川師宣の時代から、多くの浮世絵師によって手がけられてきました。また、そうした武者絵と共通するイメージは、刀剣の鐔のデザインとしても使用されます。

本展覧会では、世界最高水準の日本美術コレクションを誇るボストン美術館の所蔵品から、武者絵118点、武者絵と共通のイメージがデザインされた刀剣の鐔27点、英雄たちの活躍を彩る重要な要素である刀剣20口を厳選して展示します。

また、武者絵の世界をより分かりやすく紹介するため、国内コレクションからも刀剣、浮世絵を特別出品します。江戸時代の人々が熱狂した英雄たちの物語をぜひお楽しみください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年9月10日(土)〜2022年11月20日(日)
会場 兵庫県立美術館 Google Map
住所 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 (HAT神戸内)
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
9月20日(火)、10月11日(火)
※ただし、9月19日(月・祝)と10月10日(月・祝)は開館
観覧料 一般 1,800円(1,600円)
大学生 1,400円(1,200円)
高校生以下 無料
70歳以上 900円(800円)
障がいのある方(一般) 450円(400円)
障がいのある方(大学生) 350円(300円)

【前売 9/9まで】
一般 1,600円
大学生 1,200円
  • ※事前予約制ではありません。混雑時は入場制限を行います
    ※( )内は20名以上の団体料金。希望の場合は1ヶ月前までに直接美術館にご連絡ください
    ※一般以外の料金で利用の方は証明できるものを観覧当日に要提示
    ※障がいのある方1名につき、介護の方1名無料です
    ※コレクション展は別途観覧料が必要です(本展とあわせて観覧の場合は割引があります)
TEL078-262-1011
URLhttps://heroes.exhn.jp/

兵庫県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

兵庫県立美術館 兵庫県立美術館

巡回展TRAVELING EXHIBITION

ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語 巡回情報
※巡回先は、全情報が載っていない場合もございます。最新の巡回先一覧は、展覧会公式サイトなどでご確認いただけますよう、お願いいたします。
また、会期が変更など開催情報に変更が生じる場合がありますので、お出かけの際には、公式サイトにて最新情報をご確認ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

浮世絵&刀剣初心者にやさしい

初めての兵庫県立美術館。
あまり刀剣にも浮世絵にも興味が無かったのですが、舞台きっかけで刀剣乱舞にハマったこともあり、予備情報なしで行きました。

まず、兵庫県立美術館、建築物としてめちゃくちゃ素敵で感激。コンクリ打ちっぱなしの階段がかっこよくて、何枚も写真を撮りました。

本題、展示について。
浮世絵の多すぎる情報量を説明で補完されていて、とても理解しやすかったです。
浮世絵の登場人物によって毛深さが違うのは何なんだろう?という阿呆な疑問は浮かぶものの、英雄絵は歌舞伎的なキメのシーンばかりで迫力凄い。人物たちのお召し物も派手でオシャレさんだなぁと(笑)

刀剣は最後までじっくり鑑賞すると波紋のかたちを見分けられるようになっていました。オーディオガイド必聴です。
日本刀の祖・小烏丸の再現刀があり、両刃でめちゃくちゃかっこいいので、個人的には推しポイント。
日本刀の産地や流派なども知ることができ、日本刀初心者にぴったりな展示だと思います。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん

REPORT

安藤建築で楽しむ「血湧き肉躍る」武者絵と超一級の刀剣

「刀剣」も「武者絵」もそれほど興味がない私で、今回はパスでもいいかなくらいに思ってました。
今回の展覧会で一番気になったのは、展示の仕方でした。人気を博した「怖い絵」展でのポール・ドラローシュ《レディ・ジェーン・グレイの処刑》…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
シンディさん、micco3216さん、uchikoさん、さいさん

4.0

勇壮な武者世界の展覧会

会期初日の朝に行きました。

日本書紀などの神代から、平安期の武将、源平合戦、南北朝期の戦い、江戸期の読本の登場人物まで、あらゆる「ヒーロー」を描いた武者絵の作品がメイン。
有名エピソードや誰もが知る武将ばかりではない。最初の方に展示されていた出雲伊麿が鰐と闘う作品が印象的。おどろおどろしい怪物との戦いなどでは大胆な構図の作品が多く、マンガ的な構図を感じさせる作品も。

絵画の合間に鐔や刀剣が展示されているのが特徴的で、その精緻さや美しさを絵画と交互に堪能。まさか小烏丸の写しがあるとは。刀剣は展覧会会場の4ヶ所から入場できるスペースでもまとまって展示されており、絵画より刀剣に興味のある方にもオススメ。

武者絵の作品の前にはエピソードの解説があるので、あまり武将とかわからないけど……という方も是非。4つのイラストと簡潔なまとめの解説もあり、4コママンガのようにサクッと要点を押さえられます。写真撮影もOKです。勇ましい武者の物語世界を楽しめる展覧会でした。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
兵庫県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

歌川国芳「小子部栖軽豊浦里捕雷」天保5〜6年(1834~35)頃 Bequest of Maxim Karolik
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston

「太刀 銘 安綱」平安時代(11世紀) William Sturgis Bigelow Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston

歌川国貞「渡辺ノ綱 坂田金時 平井保昌 源頼光」文化12年(1815)頃 William Sturgis Bigelow Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston

「土蜘蛛退治図鐔 銘 松涛軒吾竹貞勝(花押)」明治時代(19世紀) Charles Goddard Weld Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston

歌川国芳「源頼光の四天王土蜘退治之図」天保10〜11年(1839〜40)頃 William Sturgis Bigelow Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston

歌川国貞「茨鬼 戻橋綱逢変化」文化12年(1815)頃 Bequest of Maxim Karolik
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston

歌川国貞「武蔵坊弁慶 御曹子牛若丸」文化10〜11年(1813~14)頃 William Sturgis Bigelow Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston

北尾政美「巴御前」天明7〜寛政2年(1787~90)頃 William Sturgis Bigelow Collection
Photograph © Museumof Fine Arts, Boston

「刀 折返銘 長円(薄緑)」平安時代(12世紀) 個人蔵

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE